謎のルアーを追え!深紅のスピナーと忘れられたオリンピック

スポンサーリンク
釣り超コラム

 

物には歴史がある。

とはいうものの、それは歴史を知る人間がいてこそ、はじめて価値が生まれるというもの。

それがなければ、いかにレアなルアーだろうと、わずか200円でタックルベリーで売られてしまう。

そんな正体不明の中古ルアーにスポットライトを当てようというこの企画。

名づけて「謎のルアーを追え!」

こんな企画をやる以上、もはや奇妙な中古ルアーに魅入られ抜けられなくなっているαトラウトです。名付けてる場合じゃない。だれか助けて。

 

さて、前回中古ショップで購入した謎のスピナーについての記事を書きましたが、今回はその続きになります。

謎の中古ルアーを追え!ダイワの謎のスピナーを手に入れた

スポンサーリンク

中古ショップで深紅のスピナーを手に入れた

今回調査するのは、この200円で見つけてきた真っ赤なスピナー。

一見してかなり古そうですし、塗装もはげかけています。

しかし、この深いレッドのスピナーは見ためもキレイだし、なんだか惹かれる魅力があり購入してきました。

 

スピナーって、なんだか懐かしさを誘うルアーですよね。

僕がスピナーを使ったのも、まだ釣りもしらない子供のころでしたが、その時に「ただ投げて巻けば釣れる」という手軽さで小さい魚を何匹か釣っていたのを思い出す。

 

このスピナーを買ったのも、そういう郷愁に似た気持ちもあったかなと思います。

デザインは妙に古い。

というか、ウェイトやフック、その色や質感がもう懐かしい。

たぶん、このスピナーをもって「これ使ったことある?」と聞いてみたら、誰もが「前に使ったことあるかも」というデザイン。

一回も投げたことないのに、なぜか投げたような、むしろ魚すら釣ったような記憶すらある暖かさがあります。

しかし、その記憶はやはり偽物なんでしょう。

こんな真っ赤なスピナー投げたことないですし、ルアーのロゴにも見覚はまったくありません。

 

 

かなりかすれていているのと、赤背景などで読みずらいですが。

どうやら「OLYMPIQUE」と書いてあります。

さらにその下には、ロゴと思わしき3つの丸が重なり合った線。

さらにその下には「MADE IN  FRANCE」という輸出元の国の名前が彫られています。

どうやら今回のスピナーはおフランスの出身らしい。

また手ごわそうなのがやってきましたよ。

 

スピナーというのはフランスが主な生産国らしくて、かの有名なメップスにダイワが輸入しているブレットンもすべてフランスが生産しています。

そのフランス生まれのスピナーに、OLYMPIQUEなるものがあったなんて…しかも僕はルアーにはそう詳しくはありません。

というか、そもそもOLYMPIQUEってなんて読むのか?今回はそのあたりから調べていきたいと思います。

OLYMPIQUEはフランス語で「オリンピック」という意味

 

今回はルアーにブランド名があったので助かりましたが、残念ながらこの読み方がわからないと調べようがありません。

 

そこでフランス語だろうとあたりをつけて調べてみると、どうやらフランスで「オリンピック」という意味らしいです。

 

ううん、やっぱり聞いたことありません。

僕が知っているのは日本のオリンピックというメーカーだけ。

というか、これはオッサンなりたての僕でもギリギリ知ってるメーカーですよね。

僕の家には子供の頃に買ったこのメーカーの中古ルアーが転がっていたりして先日発見しました。

 

でも、今回のオリンピックはフランス製。

しかも日本のオリンピックはOLYMPICですし、まぁ違うメーカーでしょう。

それに、オリンピックという名前なのに、なぜかマークは三輪です。よくわかりませんねこれ。

コメント