釣り好きにはADHDが多い疑惑を聞きつけた

スポンサーリンク
超コラム

こんばんは、αトラウトです。

パソコンの前に30分と座っていられない僕ですが、仕事はなぜかその手の仕事をしているわけのわからない自分。

そもそも苦手な仕事してるわけですから、まぁ苦痛というかストレスが多いわけですよ。もう願わくば釣りで生きていたい。釣りだけして生きていきたいという考えばかりがグルグルグルグルと頭の中を回っていく。

しかし、やっぱり生活は捨てられない。

哀れなり、哀れなりαトラウト。なんて哀れな男なのだ。

もういやだ・・・ああ水が見たい・・・凍ってない水が見たい・・・癒されたい・・・水と魚でいやされたい・・・

と思ってTwitterでトラウト系の釣果情報でも見て癒されようと思ってみてみるとこんなtweetが。

ADHDとか池を見るのが好き』と症例集に書いてあった時、ウォッチ大好きな私はそれまでてっきり個人の特徴だと思っていたため愕然とし 「嘘だ!私が彼女を愛しているのはそうプログラムされたからだなんて!そんなの嘘だ…!」と言ってるサイボーグの気持ちが急に分かった。

(引用元:Twitter)

なんということでしょう。

川や水を見るということは、なんとADHDの疑いがあるというのだ。

なんということだ。そんなバカな。

僕は子供の頃から水を見るのが好きだし、川大好きだし、海も大好きだし。もう水辺大好き過ぎて前世はカワウソだったんじゃないかと思っている。もしくはビーバーだ。

それに、小学校の卒業文集に書いた将来の夢も未だに覚えている。

 

 

「大きくなったらオオサンショウウオになりたいです」

 

これはネタじゃありません。笑いどころでもありません。

αトラウトは確かに将来まじめに、確実にオオサンショウウオになろうとしていたのです。

人生でたった一度の卒業文集の将来の夢でオオサンショウウオと書ける特別天然記念物レベルの清流好きなんですよ。

それがADHDだと?

そんなわけない、僕はADHDなんかじゃないぞ!!健全だ!僕はまともなんだ!!クソ!!離せ!!どこにつれていく気だ!やめろ!はなせぇえ!!!

くそぉお!!!閉じ込めるなぁ!畜生!!

僕はオオサンショウウオになるんだぁ!!!!

 

 

・・・という人は大抵まともじゃない説が根強いですが、そんなこといったら釣りが好きな人、たいていADHDなんじゃないの?という疑いすら濃厚になってしまう。

スポンサーリンク

まずは自分のADHDチェックをしてみた

そもそもADHDとは何なのか?

すでに有名な名前なんですが、まずは信頼できるサイトからの引用でおさらいです。

ADHDは注意欠如多動性障害といわれます。注意関心が散漫だったり、身体の多動が見られたりという状態です。大人になるとほとんどの人は多動性は収まりますので、注意欠如の部分のみが残ることが多いでしょう。一般的には、以下の二つに分けて考えると分かりやすいと言われています。

  • 不注意優勢型 … 物をなくしやすい、ミスが多い、気が散りやすい、過集中で切り替えが難しい、段取り良くできない等
  • 多動/衝動性優勢型 … 思いつくとすぐに行動する、順番を待てない、人の発言に割り込む、一方的に喋る等

(引用元:http://www.kaien-lab.com/faq/adhdasd/)

コメント