タイニー ・シグレがトラウトに効くのでレビューしておく

スポンサーリンク
トップウォーター

どうもαトラウトです。

今回はメガバスから発売されているタイニーシグレの購入レビューです。

実際に買ったのは今年の春先で、このブログをはじめる前だったので忘れていましたが、かなり面白いルアーだったので一応紹介しておきます。

スポンサーリンク

タイニー・シグレって何ですか?

タイニーシグレ(TINY・SIGLETT)はあのメガバスが発売しているトップウォータープラグです。

シグレとは蝉のことであり、その形状を見てわかる通りそのままんま蝉を模したルアーです。

本来はバス用に開発されたルアーですが、このシグレは最近トラウトフィッシングの中でも使えるということで人気が高まりつつあるようです。

それを知ったのは、近所のホームセンターに行ってリュウキを買ってこようとした時。

なぜかコーナーの下側にタイニーシグレが大量に置いてあるのです。

このホームセンターはそもそもリュウキやDコンラパラなど定番で間違いなく売れるトラウトルアーしか置いてないんです。マニアックな商品なんて一切無し。まぁホームセンターなんてそんなもんですよね。

しかーし、なぜかそこに蝉がおいてある。

「へ?なんでこんなとこに蝉がいるの?」

と不思議に思ってつい一つ買ってしまった。

にしても、これで本当にトラウト釣れるの?ミノーやスプーンじゃないんだけど?てかメガバスってバスメーカーじゃん?

と思ってたんですが、これがそうでも無いらしいんです。

トラウトには蝉パターンが存在する

 

トラウトには「蝉パターン」なるものが存在する。

釣りをはじめた秋ごろ、そんな情報をちらちらとネットで見ていました。

どうやらトラウト達は蝉が鳴く頃、命尽きかけの蝉が湖や川に落ちてくる蝉を捕食しているんだとか。

その蝉に模したルアーを使うことでトップウォータでニジマスを出せる。

なに?まじかおい。だったら早速使わんとな!

と思ってタイニーシグレをダム湖で投げていたわけです。

タイニーシグレのスペック

 

全長:30mm

重量:2.7g

形式:スローフローティング

フック:トレブル一本

 

かなり小型のトップウォータープラグだってのがわかると思います。

手に乗せてみるとこんな感じ。

蝉系ルアーの中ではかなり小さいです。

アイの位置はルアーの後部にあり、フックはトレブルが一つ。

羽はシリコン製で、おしりを引っ張ることでバタバタと羽を動かします。

ルアー内部にはラトルが内蔵。この音で蝉を演出するという目的もあるようです。

春ゼミを模しているトップウォーター

コメント