河川用メタルバイブレーション制作記

アイディアなど

メタルバイブレーションがそろそろできそうってことで、自作のメタルバイブレーションの失敗作をご紹介します。

メタルバイブレーションでヘッド部分にリップをつけたい。

と思ったのは、水流の中でも安定してレンジを保てないかなと思ったから。

というわけで作った試作1号機

 

先端をまずは平にして、ここで水圧をうけてみようと思ったのだ。

これならもしかしたら、まるでミノーのような平打ちもできるメタルバイブレーションになるかもしれない。

しかし残念ながらうまくいかない。

水を受ける部分が広すぎるのと、重心の問題であえなく失敗。

これが成功したら、潜航深度もたもてると思ったのに。

 

 

そこで試作2号機がこちら。

このナムコのシューティングゲームに出てくる戦闘機的なメタルバイブレーション。

2号機の頭の部分についているのが割りビシでして、頭の下にはガン玉、腹部にも割りビシが隠れてます。

このヘッドが案外よくて、アクションも出しつつ浮き上がりも押さえつつな感じ。鉛リップがストラクチャーにあたることで根掛回避性能も若干アップしています。

ウェイトはまずは10gで作ってます。

こちらは河川メインで、湖でも使える形かな。

あ、それとメタルバイブレーションに木材を張り付けるメタルウッドバイブレーションも作ってみてます。

メタル主体だけどテールが浮くやつですね。

それとエビ系のボトムノックスイマーみたいなやつもアイディアとしてはあるんですが、まぁ作る時間が足りない。一個づつ仕上げていきたいと思います。

 

 

 

コメント