ルアー制作用にDCMドリルを買って本音漏れたらh2~h3タグがキレた

超コラム

ルアー制作用に電動ドライバーが欲しい。

 

そう思って色々と商品を探していたαトラウトですが、ついに金もないのに電動ドライバーを買うことに成功。

というわけで、今回もいわゆるレビュー記事というわけで、h2タグさんに主題を、h3タグさんには細かい主張などを伝えてもらいつつ頑張っていこうかと思います。本日もよろしくおねがいします。

まぁαトラウトは電動ドリルが切実に欲しかったわけよ

 

というわけでh2タグさんの言う通り。

電動ドリル。それは欲しい工具ランキングでは断トツのナンバーワン商品。

ウィンウィンいわせてガリガリ回して何でもかんでも組み立てり穴あけたり。

てな感じで、まぁ多くの人間を虜にしている工具でもあります。

ちかごろではDIYが流行っていることもあり、男性のみならず女性にとっても憧れの工具となりつつある電動ドリル。当然αトラウトだって電動ドリルが欲しかったわけです。

 

しかし、電動ドリルを購入するにあたり、次のような問題点が存在しました。

でも値段が高いのよね

 

そうh3タグさんのおっしゃる通りなんです。

電動ドリルって、なんか高そう。

そう、それが電動ドリル購入を阻む最初の難関。

万里の頂上ほどとは言わない。工事現場のカエルさんのポール柵レベルではあるほどの値段。

ただ、普通ならポンと買えてしまうものの、普段から電動ドリルを使わない人は「これ買うのもったいなくない?」と思ってしまうのだ。

かくいう僕も当初は「やっぱマキタだよなマキタ」とか通ぶってマキタの電動ドリルをチェックしてたのですがその値段に驚愕。むむ、これはいきなり買える値段ではなかったのです。

 

音がうるさいかったりね

 

次に問題となるのが音の騒音です。

電動ドリルの騒音なんて大したことないと思ってたものの、試しにホームセンターで電動ドリルを動かしてみたところ「ブゥィイイイイイイ!!」といういきなりの騒音。

やばい、これ予想以上のうるさい。

さすがにこれは家族持ちの人間が室内で使うにはうるさすぎる。

しかも僕のルアー制作はほぼ深夜に限られている。

こんな音をたててルアーを作っていようものなら「生餌のほうが釣れると思うの」ということで針をさされて天塩川本流に流され、あげく下流域のイトウの餌になりかねない。

それに、集合住宅に住んでいる人間にとっては夜に作業するのにドリルの騒音はやっぱり問題だ。ドリルを動かすだけで隣の部屋から壁ドンされようものなら集中などできない。

おおきなドリルは使いにくいものね

 

作るものにもよるものの、僕のように小さなルアーを作る人間にとって大きなドリルは使い勝手がとても悪い。

中古で激安ドリルを見つけてはいたものの、どれもでかい。

ここまでくるとリューターのほうが良い気もしてくるのだが、汎用性を考えるとやっぱり電動ドリルが良い。家具の組み立てや修理にも使えるからだ。

 

というわけでネットをあさった結果、ついにこのドリルに行きついたのである。

DCMホーマックの電動ドリルと出会った

DCM。

それは我ら貧乏ルアー作りを趣味とする人間とっての聖地「ホーマック」が生み出した規制のコスパブランド。

うちにはDCMのアウトドア用品やらキッチン用品などがそろっているが、まさか電動ドリルまであるとは思わなかった。

ちなみに僕のDCMの信頼はそうとう高い。

安いから使えないということもなく、かなり安心。

品質にはきちんとこだわっているからこそのDCMアイテムなのである。

 

超低価格なコードレスの小型ドリルは最高

 

このドリル、値段がたったの3300円なのである。

 

もう何が言いたいのかって。

あ、もう我慢できない。

だめ、だめだこれああもうああうん

 

これ買って

 

ということでありまして。

まぁ、もういいです。

ええ。

本音でね、ここはいこうかなと。

ちょま

ごめんお願い。お話をね?聞いて?

少しでいいの、この上の商品リンクをねポチって押すの。

するとね、僕のところにわずかながらも小銭が入って来るの。

はい、そうです。

わかってます。わかってますとも。

もうなんとでもいってください。

クズ?

わかってます、クズです。

ほら、踏んでもいいんですよ?

αトラウトなんて貧乏人のクズですよ。

だから踏んでいいんだよ?日々の鬱憤とかいろいろたまってるんでしょ?

いいのいいの気にしないで、本当に、ほら、だからここ踏んでみて。

 

 

違う違う違うごめんこれ間違えたこれ違うの。

指先が勝手にアフィってたの!本当!本当だから!

え、もういいって?

まって帰らないで

違うページに飛ばないで

なんかブラウザの左上のボタン押さないで。

まって、ブックマークのTwitterに行かないで。

お願い!もうアフィカスでもなんとでもいって!

ほら、押して!

お願い!いかないで!

おして!このアフィリンク押してみて!!

