マッキーの黄色塗装でゴールド系メタルジグができるか実験

スポンサードリンク
アイディアなど

マッキーの黄色を使えば、簡単にメタルジグをゴールドに塗装できる。

この噂を聞いたαトラウトはいてもたっても居られませんでした。

 

というのも、ゴールドカラーのメタルジグを作るときに、面倒なのが金色系のテープがなかなか売ってないことですよね。

探せばあるんですがなんか高いし、それだったらダイソーのアルミテープでシルバー系ばっかり作ってればいいじゃんと思っていました。

しかしマッキーの黄色さえあれば、超簡単にゴールド系メタルジグができるんだとか。

というわけで、テストもかねて実際にゴールド系のルアーをマッキーで作ってみました。

マッキーの黄色と塗装用メタルジグを準備

 

それじゃぁまずは準備するものです。

・ジグロック

・マッキーの黄色

・ダイソーアルミテープ

以上、たったこれだけ

別にダイソーアルミテープに限らず、ジグロックを上からそのままマッキーで塗っても同じ効果が期待できると思いますよ。

ついでだからジグロックをカスタムして塗装

今回はジグロックカスタムの自信作、ジグロックスプーンの塗装でマッキーイエローを使ってみたいと思います。

 

こちらのジグロックのカスタムは以下の記事から詳しく見ることができます。

「ジグロックを改造してトラウト用にカスタムしたらエモかった」

 

トラウト用にカスタムしたジグロックですが、今回は新型でまだ記事にしていない14gのスリムバージョンをテストに使っています。

 

スポンサードリンク

マッキーのイエロー(黄色)でまずはアルミテープを塗装

 

 

さぁさっそくジグロックに塗ってみよう!

なんて度胸があるαトラウトではありません。

100円ルアーだろうがテストで失敗したらいやだもったいない!

と、テストのテストすら怖がる小心者。

というわけで先にアルミテープにマッキーの黄色を塗ってみました。

結果は、たしかにゴールド。

赤っぽい色味はないけど、どう見てもゴールドです。

 

ついでにほかのマッキーも塗ってみましたが、これなかなか使えますね。

とくにピンクとブルーが秀逸で、簡単にブルピンができてしまう。

これでメタルジグ制作はいっきにはかどりそうです。

実際にマッキーでメタルジグを塗装してみる

それでは続いて実際にメタルジグを塗ってみたいと思います。

しかし、ここでやはり及び腰のαトラウト。

マッキーごときで本当に黄色になるのか。大事なテストルアーの塗装が失敗しないか。もしかしたらマッキーとメタルジグが驚異の化学反応を起こして家ごと吹っ飛んでしまわないか。

 

などなどの不安にかられたため、まずは使い古したメタルジグ(ジグロック)で第二テストです。

この塗装がハゲかけたメタルジグをマッキーイエローで塗っていきます。

メタルジグに塗るのは物凄い楽。

べつに塗装がのらないなんてこともないし、スーっと一発でぬれました。

はい、こちらがマッキーイエロー(黄色)で塗ったジグロックです。

いやいやかなりゴールドですよ。

このままだったらマッキーの黄色だけでゴールドクロスが作れる気がする。信じられないほどのコスモを感じる。これからはこの色を貧者のゴールドクロスと名付けたいと思います。

 

そんなオッサン世代定番のアニメネタは良いとしまして。

いよいよ実際にカスタムしたジグロックに塗装してみます。

 

カスタムしたジグロックをマッキーイエローで塗装

さて、こちらに準備いたしましたのが貧しきアングラーの救世主として開発したメタルジグ・ジグロックスプーンです。

で、これにマッキーイエローを使って塗装をほどこすと。

 

 

いきなりセイント・セイヤァアアアア!!!

