氷上ワカサギ釣り初心者におすすめアイテムはこれ

スポンサーリンク
未分類

しかーし、場所によってはドリルを貸し出してくれる場所もあるのでわざわざ買う必要がありません。

なので、まずは釣り場の情報を良く調べてください。

もしドリルを貸してくれるなら、まずはレンタルドリルを使ってから。

ドリルの貸し出しが無い場合には、ダイワの穴釣り用ドリルがおすすめです。

値段は8000円からあるので見た目ほど高くはありません。

色々な場所にワカサギを釣りに行くつもりならドリルは一つ持っておいても損はないです。

 

スポンサーリンク

その他のワカサギ釣り必須アイテム

 

氷上ワカサギ釣りではこの他にも必須アイテムがいくつかあるので一挙紹介です。

 

氷を救うアミ

氷にあけた穴は時間がたつと氷が溜まっていきます。

それを取るためにも、天ぷらなんかで使う穴のあいたオタマや網を持って行った方が良いです。

ワカサギを入れる容器

ワカサギを釣りにいくんですから、ワカサギを入れておくアイテムが必要です。

僕はワカサギ釣りではよく「ジップロック」か「コーヒーの空き瓶」を使用しています。

どちらも家庭内にあるもので代用できますし、中には買い物ビニール袋に入れて帰る人もいます。

ホッカイロ

ワカサギ釣りではホッカイロは絶対必要です。

 

ワカサギ釣りをする場所というのは開けた山間の湖なんですが、そういう場所は標高が高くなおかつ風が強い。

すると-10度だろうが体感温度は-20度位に一気に言ってしまう。

というわけで、防寒着は絶対にブクブクに着てください。

動きやすい服装が良い場合は、服の中にホッカイロを装備。長靴は長時間動かないとひたすら寒くなる作りなんで、靴の中にもホッカイロ入れたほうが良いです。

暖房をもっていくと荷物がかさばりますし、テントの外に出ていても暖かいです。

防寒着の下に張り付けるタイプのホッカイロがあれば最高ですね。

ワカサギ釣りの暖房は小型のものが良い

テントの中を温めるための暖房も必須です。

 

おすすめはコールマンのこちら。

価格は5000円前後から購入可能。

安全で一酸化炭素が出ない作りになっているのでワカサギ釣りでの使用に向いています。

小さなテントで釣りをするならこれで十分ですし、持ち運びも簡単です。

荷物を運ぶためにソリがおすすめ

 

ワカサギを釣るためにはソリをもっていかないといけません。

場所によってはソリも貸し出してくれる所が多いんですけど、そうじゃない場所もかなりあるので気を付けないと荷物が運べなくて辛いことになります。

 

ソリは別に特殊なものはいりません。

キャプテンスタッグのこの手のソリがおすすめです。

朝方にワカサギを釣るならヘッドライト

 

朝方にワカサギを狙うならヘッドライトは持って行った方が良いです。

ワカサギはマズメ、ユウマズメに活性が上がるので、釣果をあげるならやっぱり朝方が一番良い魚です。

コメント