ダイソーのスプーンをトラウト用ルアーにカスタムする

スポンサーリンク
アイディアなど

αトラウトです。

新年早々一発目はダイソールアーの中でも実はかなり期待していたダイソー・スプーン。

正直に言いますよ。

ダイソールアーの中でもスプーンは一番使えないルアーだと思っています。

わかっています。

ダイソーさんには申し訳ない。

僕はダイソーが大好きだし、ダイソーあってのコスパトラウトフィッシング。つまり僕の重要なパトロンなのである。

だが、このスプーンだけは納得がいかない!と思い続けていた気持ちを抑えきれず、ついにこのスプーンを改造することにしました。

スポンサーリンク

ダイソーのスプーンのルアーとしての問題点

まずはダイソーのスプーンがなぜ悪いルアーのか?

ここについて詳しく説明させて頂きたいと思います。

正直に言えば、こう言いたい。

「100円でよくここまで頑張った!!」

企画開発責任者もろとも抱きしめてあげたい。

なけなしの小遣いをはたいて全員にゲキブルを買ってあげたい。

それくらい頑張った、あんたは頑張ったよ!と

だがダイソールアーへの愛ゆえに僕は言わなければならない。

愛ゆえに叫ばなくてはならない。

なんでこんな微妙になってしまったのだ!!

65mmに8.5gという微妙なスペック

まず最初に言いたいことがある。

なぜ65㎜のサイズに8.5gなのか!なぜだ!なぜだダイソー!!

 

正直に言うと、このスペックはスプーンにおいては致命傷。

小型のスプーンなら許しますよ。

でも、このスプーンんは65㎜もあるっていうことですよ。

なぜこんなにデカイんだ!

普通このサイズなら15gは最低でもあるぞ!

トラウトフィッシングでまるで使えない

このサイズでも使えるルアーフィッシングは確かに存在します。

が、残念ながらトラウトフィッシングでは使うことまず難しいのが現状。

 

これが非常に大問題。なぜかって?

それはダイソーからスプーンが登場することをどこの誰よりも待ち望んでいたのは

何を隠そう大半がトラウトアングラーだったからですよ!!

 

そりゃぁもちろんそうでしょう?

トラウトフィッシングをやる人間ほどスプーンを使う人間はいません。

他のどんな釣りよりも、スプーンを使うのはトラウトフィッシング。

にも拘わらず、待ち望んでいたダイソースプーンを見た時のあのショック。

「なにこれ・・・おおきぃ」

現実に向き合えずダイソースプーンをキャストした時のあの衝撃

「なにこれ・・・飛ばなぃ」

嘘だと思いながらもリトリーブした時の絶望

「なにこれ・・・沈まなぃ」

 

くそう…思い出しただけでまた心が折れそうだ

 

それだけ僕はダイソーのスプーンに期待していた。

ようやくダイソーにもトラウトフィッシングで使えるルアーが出て来たのかと思た。

だが違ったのだ。

出てきたダイソースプーンがまるで使えないと知ってしまったその夜、あびる様に酒を飲み全てを忘れようとした。最強のコスパルアーが登場してくるのかと胸を躍らせていた自分を恥じる。

コメント