X-rap cd(カウントダウン)は渓流の王を狙うミノー【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
ミノー

ラパラが発売しているX-rap cd(エックスラップカウントダウン5)のレビュー&インプレ記事です。

 

トラウト系ミノーといえばなーんだ?

と幼稚園児に聞いてみれば、一斉に「かうんとだうんしりーずぅ!」と答えると信じているαトラウトです。かわいいですね。

 

ただ、幼稚園人がカウントダウンシリーズ知っていたら中身は完全にオッサン
せめて「ふわとろぉ」位にとどめておいてほしい。

 

さて、ラパラのシンキングミノーといえばカウントダウンシリーズですよね。

とくに渓流ならカウントダウン5は未だに人気ミノーです。

ですが、ラパラ帝国において渓流下剋上を果たさんとするルアーが存在します。

それが、Xrap cd5

カウントダウンの子であり、今やラパラの渓流ミノーの代表格になりつつあるXrapについて詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

父を超えるために生まれたXrap

 

エックスラップカウントダウンはかの名作、ラパラノカウントダウンシリーズを超えるために生まれてきました。

というのも、長年ラパラのカウントダウンシリーズはあまりに売れすぎていたせいで

バージョンアップが最高にやりにくいルアーになってたんです。

だって、ラパラのシンキングで何買うって、誰だってカウントダウン買いますよね。

しかも渓流ってなったら、まぁCD5買いますよ。

 

しかし、時代には変化というものがあります。

バルサだからこそのラパラと言われてはいますが、トラウト用のミノーも次々と素材が変わり今やプラルアーが主流。
結果、ラパラのカウントダウンシリーズは取り残されたシーラカンス的なルアーになってしまったのです。

ラパラにとって、これはかなりのジレンマですよ。

だって、ブランド化したバルサルアーはそりゃ売れる。

でも、すでに他社は高性能なABS素材のミノーを大量に出していましたし、性能面では時代遅れ。

だけどバルサじゃないカウントダウンを出そうものなら叩かれること必須。

特にカウントダウンシリーズは世界中にファンがいる。生産を止めるわけにはいかない。

シンキングミノーの王としての威厳を守りたい。

でも、バージョンアップをしなければいずれラパラのカウントダウンの血はついえてしまう。

 

そのジレンマを払拭すべく、2012年に登場してきたのがX-rapのカウントダウンというわけで、発売には相当な勇気が必要だったと思います。

これは現在発売されているラパラ製品の中でも、カウントダウンシリーズの正式な後継機。

サイズは5cmと7㎝の2種類のみというピーキーさ。

ウェイトは5㎝が4g、7㎝はとなっておりヘビーシンキング仕様にチェンジ。

ラパラが生み出してしまった伝説の「カウントダウン」を超えるために作られた最新鋭のラパラミノーというわけです。

ラパラの王の座を狙うX-rap cd達

エックスラップ・カウントダウン5の性質はまさに渓流王を狙うためのもの。

つまり覇気いがい何もない。

僕がこのルアーを購入した直後、タックルボックスの中にいたカウントダウンと躱した最初の言葉がこれ。

 

X-rap cd5「カウントダウンさんにはもう引退してもらいますわ」

 

あーだめだねーX-rap cd5。それもう新人の言うことじゃないからね。

あと引退かどうかはもうラパラ本社の人しかわかんないからね。

丁寧にあいさつしないと、あの可愛いカウントダウンだって怒っちゃうからね?

 

CD5「おどれぇ何様だぁ、このジャリがぁ?」

 

うん、なるよね。

そりゃキレちゃうよね。

あと予想の斜め上を行くスジモノ感ね。おじさんびっくり。

コメント