トラウトフィッシングでのパイロットルアーは釣り下手ほど必要

スポンサーリンク
釣り超コラム

 

パイロットルアーを投げるという意識が無かったころ、僕はとくに魚のいるレンジを意識していませんでした。

ミノーを投げて表層~中層を適当にトゥイッチを入れて引いてくる。

スプーンで適当になげて同じような動きを繰り返す。

でも、それだと偶然魚のいるレンジにたどりつくまでキャスト回数が増えてしまい、なかなか食ってくれない。

というか、僕は食い気のある魚はたいてい表層を意識しているから、ミノーで表層通せば釣れるし、食い気の無いやつはスルーしようという作戦でした。

が、それじゃあやっぱり釣果が伸びない。

なのでパイロットルアーとしてメタルバイブレーションを使い、同じポイントでまずは表層を引いて、2投目で中層とボトムをリフト&フォールで探るという方法を行いはじめました。

これでどの層で食ったのか確認して、今度はその層めがけてルアーを通し続けるという作戦です。

水深が1メートル未満の河川でも、表層、中層、ボトムで反応が違うのもパイロットルアーを使って初めて知ったことです。

こういう場所でレンジなんてものがあるのか、最初はまったくわからなかったですが、たしかにボトムなのか、表層なのかでトラウトの反応も一日ごとに変化していました。

 

スポンサーリンク

パイロットルアーでトラウトを観察する

トラウトフィッシングにおけるパイロットルアーの存在は、トラウトがどんなルアーに反応しやすいのか探るためのものでもあります。

というわけで、パイロットルアーは派手目で魚を寄せるものが良いと知ったわけです。

これは釣れなくても良いから、とにかく魚にルアーを見せられるものが良いんだとのことでした。

ほう、ならバイブレーションやな。

と安直にバイブレーションを投げて反応を見ている。

すると、物凄いバイブレーションに反応する日もあれば、まったく反応しない日も出てきました。

 

ぬぬ、何これ。

と、反応しない時にルアーを変える。地味な色にしたり、地味なアクションにしたりする。

そうすると食ってくる。あ、じゃぁ今日はそんなにルアーを見たい日じゃないんだな。

となりました。

水質、水温やハイライトかローライトか、そういう部分も込みでトラウトはやはりルアーへの反応が悪い日というのが出てくるのは当然として、それが見た目でわからない時というのもあります。

いつだって好かれるルアーは存在しないけれど、とにかく魚の反応が見れるルアーは存在するというわけで、パイロットルアーはトラウトの活性チェックにも非常に役立ってくれました。

一投目にメタルを投げてるのはパイロットルアーだから

というわけで、僕はトラウトフィッシングでは渓流を除き、一投目に必ずメタルルアーを分投げるようにしています。

別に鉄じゃなきゃダメってわけでもないんですけど、釣りの経験値が低い僕はとにかくその日の状況をいち早く知りたいんです。だって経験による類推が僕はできないから。

ベテランの釣り師達を見ていると、とにかく経験による類推がヤバイ。

一目みて「今日これ来るな」とルアーチョイスできる。

それができない僕。

下手だから頭を使うし、下手だから分析しなきゃいけないというのが僕のモットーなんで、そのためにメタル系ルアーをぶんぶん投げて、ダメならさっきチェックして怪しかった場所でミノーイングしてます。

浅い渓流はポイントが限られているので、あとはお魚さんの反応のみ。

なので例外なくフラッシングも出来るチャート系を一発目から使ってパイロットルアーにして、ダメなら虫に近い黒系投げてます。

 

パイロットルアーを作ると便利

というわけで、パイロットルアーを使うと下手くそな僕でも釣果が上がったということでした。

コメント