Zombait(ゾンベイト)が死んだ魚をゾンビ化させて本気で怖かった

スポンサーリンク
タックル考察

こんばんはαトラウトです。

年始早々何かと忙しかったわけですが、とにかくこれだけあ記事に書いておかなければ。

そう思わせたのが、クラウドファウンディングによって作られた新たな釣具。その名も「Zombait(ゾンベイト)」

この動画がツイッターのタイムラインで回ってきたというもの、しばらくZombait(ゾンベイト)がトラウマになるほど怖かったのでとにかく言いたい。もうこれは色々と言っておく必要があるぞという意味でさぁレッツゴー。

 

スポンサーリンク

Zombait(ゾンベイト)を使えば死んだ魚が動き出す

まずは問答無用でこちらの動画を見てください。

 

なんと、サバになにか妙にいやらしい細長い棒を突っ込むと、ビクビクと死んだはずのサバが動きはじめるではありませんか。

 

この道具はすぐ死んでしまう生き餌問題を解決するため、死んだ魚をまるで生きているかのように見せる釣具だそうです。

 

ここまで書くと、B級ホラーファンの方々は「ゾンビーバーの続編出たの?」と騒ぎ出すか、ジョージAロメロが墓場から復活して魚を主人公にしたクトルフチックな映画でもとりはじめた。

とか思うでしょう?

ええ、僕もです

ゾンビーバの続編かとマジで思いましたしね。

(画像引用元:http://eiga.com/)

ただ、釣り人の僕からすると、これはれっきとした釣具。

生き餌を使うんでルアーでもなく、僕が釣りで使うこともなさそうなんですけど、とにかく魚がビックンビックンしているインパクトがすさまじい。

 

なにこれ、やばいよ、コレ絶対やばいやつだという本能のアラートが鳴りっぱなしになるレベルの恐ろしさを感じさせる。

 

しかもキャッチコピーは「スマート釣具」

 

どう見てもホラー釣具だろというツッコミは僕以外の全世界200万人のアングラーがすでに入れているとおもいますが、改めて言いってます。もう我慢できない。

 

しかも、この動画のラストは次の台詞で終わる

 

「ゾンベイトが普及すれば釣りを始める人が増えるかもしれませんね」

 

残念ながらそんなわけがない

 

そもそも、釣りが苦手な人がどういう人種なのか?

それはだいたいこんな感じだ。

 

「魚が気持ち悪くて触れない」

「餌が気持ち悪くて触れない」

 

こういう人が大半なわけで、釣りを誰かに教えたことがある人ならまぁこんな反応は見飽きたはず。

 

じゃぁそんな相手に、いきなり魚に電動器具を突っ込んで見せるとどうなるのか?

釣りをやめるどころじゃない。

 

ただのトラウマ(思い出)作りだよ

 

しかしもしかしたら、こんな人間がいるかもしれない。

 

「死んだ魚がバタバタ動くことに感動して釣りをはじめました」

 

申し訳ないが、こんなヤツいたら絶対隣で釣りしたくない。

むしろ釣りしてる場合じゃない、僕も殺されてゾンベイトぶちこまれること間違いなし。

なんかヤバイ外国人がドヤるのも印象的

この釣り回始まって依頼のサイコ釣具を作った開発者が動画に出てくるのですが、この男もなんかこうシャクに触るやつなのも至って印象的。

 

クラウンドファインディングで作った位だから、それなりに需要はあるんでしょうが、とにかくカメラに向かって喋る姿が犯行声明的なヤバさを感じる。

 

「釣りがもっと効率的で楽しいものにしたいんだ」

「釣具のスマート化を進めて 全く新しい釣りの体験を作り出したい」

コメント