ルアー制作用にDCMドリルを買って本音漏れたらh2~h3タグがキレた

スポンサーリンク
釣り超コラム

そうだね、本当にそう。

ほんとうにいつもh3タグさんは優しい。ありがとう。もう<>から解き放ってあげたい位愛している。

 

さて、h3タグさんの後押しもあり、αトラウトがこのドリルで押したいポイントはやたら静かなところですね。

静かさはどれくらいかっていうと、少なくともαトラウトよりもサイレント。

ただ、今テキストの騒音指数がオスプレイと同じ数値叩いてるので、デモが起きない前に説明しないといけません。

 

騒音レベルはどれくらいかというと、少なくともホーマックに置いてあった電動ドリルの中ではだんとつ静か。

これくらいの騒音ならドア一枚へだてれば、音なんてしない程度。

実際に真夜中、ドリルを使ってみましたが嫁からクレームは一切きませんでした。

これなら騒音問題に悩む壁の薄いマンションに住む人も難なく使えます。

穴あけ用のドリルビットもある優しさ

そうなの。

やっぱh3は偉い。さすが。わかってる。

というわけで、DCMドリルにはちゃんと最初からドリルビットが付いているんですね。

僕はメタル系のルアーを作るために良く鉄板に穴をあけてるんで、最初っからこういうのがあると便利です。

他にも写真のとおり、色々なビットが付属してきます。

安いドリルですけど、最初っから色々できるようにオプションも充実してますね

 

リチウムイオンバッテリー付きで離れた場所でも使えちゃう

そうそうそうそうそう!

h3もう天才。さすが。h3タグさんほんとうにジーニアス。

 

というわけで、h3タグさんが言っているように、リチウムイオンバッテリー式の電動ドリルなのでどこでも使うことができますよ。

 

ちなみにスぺックはこんな感じ。

コードにつなげたままでも使えるんで、屋内ならバッテリーも気にせず作業に集中できます。

 

スポンサーリンク

DCMドリルのメリットとか伝えずらいわこの流れ

 

いや、うん、ほんとごめんねh2タグ。

本当にそう。ごめん。今回さすがにこの流れだと最高にメリットとか言いにくいし

 

ただのアフィカスがなんかホザいているな

 

としか思われない流れ。

けどね、もう今回本音でいくから。

本音でメリット伝えていくから、許してh2。今度はSEO的な仕事ちゃんとさせるからね。

 

というわけでメリットなんですけど、まず簡単な家具とか作るとかっていう人にはおすすめ。

最近はやりのDIYにはこれくらいの小さいドリルが便利です。

あと、女の人にもいいですね。お子さんとかにも。

自重が270gしかないですし、スーパーの業務用ブラジル鶏肉パックより軽いわけですからね。

 

それと、細かい作業にも向ています。

僕みたいにルアー作っている人とか、なんか木彫り細工している人だとか、東京五輪に向けてお手製の小型ボムを作っている人だとかにおすすめ。だめ、最後のはだめ。

 

音も静かだし、部屋でコツコツ作業する人にはこれくらいのドリルが丁度いいわけです。安いしね。

 

ライトも光るの凄いでしょ

そうそう、このDCMドリルはライトまで光るんです。

これで位場所の作業も安心。

夜間の作業でも使えますし、みずらい部分もライトで照らしながら穴をあけることができます。

 

とりあえずDCMドリルの文句言っとこうか

 

ごめんねそこデメリットに変えてもらえるかな?

だめ?ごめんねほんと。やる気なくなった?うん、ごめんね。

 

とりあえず、DCMドリルのデメリットはやはりパワー不足でしょう。

ガンガンと大工仕事やるようでもありませんし、パワー不足はいなめない。

コメント