ダイソーのスプーンをトラウト用ルアーにカスタムする

スポンサーリンク
アイディアなど

αトラウトです。

新年早々一発目はダイソールアーの中でも実はかなり期待していたダイソー・スプーン。

正直に言いますよ。

ダイソールアーの中でもスプーンは一番使えないルアーだと思っています。

わかっています。

ダイソーさんには申し訳ない。

僕はダイソーが大好きだし、ダイソーあってのコスパトラウトフィッシング。つまり僕の重要なパトロンなのである。

だが、このスプーンだけは納得がいかない!と思い続けていた気持ちを抑えきれず、ついにこのスプーンを改造することにしました。

スポンサーリンク

ダイソーのスプーンのルアーとしての問題点

まずはダイソーのスプーンがなぜ悪いルアーのか?

ここについて詳しく説明させて頂きたいと思います。

正直に言えば、こう言いたい。

「100円でよくここまで頑張った!!」

企画開発責任者もろとも抱きしめてあげたい。

なけなしの小遣いをはたいて全員にゲキブルを買ってあげたい。

それくらい頑張った、あんたは頑張ったよ!と

だがダイソールアーへの愛ゆえに僕は言わなければならない。

愛ゆえに叫ばなくてはならない。

なんでこんな微妙になってしまったのだ!!

65mmに8.5gという微妙なスペック

まず最初に言いたいことがある。

なぜ65㎜のサイズに8.5gなのか!なぜだ!なぜだダイソー!!

 

正直に言うと、このスペックはスプーンにおいては致命傷。

小型のスプーンなら許しますよ。

でも、このスプーンんは65㎜もあるっていうことですよ。

なぜこんなにデカイんだ!

普通このサイズなら15gは最低でもあるぞ!

トラウトフィッシングでまるで使えない

このサイズでも使えるルアーフィッシングは確かに存在します。

が、残念ながらトラウトフィッシングでは使うことまず難しいのが現状。

 

これが非常に大問題。なぜかって?

それはダイソーからスプーンが登場することをどこの誰よりも待ち望んでいたのは

何を隠そう大半がトラウトアングラーだったからですよ!!

 

そりゃぁもちろんそうでしょう?

トラウトフィッシングをやる人間ほどスプーンを使う人間はいません。

他のどんな釣りよりも、スプーンを使うのはトラウトフィッシング。

にも拘わらず、待ち望んでいたダイソースプーンを見た時のあのショック。

「なにこれ・・・おおきぃ」

現実に向き合えずダイソースプーンをキャストした時のあの衝撃

「なにこれ・・・飛ばなぃ」

嘘だと思いながらもリトリーブした時の絶望

「なにこれ・・・沈まなぃ」

 

くそう…思い出しただけでまた心が折れそうだ

 

それだけ僕はダイソーのスプーンに期待していた。

ようやくダイソーにもトラウトフィッシングで使えるルアーが出て来たのかと思た。

だが違ったのだ。

出てきたダイソースプーンがまるで使えないと知ってしまったその夜、あびる様に酒を飲み全てを忘れようとした。最強のコスパルアーが登場してくるのかと胸を躍らせていた自分を恥じる。

酒に飲まれ、うつろになりながらカウンター席につっぷす。

「なぜだダイソー!そもそもこのスプーン一体何用なんだよ!!」

その結果、隣に座っていたマッスルたちに「うるせぇぞ!」と絡まれる。

「なにがうるさいだよ・・・ええ・・お前らに、俺の気持ちがわかるかぁ・・・」

しかしその後、マッスルたちにボコボコにされ店の外に放り出される僕。

「ダイソースプーンなんか使い物になるわけないだろはははは!」

殴られ、酒に飲まれ、もうろうとした意識の中最後に聞こえた笑い声。

しかし、僕は諦めきれなかった。

なぜなら、ダイソースプーンのことをさんざんディスっておきながら、どこかこのルアーには親近感を覚えたからだ。

僕も同じだ。

学生時代から社会に適応できないと言われ、社会にでても案の定使い物にならないと言われる日々。自分に何が向いているのか?そんなことすらわからなかった自分。ただ傷だらけにされ、使われることもなく捨てられる姿はどこか僕に似ていた。

だからって、諦めていいわけじゃない。

この購入したダイソーのスプーンを何がなんでもトラウトフィッシング用に使うために改造するのだ・・・そして、この使えないと言われ過ぎのダイソースプーンを見事によみがえらせ、北海道の河川を泳がせてやるのだと!

そう胸に硬く決意したあの瞬間から、僕はこの日を待ち望んでた。

僕はあきらめていないんだ。

お前もあきらめたらだめだ。

行くぞダイソースプーン!!

お前をバカにした奴らへ!

今こそリベンジだ!

ダイソースプーンを使えるルアーに改造

それではスプーンを改造するため、今回も材料の紹介です。

今回はダイソールアーということで、ダイソーの商品も一緒に使っていきますよ。

改造の材料

・ダイソーで買ったスプーン

・板オモリ(0.4mm)

・ダイソーのアルミ板(0.3mm)

・ダイソーのアルミテープ

・瞬間接着剤

・塗装用の塗料

・コーティング剤(ダイソーのマニキュアトップコート)

・バイスorドリル(これもダイソーで購入可能)

・輪ゴム

・ティッシュ

 

というわけで、今回はダイソールアーの改造ということでダイソー製品を増やしてみました。

今回の改造の目的は、スプーンの重量を増やして飛距離アップ&ルアーを浮き上がりにくくすることが目的。

ただし、このダイソースプーンはやたらと厚みがある。

なのでサイズを落とすのは苦労するので、あくまでウェイトアップが目的です。

なお、最後のティッシュは深い意味はありません。

それでは改造に進みましょう。

 

ちなみに今回も動画を作りました。

お風呂場でアクションを試したシーンが後半にあるのでぜひチェックしてください。

ダイソーのスプーンの下準備

まずはダイソースプーンを準備しましょう。

続いて、スプーンのサイズにあわせて板オモリをカット。

続いてアルミ板も同じようにカットしておきます。

コメント