楽しいから!凄い楽し何かがまってるの!

ディズニーランドを超える壮絶アトラクションが正座してまってるから!

ごめん、嘘。

そうごめん、さすがにそれは嘘。ディズニーはぜったい正座しないし嘘。

でもお願い、まって。

違うの。

ここからなの。ここから

定番のメリットとデメリット行くから。

なんかメリットばっかりやたら多く書いていくから。

使ったら凄いーみたいな。

もうこれたまらないーみたいな。

使用感とかも付けてさ。

ね?

具体的な使用例とかもつけちゃうからさ?

そっから導線作ってhまとめ入れたあとに<div>で囲んで最後にまたアフィリンクあるから、もうそこで、もうそこで押して?

 

そっか、だめかあ。

わかりました。もういいです。

でも、せめて関連記事とか読んでもらえます?

よかった。

ああ本当にもうよかった。

って、よけないで。

関連記事に見せかけてアドセンス広告すらよけないで。

達人なの?

あなたネットサーフィンの達人なの?

おねがい。もうわかったから。

ここで、もう少し読んでお願い。

ちがうの。

ほんとうに誤解なの!!

 

 

──というわけでアフィカスの本音が出ましたが、αトラウトはむしろすがすがしい気持ちでこのテキストを書いています。

なぜならαトラウト。

一切の曇りなくアフィっている。

これが釣りブログなのかという位の身も蓋もないテキスト。

いやちがう、もう地球上のブログの中で最もアフィってる。

つまり僕のスタイル。

もう常識なんていらない。

がんがんいこう。

もうプライドなんていらない。

これが本当のレビュー記事ってやつですよ

 

どうでもいいからDCMドリルの話をしろよアフィカス

そうでしたね。

ほんとすいません。いつもなんかこうh2タグさんには本来の仕事させてなくてすいません。

 

で、まぁこのドリルなんですけど。

一番のお気に入りポイントは「静かでコンパクトってところですね」

とかいってもうアフィカスの発言なんて誰も聞きやしないだろうと思いますから、好き勝手言いたい放題レビューさせてもらいますええ。

諦めないで案外静かな所を押して

そうだね、本当にそう。

ほんとうにいつもh3タグさんは優しい。ありがとう。もう<>から解き放ってあげたい位愛している。

 

さて、h3タグさんの後押しもあり、αトラウトがこのドリルで押したいポイントはやたら静かなところですね。

静かさはどれくらいかっていうと、少なくともαトラウトよりもサイレント。

ただ、今テキストの騒音指数がオスプレイと同じ数値叩いてるので、デモが起きない前に説明しないといけません。

 

騒音レベルはどれくらいかというと、少なくともホーマックに置いてあった電動ドリルの中ではだんとつ静か。

これくらいの騒音ならドア一枚へだてれば、音なんてしない程度。

実際に真夜中、ドリルを使ってみましたが嫁からクレームは一切きませんでした。

これなら騒音問題に悩む壁の薄いマンションに住む人も難なく使えます。

穴あけ用のドリルビットもある優しさ

そうなの。

やっぱh3は偉い。さすが。わかってる。

というわけで、DCMドリルにはちゃんと最初からドリルビットが付いているんですね。

僕はメタル系のルアーを作るために良く鉄板に穴をあけてるんで、最初っからこういうのがあると便利です。

他にも写真のとおり、色々なビットが付属してきます。

安いドリルですけど、最初っから色々できるようにオプションも充実してますね

 

リチウムイオンバッテリー付きで離れた場所でも使えちゃう

そうそうそうそうそう!

h3もう天才。さすが。h3タグさんほんとうにジーニアス。

 

というわけで、h3タグさんが言っているように、リチウムイオンバッテリー式の電動ドリルなのでどこでも使うことができますよ。

 

ちなみにスぺックはこんな感じ。

コードにつなげたままでも使えるんで、屋内ならバッテリーも気にせず作業に集中できます。

 

DCMドリルのメリットとか伝えずらいわこの流れ

 

いや、うん、ほんとごめんねh2タグ。

本当にそう。ごめん。今回さすがにこの流れだと最高にメリットとか言いにくいし

 

ただのアフィカスがなんかホザいているな

 

としか思われない流れ。

けどね、もう今回本音でいくから。

本音でメリット伝えていくから、許してh2。今度はSEO的な仕事ちゃんとさせるからね。

 

というわけでメリットなんですけど、まず簡単な家具とか作るとかっていう人にはおすすめ。

最近はやりのDIYにはこれくらいの小さいドリルが便利です。

あと、女の人にもいいですね。お子さんとかにも。

自重が270gしかないですし、スーパーの業務用ブラジル鶏肉パックより軽いわけですからね。

 

それと、細かい作業にも向ています。

僕みたいにルアー作っている人とか、なんか木彫り細工している人だとか、東京五輪に向けてお手製の小型ボムを作っている人だとかにおすすめ。だめ、最後のはだめ。

 

音も静かだし、部屋でコツコツ作業する人にはこれくらいのドリルが丁度いいわけです。安いしね。

 

ライトも光るの凄いでしょ

そうそう、このDCMドリルはライトまで光るんです。

これで位場所の作業も安心。

夜間の作業でも使えますし、みずらい部分もライトで照らしながら穴をあけることができます。

 

とりあえずDCMドリルの文句言っとこうか

 

ごめんねそこデメリットに変えてもらえるかな?

