ボトムを探りまくれるトラウト用メタルバイブレーションが作れないか

スポンサーリンク

こんにちはαトラウトです。

河川用メタルルアー開発に余念がなく、近々自作メタルジグ鉄男河川バーションの設計を今一度見直しております。

が、その最中に新しいアイディアが出てきたのでメモ程度に書き留めておきます。

てね、まぁαトラウトよ

仕事中に一体何考えてんだよ!

流体力学の本とか読んでるばあいじゃないんだよ!

経費計算きちんとやれよ!

と、金にならぬ学問などいらぬとマネーの神様がおっしゃっております。

そう、この世に金にならぬ学問などいらないのです。

文学や哲学を学んだところで就職には役立たずで

大学の文学部が大量に減らされてしまう。

覚えたコードを使おうと思ったら結局無関係の自営業をやらされ、使うのはCSSのみ。

ああ、もうなんなの!

もうなに?生きにくい!

帰還兵でもないのに社会に適応できないとかもう何のせいにもできない!

でも結局、金の心配をするよりも頭には設計のアイディが浮かぶ。

そう、僕にとっては何一つお金にもならないアイディアが。

金儲けが苦手な僕が頭を使うのはこんなことばかりですが、浮かぶものは浮かぶんだからしょうがない。

それを書き留めるためにも、このブログは使わせてもらおうかと思います。

スポンサーリンク

潜航能力のあるチャターを作る

ボトム限定の超お手軽チャターを作りたい。

そう考えた結果、チャターとバイブレーションをセットにしたものがいいなと。

チャターのヘッドは強制的にルアーが頭を斜めに剥けるようにセッティングすることでルアーを動かすシステム。

で、重量だけでなくルアーじたいが潜るようにしたい。

これ何かっていうと、もう川の流れの中で永遠とボトムに張り付かせたいわけです。

永遠と。もうなにがあっても浮き上がってこないようなやつ!

で、ルアー全体をクランクベイトのリップのようにしてしまうシステムを考えてます。

ボトムだけとひたすらに攻め続けられるシンキングルアーだったら、クランクベイトをシンキングにしたら良いんでないの?と思ったんですけど、これが上手くいかない。

なんでって、クランクは基本流れが無い場所むけに作られてるんですね。だからリップがでかすぎ。潜航能力に反比例するようにルアーが暴れまくって、ダウンでひいたら逆にルアーがさかさまになって浮いてくるレベルですよ。

だから河川用はクランクじゃなくてシャッドなんですな。

シャッドのリップは潜航能力もほどほどで水の流れに対する抵抗もホドホド、バランスがすごい良いからミノーよりも深いレンジを狙えるってわけでございます。

ただね、これがまーすごい難しいバランス設計が必要というか。流れの速度+リトリーブスピードで潜航能力を決定しているんで、当然暴れる時は暴れるし浮く時は浮くと。

川の中のボトムを狙うって、リップ付きのルアーじゃやっぱり難しいんですね。

だからみんなメタルバイブやスプーンやヘビーシンキングミノーを使って、とにかく重量でもっていくってのがセオリーってわけです。

コメント