ここで超重要となる仕掛けです。

ワカサギをはじめて釣る時は何にしようか迷ったもんですが、実際に釣ってみてわかったのは「1号で釣ればまぁなんとでもなる」というものでした。

ワカサギ釣りでは1.5号がアベレージなんてよく聞きます。

ぼくもそれを鵜呑みにしてはじめに1.5号を投入したんですが、嫁の使っていた1号のほうが釣れる。その次も、その次も1号のほうがなぜか釣れる。

というのも、ワカサギは悔いが渋かったりすると1.5号にすらかからないこともあるから。でも1号ならどちらでも掛かるから。なので1.5号よりは1号をまずおすすめします。

それとオモリは絶対にセットでついてたほうが良いです。

はじめての釣りで重りまで探していると面倒臭いですし、そもそも釣りじたいあきらめたくなります。ロッドもセットならシカケモセット。それでも普通に釣れますし、はまったら個別に選んでこだわれば良いんですよ。

それと、慣れない内はこの仕掛けみたいに目立つフラッシャーみたいなのがあったほうが良いです。

フラッシャーはアピール力を高めてくれると同時に、餌が幾つか外れてようがフラッシャーを食ってくる疑似餌効果があるんです。

なれない内は餌つけも大変なんで、面倒な時はサビキ釣りみたいに仕掛けを上下するだけで食ってくるフラッシャー付きがおすすめです。

 

餌は紅サシだけどワームと寄せ餌がおすすめ

ワカサギ釣りの餌といえば赤サシが定番。

しかーし、淡水ファミリーフィッシングの代表格みたいなワカサギ釣りの場合、この赤サシのせいで彼女や嫁がドン引きすることも多い。なんせ赤サシはその名前からして刺身みたいなものかと思いきや、その正体はただのハエの子供。つまりウジ虫。リアルはいつだって辛い

そして、赤サシは正直いちいち付けるのが物凄い面倒くさい。

釣れるたびに赤サシが外れるせいで常に忙しい。まるで余裕のないワカサギ釣りになることもある。

というわけでおすすめしたいのが赤サシ系ワーム。

釣り餌の本家マル九が発売する「ギリギリ餌じゃないワーム」というわけで、ほぼ餌みたいなやつ。ルアーフィッシングで使えば反則レベルなんで、もちろん釣果は安定しています。

魚集効果のある匂いカプセルがあるのでそのままでもOKですが、ここにワカサギ用粉末まきえさも使うことで餌釣り以上の効果を出すことも可能です。

寄せ餌は群れを呼び、やってきた群れをその場にとどめておく効果があります。

釣果をあげるための必須アイテムなので、ぜひ持っておいてください。

 

とまぁここまで装備を整えておけば、ひとまず普通のワカサギ釣りは可能です。

続いては僕がはじめてワカサギ釣りに行った時の記録を踏まえつつ、北海道ならではの氷上ワカサギ釣りの必須アイテムについて解説していきます。

ワカサギドリルは釣り場を調べてから購入

 

氷に穴をあけて釣るワカサギ釣りの場合ドリルは必須アイテムになります。

コメント