冬のトラウトは夜釣が可能なのか?

スポンサーリンク
トラウト考察

寒い。そして疲れた。

現在、自宅に戻りようやく入れたホットコーヒーと炬燵で暖を取りながらこのブログを書いています。

もはや満身創痍。

病み上がりながらもついに衝動を抑えきれなかったがあまり、釣りに行ったは良いものの、あまりの体力の消耗に多少後悔すらしている。

 

しかし、僕は先日書いたブログのとおり、もはやどうしようもない釣り症候群に掛かっている。

となれば、病み上がりであろうとも釣りに行くしかない。もはや動くことはできずとも、体にゾンベイトを差し込んでも釣りに行くしかないのだ。

 

ただ、今回病み上がりながら釣りにいったのは、ただ釣りがしたかったわけではない。

釣りに行っていない間に作っていたルアーのテスト。この時期に凍結していない河川捜し。

そして、冬のトラウトの習性に関するある興味深い記事を見たからだ。

スポンサーリンク

冬のトラウトは夜間に動き出すと博士は言った

 

病に伏せている間、僕は冬のトラウトの習性についてネットで調べていた。

ちなみに僕はネットサーフィンのプロだ。いかなるWi-Fiをも乗りこなし、ありらゆる情報を手に入れる天才ネットサーファーである。

今回もそのサーフィン技術を用い、目的の情報にたどり着くまで多少のルアーと、ユーチューブと音楽をチェック、最後に検索欄に「ヘンリー塚本 動画」などの寄り道をしたあと、狙っていた目的の情報を見つけ出すことに成功する。ヘンリ―塚本について知りたければ自己責任でGoogle先生に聞いてほしい。

ただ、一つ言えるのは全ての情報はつながっているということ。

全体論的に考えれば、ヘンリー塚本と団地妻、そして冬のトラウトにも関連性があることが導き出せるはず。

 

そう信じた超絶全体論的ネットサーフィンでたどり着いたのがこの記事です。

研究紹介:冬の魚の生態

 

北海道大学の小泉研究室は生態科学研究のためのチーム。

フィールドワークをメインとし、北海道の様々な生物の調査研究を行っています。

この小泉研究室はイトウ研究でも注目されているチームで、DNA環境調査など先進的な研究を行っていることで僕は知りました。

 

その小泉研究室のレポートによると、ある冬、トラウトに詳しい生徒につれられた教授が川に行くと、昼間はまるで見えなかった魚が、夜間には浅場にうようよと出てきていたというのです。

大学に戻って文献を調べてみると、ブラウントラウト(サケ科魚類)が冬に夜行性にシフトするという論文が1993年に出ていました(Heggenes et al. 1993)。彼らはノルウェーの寒い川に毎月潜って調査をしていたそうです。当時のドライスーツの性能はどうだったんだろう?恐るべし北欧の男たち!!!ですね。

(引用元:http://noah.ees.hokudai.ac.jp/envmi/Itsuro/winteraggregation1)

なんというガッツ。すごいぞノルウェーの研究チーム。まさか全員トロールハンターなのか。

そんな釣りバカの遥か上を行くノルウェーの研究バカ達の活躍によれば、ブラウントラウトは冬場には夜行性になるようなのです。

 

しかし、冬場に夜行性になるのはブラウントラウトだけでは無かったようで。

今度はスコットランドの研究チームが、アトランティックサーモンを中心としたサケ科の冬場の活動についてもレポートがまとめられていまいた。

その結果、サケ科の生物も冬場には夜行性になる習性があることが判明。

コメント