氷の世界からの脱出とルアー危機一髪

北海道釣行記

さて、先日ダムでのレイクショアジギングについての作戦を練っていましたが、そろそろダムのほうの具合はどうかなと思いはじめてソワソワしはじめました。

河川のほうは前よりも落ち着きを見せていますが、まだまだ増水状態が続いているので、ホームの川はまともな釣りは難しそう。

だったらとりあえずロッドを持って、ダムのほうまで行ってみようかと思いたち、朝も早起きして2時間ほどの釣りにでかけてきました。

ダムはまだまだ氷の世界

ご覧ください、この一面の氷を。

もうそろそろ溶けてるんじゃないかと思いきや、どうやらまだ早かったみたいですね。カーリングでもできそうです。

「そだねー」と言いつつ北菓楼のお菓子でも食べたい気分にかられましたが、そんなことをしてもお魚には出会えません。僕が持っているのはブラシではなくロッド。というわけで、しかたないのでダムの下にある川へ。

ここは物凄いマイナーなポイントで、先行者なんて見たことがありません。

ただ、ダムの放流時にダムから流れた魚がいる。

去年の秋はこの川を下っている最中、サクラマスがいるのに気が付きました。あれは派手な婚姻色を出すのですぐに気が付きましたね。

でも、この時期に釣るのははじめて。

去年はニジマスとヤマメ、それと小さなイワナなんかがいたんですけどね。

 

というわけで、川に入れるポイントから下りはじめます。

雪も減り、春の訪れを告げる風景。

まだ雪はふっていますが、もうすぐ景色も変わりはじめるはず。

 

今日は下りながらの釣りということで、ミノーイングでいくことに。

とりあえず使うのは、ドクターミノー5s

赤金を使って流していきますよ。

とらいえず下っていきますが、ダムから溢れてきた水が結構多い。

どこかに魚がいないかなと思い川沿いを歩いていきますが、バイトはなし。

まぁそんなもんだろうなぁと思ってとにかく下っていきますが、やっぱりバイトはなし。

いやいやそんな冷たくしないで、まだはやいの?下流ではニジさん元気だったよ?月曜だよ?仕事ですよ?憂鬱さに耐えつつ週末への希望を祈る暗鬱とした朝ですよさぁ起きて?

 

と思っても、どうにも魚の姿がありません。そんなに仕事が嫌か。僕と一緒じゃないか。

 

去年ヒットした幾つかのポイントにもお魚さんはゼロ。

先行者なんかいませんし、これは完全に僕のウデが悪い系のやつですね。

枝が落ちたあとと、わずかなヘコミ。

よく観察してみると、凍って固まった雪の上に何かが歩いたようです。キツネでしょか?

ただ、僕はゴンギツネをする気ではないです。

欲しいのはお魚。

とにかく川をくだりつつ、ドクターミノーを流し、いそうな場所に届けていきました。

 

このダイワが産んだ保険適応内の激安ミノーなら釣れないわけがない。

と思いきや、其の彼にピンチが起きることになるとは

 

ドクターミノーのピンチ

 

 

大変です。ドクターが枝にひっかかてしまいました。

このままでは命があぶない。

 

きっと血が逆流しているからでしょう、なんか顔が青黒くなっています。

危ない!どなたか、どなかたお医者様はいませんか!!

 

おもわず医者を呼ぼうかとおもいましたが、現在ドクターは枝に逆さ釣りの真っ最中。

まさか魚が釣れないからといって、ドクターみずから釣られにいくとは。まさに献身の鏡。ドクターーーーー!!!

 

しかし周囲にはドクターはいない。

いるのはジョイントのドクターミノー5Fですが、無免許が原因で自宅にひここもってます。ピノコ連れて助けにコイよクソ。

というわけで僕が救出に向かうことに。

ここまで一匹もつれず、もうそのまま帰る直前。

つまり坊主の状況で、まさかルアーまでロストするなんて絶対に許されません。

なぜなら、年収300万円以下の男がボウズの末ルアーをロストすると突発死のリスクが高まるから。

死にたくない。こんなところでドクターを失って死にたくない!僕はまだ魚を釣ってないんだ!

という一心で枝をかきわけ、冷たい水にひたりながらルアーに手を伸ばすと

ようやく無事回収しました。

ドクターご無事でなによりです。

もしこのドクターを救えなければ、自分の心臓も止まるところでした。

 

というわけで、一匹も釣れずに風景だけ楽しんで帰宅。

釣りさえしてなければきもちいの良い朝の散歩なんでしょうけど、さわやかな朝にしては危険なピンチを乗り越えるはめになり、さらにこの悔しさ。おのれぇえ。

 

とりあえず釣りにいけるチャンスは増えてきたので、この川でも一匹釣りたいところです。

コメント