尋常ではない疲労感にやられているから星がキレイだ

スポンサーリンク

尋常ではない疲労感にやられているから。

限界ってここにあったんだなって思ってるから。

仕事は基本嫌いだから。

明日は絶対釣れるとか思えるほどポジじゃないから。

世中はクソだから。

大体人は苦手だから。

コンビにで「ありがとうございました!」って言われて「どうもー」とか気軽に言えないから。そんなフレンドリ―じゃないから。挨拶苦手だから。あんまり目とか合わせられないから。

world is sick ガッデム まじ卍とかじゃ足りない マジメガンテ

言葉ばかり口から出てくるってことはまぁ、本日はと思いナイト・トラウトを探しに行っていってまたボッコボコにされたんですよ。

でも、なんかこう夜の川辺は本気で異世界です。

危険かつ謎の動物、そして・・・

 

スポンサーリンク

あるけどあるけど雪

久々の晴れた夜。

今回はと思い、前々から考えていたポイントへと向かいました。

というのも、橋の下にある落差工があるんですが、ここで、実は僕は初のトラウトをゲットしたんです。

他にも多数のトラウトが潜んでいたのだが、その時期というのが4月。周囲には雪もあったころだ。

それから夏場を含め、決行なにかとボウズ無いしエリアだった。

 

つまり、ここなら硬い。そう踏んだわけである。

だが、硬いと踏んだまではよかった。

現場に行き、その大地を踏みしめるまでは。

 

現場に行ってみると、なんと前日までふりつもっていた雪のせいで車を止められるスペースが一切ない。

しかし、橋の下にある落差工はみごとに雪にうもれていない。

交通量は多い。周囲を探せど探せど車をとめるスペースは皆無。

そこで、一つ川下へとくだった橋を見に行くと、丁度車をとめれる場所があるじゃないか。

とりあえずここに車を止めて、なんとか川上へと進んでみようと試みる。

しかし、雪の中思うようにすすめない。

しくじった。昨晩の雪がおもいっきり柔らかいままのこっている。こんなことならカンジキ買っておけばよかった。

 

とにかく前進をこころみるも、歩けばあるく程雪にうもれる。

落差工近くに降りれらたなんの苦もなかったのだが、あえなく雪の中を30m進んだ時点でダウン。

 

あまりの疲れの中、目の前には野兎が。

ここは市街地のただなかにある田園地帯。

真冬でもウサギは元気に走り回っているようだが、その軽さがうらやましい。

 

とにかくもう限界だった。

戻ろうと思ったけれどもそんな余力すらのこされていない現状。

コメント