見事ゴールドセイント化を果たしました。

貧者のゴールドクロス恐るべし。

たった一本のマッキーで、いとも簡単にシルバーセイントをゴールドセイントに変えるなんて・・・クロスのアップグレードが死ぬほど簡単すぎてもうセイヤがかわいそうなレベル。

 

にしてもここまで見事にゴールドになるとは。

マッキーなんて一本100円もしないですしね、しかも結構でかいから何本もメタルジグをゴールドセイント化できてしまうすぐれもの。このコスパ術はやっぱり使えます。

ついでにマッキーブラック(黒)でパーマークも付けてみた

今回のマッキーはセットでお得に購入しているので、そこに入っていたブラックも使ってパーマークも書いてみます。

マッキーブラックでパーマークを書くのも結構ネットでは良くみるお手軽カスタムですが、じつは一度もやったことが無かったので。

実際に書いてみると、確かに簡単にパーマークが作れる。

案外筆先が細いし、色のりもいいし、ものの30秒でパーマークが完成しました。

これは下手をするとマッキーさえあれば対外のメタルジグは塗装できてしまうのではないか?

この方法はもっと早くしっておきたかった。

本当にマッキーでゴールドになったか確かめてみた

 

さて、マッキーイエローを使ってカスタムしたジグロックをゴールドセイント化することには成功しましたが、一つだけ気になることがあります。

 

それは、本当にこの色がゴールドなのか?ということです。

 

色なんていうのは目の錯覚で赤が青に見えることもあります。シルバーに黄色をかさねたら、それはゴールドではなく黄色なのでは?という神経質すぎる疑問がわいた僕は、この貧者のゴールドクロスが本当にゴールドなのか、実際に市販されているゴールド系ルアーと比較してみることにしました。

ラパラのF5のゴールドと比較

まずはお気に入りのラパラF5のゴールドブラックと比較してみます。

すると、なんか光り方に若干の違いが。

貧者のゴールドクロスが黄色めが強いのに対して、F5は若干赤い感じがします。

ううん?これはどっちのほうがゴールドと言ってよいのやら。

ジャックポットスプーンのゴールドと比較

続いてジャックポットスプーンのゴールドとも比較。

すると、こっちも赤系が入っていて、貧者のゴールドクロスとはやっぱり色が違う。

ということは、やっぱりルアーの中のゴールド系は赤が入ったコッチ系のことを指してるのか?これはもしかして貧者どころか偽物のゴールドクロスなのか?

 

リュウキバイブ45のゴールドと比較

最後にリュウキバイブ45のゴールドと比較。

するとどうでしょう、なぜかリュウキバイブだけ色味が一緒になりました。

あれこれどういうこと?

今までは赤っぽかったのに、なんでリュウキだけ?

と思いリュウキの他のルアーとも比較しましたが、スピアヘッドリュウキのゴールドはなぜか貧者のゴールドクロスと大抵おんなじ色になっていたのです。

 

ということは、マッキーイエローと同じ色もルアーメーカーはゴールド系として発売しているわけです。とくにDUOさんは。

ううん、ということはルアーの色では赤系と黄色系の二種類のゴールドがあるということみたいです。

 

ちなみにネットで調べてみると、黄色っぽいゴールド系はシルバーのアルミ箔の上からイエロー系の塗装を施したもので安いタイプが多いんだとか。なるほど、実際のルアー業界でも貧者のゴールドクロスは使われていたわけですね。

 

だったらもう何も怖いものなしですよ。

そもそもスピアヘッドリュウキはコスパが良いですし、塗装にお金かけないのも良くわかりますけど、リュウキのゴールドは死ぬほど釣れますからね。

 

だったら貧者のゴールドクロスもおんなじこと。

マッキーカラーリングによるデメリットは何一つなさそうです。

 

マッキーイエロ―でゴールドメタルジグを塗装できる

 

マッキーのイエローを使えば、貴方のルアーも簡単にゴールド系ルアーに塗装できます。

 

これでもうよくわからない敵と戦ったり、よくわからない十二子宮をめぐったり、仮面の女にヘコヘコすることもありません。

ではここで一句。

 

「金色の ゴールドクロス作るなら マッキー一本 あればいい」 作:αトラウト

 

これで貴方のルアーも簡単にゴールど化しちゃいましょう。

おそまつさまでした。

 

 

コメント