ラパラのF5は渓流で愛される生きたミノー【レビュー】

スポンサーリンク
ミノー

ラパラミノーの中でも使用頻度が高いF5について詳しく解説です。

ラパラオリジナルフロートの中でも渓流向けに作られたモデルで、とても小さいですね。

さらに小さいF3というモデルもあるんですが、そっちはちょっと小さすぎて使いどころわからないし、F5が一番扱いやすいです。

そこで、今回はF5のスぺックや使い方。

さらに詳しい普段の生態についても写真付きで説明しています。

スポンサーリンク

ラパラのF5とは?

ラパラオリジナルフローティグの中でも2番目に小さなモデル。それがラパラF5です

さらに小さいF3というモデルもあるんですが、そっちは特化型ルアーなので、個人的には渓流ではF5が一番扱いやすいと感じています。

オリジナルフローティングF5のスペック

オリジナルフローティング(フローター)F5は、ラパラミノーの中で一番可愛いです本当に。

全長5cm、ウエイトは3g。

潜航レンジは0.9m~1.5m程ですが、現場では1mが限度ってところです。

渓流向けのラパラミノーの中ではカウントダウンに続いて人気がありますね。

素材はこの時代でもバルサ材を守っているのがオリジナルフローテイングの特徴。

こういうクラシックな部分がラパラの伝統とこだわり。

プラスチック全盛期ではとても貴重なミノーですね。

こだわりの自社完全製造のバルサ素材

やはりラパラといえば、こだわりのバルサ素材。

このオリジナルフローターは当然バルサを使っています。

ラパラのオリジナルフローターはすべて自社で生産。バルサ素材の買い付けから、加工、塗装にいたるまで、ラパラの完全管理で作っています。

今やこの世にある唯一のバルサ性大量生産ミノーは、このラパラのF5位のもの。

ただのバルサミノーではないってわけですよ。

渓流ラパラならオリジナルフローティングF5のアクションが一番?

ラパラミノーの中でも、渓流といえばフローティングのF5、そしてシンキングのCD(カウントダウン)5だと思います。

僕的にはどちらも良いんですが、出番としてはフローティングのF5のほうが多い気がしてます。

というのも、やっぱりアクションのキレが全然違うから。

バルサの軽さが生きているF5のほうが、アップストリームが多く、ルアーの移動距離が短い渓流では使い勝手が良いと感じてます。

渓流ラパラミノーの中で一番立ち上がりが早い

ラパラオリジナルフローティングのF5は、渓流域で使うラパラミノーの中で一番立ち上がりが早いです。

そのスピードはカウントダウンとは比べものにならないですね。

着水後から一発で動き出してくれるし、水かみも抜群。

アップストーリムでルアーを投げることの多い渓流域ではこの性能がとても役にたちます。

オリジナルフローティングの魅惑のスイム

オリジナルフローティングF5の水中アクションはとてもなまめかしいです。

ジョイントルアーでもないのに、うねるようなウォブンロールで水の中を泳ぐ姿はいつ見ても気持ち良いです。

短い距離の中で多くのアクションをしてくれるので渓流では大助かりです。

トゥイッチでは左右に規則正しくダートするようなアクションで、姿勢もそれほど崩れません。リトリーブとトゥイッチをおりまぜながらアクションさせると最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

F5に飛距離なんてそもそもいらない

ラパラのフローティングミノーは確かに飛びません。

というか、そもそもオリジナルフローティングのF5に関しては飛距離なんていらないです。

というのも、使う場所は大抵渓流かエリアです。渓流域ではそもそも川幅も狭く、ポイントもすごい近くにあることが多いので、10mも飛ばせればことたりてしまう場合が多いです。

コメント