だめ?ごめんねほんと。やる気なくなった?うん、ごめんね。

 

とりあえず、DCMドリルのデメリットはやはりパワー不足でしょう。

ガンガンと大工仕事やるようでもありませんし、パワー不足はいなめない。

あくまで家庭用ドリルという位置づけなので、これで一軒家を組み立てようと思っている人にはまずおすすめできません。

それと、パワーが足りないんでやっぱりこう、威力不足ですね。

「泥棒がいざ入ってきたらこれで穴だらけにしてやるわい」

とか考えている物騒な富裕層のご老人の方にはおすすめできません。映画・パージの世界観なら一瞬で室内に侵入されてしまいます。

それとテロリストと戦うのにも向いていません。

携行性は高いのですが、いかんせん射程が短い

「おい!そこを動くな!」

と言ってテロリストの巣でDCMドリルを向けても無駄。AKでハチの巣にされるのでやめてください。

 

DCMドリルと最高の体験を(PS4)

あーだめだねこれ。

h2タグさんコレPS4やりはじめてるねコレ。

何一人で最高の体験してんのこのタグ。

たしかに僕も開きなおっちゃったけど、H2タグさんが開き直るのが一番タチ悪いと思うの。

お願いまじめにやって。

もう僕にとって救いの手はフォローの達人h3タグさんしかいないんだから。

あとはよろしくお願いしますh3さん。

 

上手に焼けました~

 

焼いてるねこれ。

これ、絶対h2タグとモンハンやってるねこれ。

なんで肉焼いてんの?

やめて。お願い。

せめて釣りして?ここ釣りブログなんだからせめて釣りしてて?

 

というわけで、アフィカスとして開き直ってしまった僕は今回の記事で完全にh2とh3タグにはぶられてしまったわけです。

 

もうしょうがない。勝手にまとめにはいりたいと思います。

 

とりあえずDCMドリルを購入したレビューでしたが、小さいので使い勝手はすごい良いです。

ルアー作るとかそういうのに最適ですけど、家具とか作れたり手軽なDIYにはまじ最高。

値段も安いし使えるしということで文句なし。

ついに最高のドリルに出会えました。

やっぱり私にとって、このドリルに出会えたことは一生の宝物。

そのあとの人生は常にバラ色。これ以上幸福になれるのか不安なほどにです。

ですから、この幸福をみなさんにおすそわけしたいんです。

というわけで、今回はDCMドリルの紹介でした。それでは。

 

まだまだ俺たちのレビューは終わらない

 

終われよ!

もう うるせぇよh2タグ!

もう終わるんだから、僕がキレイにまとめたんだから。

いいから、モンハンやってていいから。双剣でクルクルしてていいからお願いだからまとめさせてよ!

 

 

ちょっとキレ味回復しますね

 

勝手にしろよ!

何ここでモンハンのコミュニケーション取ってんだよ!

そこチャットしろよ!

もういいよもうおおおおおお。

ごめんってぇええええ。

僕が悪かったからほんともうh2さんもh3さんもほんとごめんってぇえ許してぇえ

もう終わらせてぇええ、この記事全然おわらないからぁあああ。

もう絶対これ無理。

絶対検索上位表示無理だわこれああおわったー何もかも今回むだっだったー。

開きなおるんじゃなかったよーほんと

 

レビュー記事っていうのはな、アフィとか言っちゃだめなんだよ(ごめんスタミナきれそうw)

 

はい、本当にすいません。

アフィってるとかアピールしちゃだめですねほんと。

やっぱりね、レビューって真摯にやるもんですよね。

あと、モンハンのチャットここでやるのやめてもらっていいですか?

スタミナとか勝手に回復してもらう感じでいいんで。

()つけても全然隠れてないんで。

もうこれ読んでる人的には無茶苦茶ですしね。

 

みなさんもレビュー記事は気を付けよう(砥石いります?)

 

はい、もういいです。

もう幾らでも()内でモンハンチャットやってくださいよ。

もういいよ、キレアジ抜群で双剣乱舞してなさいよもういよ。

 

 

というわけで、今回はアフィカスとして開き直ったがあまり、h2とh3タグに裏切られ、何一つSEO効果を生み出せない記事を作ってしまったαトラウトです。

 

でも、まぁ最後に悪あがきといいますか。

DCMドリル本当に使えるから!

あと、h2さんとh3さんの機嫌なおったら今度はインプレ記事をやろうと思います。

というわけで今回はこんなところでした。

みなさんもアフィカスとして開き直らないように注意してください。

では。

 

コメント