レイクショアジギングでダム湖のトラウトを狙う時の戦法考えてたら寝そうだった

スポンサーリンク
釣り超コラム

レイクショアジギング。

それはトラウトフィッシングにおける禁断の釣法。

湖のそばに立ち、これでもかという強いロッドで、これでもかと遠投し、これでもかとシャクりまるく体力まかせのスポーツのような釣りである。

しかし、何かと体力に自信がなく、実はレイクショアジギングが苦手なαトラウトです。貧弱貧弱!

 

ですがね、まぁ貧弱のαトラウトなんですけど、どうやら今年はダム湖で本格的な釣りをスタートする予定です。

これは腕がまた疲れるなーと思っていますし、まぁ岸よりするやつをミノーで狙うのが良い気もしてますし、それで釣れるなら一番ですよ。できるだけ体力使いたくない。超なまけもの。動か無すぎて隣で熊が水飲むレベル。

 

ですが、そんな僕は案外レイクショアジギのほうが釣果が多かったりします

つまりですね、釣るならジグを投げるっきゃぁない。

というわけで、αトラウトが考えている今年のレイクショアジギ戦略を立てたいと思います。

 

スポンサーリンク

できるだけトゥイッチをしないですむメタルジグを使う

 

まず、レイクショアジギの最大の難関がトゥイッチ&ジャークなんですがね。

僕はこのトゥイッチ連発が苦手。

 

なんせ疲れる。

ワンピッチジャークですら疲れるマジで。

 

レイクショアジギングをやる人間としてはあるまじき発言だということは重々承知しています。

しかしですよ。

あれ本当に疲れる。

 

パンパン跳ねさせて釣るのは楽しいしはまるんですけど、1時間もすると手が痛い。なんか腕が痛い。おじさんもう疲れちゃうという状態になるわけですね。

 

で、そんなぐーたらおじさんが考えついたのが。

動きが少なめでも釣れるジグ使えば良いんじゃないの?

ということでした。

スプーンジグでスローなジギングをする

 

というわけで作ってたのがスプーンジグですね。

スプーンジグの場合、基本はトゥイッチではなく、リフトでアクションをつけ、フォールでスローに落とす釣りになります。

 

これなら疲れずに済むということで、レイクショアジギングもだいぶやりやすくなるだろうと考えたのです。

そのためにジグロックをやたら曲げたり削ったりと散々イジメてたわけで。今ではこんなカーブのきついスプーンジグを作ってるわけです。

このジグのアクションはかなりスプーンに近いので、リフトさせてあげるだけでクネクネクネクネ動いて労せずともトラウトさんを誘ってくれるじゃなかろうかと考えてます。甘いです。砂糖のように甘いスローなジギング。パンケーキでも投げてんのかって具合で。

 

中層から上を通しやすいメタルジグを使う

 

つづいて、レイクショアジギングでボトム付近よりも、案外中層より上でヒットしちゃうパターンが多いダム湖での話。

 

僕が通うダム湖でジグを投げると、大抵中層付近でヒットするのが通例。もしくはそれよりも上のレンジのことも多いです。

ボトムを意識するのがショアジギなんでしょうけど、実際のところニジマスさんなんかはボトム狙ってもさほど釣れないという感覚でいるんです。ダムの場合ですけど。

 

僕の去年のヒットパターンはジグを着水から14gのジグでカウント15でリフト(ボトムは25~30位)して、ジャークさせたほうがヒットが早かったです。

 

でも、中層からリフトさせるのと、ボトム付近からリフトさせるのでは、断然ボトムを取ってからのほうがゆっくりと攻められます。

中層だと、アングラーとルアーの角度が浅すぎるせいで、レンジキープがかなり難しい。軽いジグなら楽です。

コメント