ダイソージグロックを対トラウト用に改造する

スポンサーリンク
ジグロックカスタムシリーズ

今回はダイソージグロックを対トラウト用に改造する方法を紹介します。

ダイソー・ジグロックはダイソールアーの中でも一番の売れ筋商品。

消耗の激しいメタルジグを手軽に購入できることから、主に青物を釣るために使用されタックルボックスに必ず1つは常備されていることでしょう。

 

このジグロックをトラウト用に使ったことがある人もいますよね?

レイクショアジギングに使用する。

もしくは流れの速い場所で底を取るために使用する。

などなど、色々と試したこともある人がいるでしょう。

僕もその一人で、メタルジグをとりあえず投げてみようとダイソージグロックを河川やダムで投げている一人です。

で、何匹かトラウトをキャッチできたこともあったんです。

が、バイト数はそう多くない。

しかも根掛率が半端ではない。

キャッチはあくまで偶然という感じです。

 

が、このダイソージグロックを改造してトラウト用に使えるようにならないか?

なんて考えた結果、レイクショアジギングを中心に、河川でも使えるメタルジグとして改造するに至ったわけです。

スポンサーリンク

ダイソージグロックトラウトカスタムの動画を作成

今回もとりあえずダイソージグロックの改造動画を作ってみました。

この動画を見ればある程度作り方はわかると思いますが、さらに詳しい部分をテキストて解説していきます。

まずはジグロックを削る

 

まずはジグロックを削ります。

削るのは中心から上部分まで。

この作業により、ジグロックのフォルムをスマートにして小さく見せる。

なおかつ後方重心にして水中でのアクションを出しやすく、ウェイトを落としても飛距離を維持します。

 

削る際にはニッパーを利用すれば簡単です。

削ったあとは再度をニッパーでならし、ヤスリ削ってやれば簡単にきれいになります。

にしても、ジグロックは改造が簡単ですね。

 

削れるとこんな感じに。

デップりしていたジグロックもシャープにするとカッコイイすね。

削ったジグロックをゆるいS字に曲げる

続いて、削ったジグロックにゆるやかなS字カーブを付けます。

曲げるのは結構力がいるので、ペンチを使って思い切りいきましょう。

曲げるのはフロントとリアの二カ所。

カーブの角度によるアクションの変化については後程説明します。

塗装をはいで表面をならす

続いて塗装をはぎます。

ジグロックの塗装は曲げた時点でもはやボロボロ。

さすがの100円クオリティですが、このはがしやすさが改造にはありがたい。

一々塗装剥がしのスプレーなどを使わずともミカンの皮をはぐかのごとむ剥けてきます。

 

塗装を剥ききったら、今度は表面をならします。

やすりを使ってエラ部分以外は全部きれいにならしてしまいましょう。

 

最後に塗装をして完成

コメント