激安のスピンテールジグをトラウト用にカスタムする

スポンサーリンク
アイディアなど

プルーストは言いました。

「死が予測できないという人間は、死が将来起こりえないと確信しているからだ」

この言葉が意味するのは、身近に何かを感じる人間ほど将来を予測できるということ。

危機感を持つことは、未来を見通す唯一の方法でもあるのです。

 

そして道北の貧学者、αトラウトは次のように言っています。

「金がなくなることは予測できないという人間は、車税で8万もっていかれないと確信しているからだ

というわけで、将来こんなことになるつもりは無かったαトラウトです。

車検+車税ですでに30万円近く支払うことになっていますが、みなさんいかがお過ごしですか?元気ですか?元気?そんなわけないでしょう。みろよこの文章を。もう一円だってないやつ特有の開き直った文体だろうが

貧学者ともなれば文体一つみるだけで相手の貧しさを知れるというもの。

ちなみにこの文体は月の給与が20万円前後のやつの文体です。

これが10万円くらいになるとさらにキレッキレの文字を書けるんでしょうが、そこまで貧学にうちこむと命があぶない。ブログのために命を落とさないように気を付けましょう。貧困を覗くものは貧困にも覗かれているってニーチェも言ってましたよ。

 

ということで貧学者αトラウトの講義なんてここまでにして、そのあたりにあるスピンテールジグをトラウト用にカスタムする方法をご紹介

安価なスピンテールジグをカスタムすることで、多くの貧しき釣り人を見事レ・ミゼラブルしようかと思ってます。さぁ、まずはフランスパンを奪え。

 

スポンサーリンク

スピンテールジグのトラウトカスタム

 

というわけで、みなさんがフランスパンを盗んでレミる前に、まずはこれが冗談だということを伝えつつも改造方法について詳しく説明します。

 

まずこのブログをお読みの方ならおなじみのゲキブル君。

このゲキブル君はブレード付きのものが売っておりまして。値段がなぜか普通のゲキブルと一緒。スピンテールジグとしても売られてるんですね。

ゲキブルは絶対おすすめのルアー【レビュー】

 

 

ですが、いざトラウトフィッシングとなると、このブレードを外してしまいがちです。

もったいない、それはもったいないですよみなさん。

なにせ今、北海道のトラウトフィッシングではスピンテールジグが地味にはやりつつあります。

で、トラウトに強いメーカーもスピンテールジグを開発。

もともとはバスフィッシングで流行ったのがトラウトにやってくるという、いつものパターンですが、そうとわかっていても使いたくなるのがアングラー魂。

やっぱり、「これ釣れる!」ってなるとムズムズしますよね。

そこで「なんか安いスピンテールジグがないかなー」とか探している人は、わずか200円で売っているゲキブル・ブレードに目が奪われるでしょう。

いや、でしょうではありません。

貧学的に言って間違いない。

 

ですが、こんな大きなブレードがあると、フック部分にバイトしてくれるか不安ですよね。

そういった部分も考慮して、一流メーカーのスピンテールジグはたいていボディとブレードの間を短く設計してますよ。

それに、トラウトはブレードに対してバイトしてくる習性が高い生物。ルアーに対してアタックはあっても、乗らないというこも増え、逆にストレスになるかもと不安だったり。

しかしご安心ください。

貧学者αトラウト、たとえ一流メーカーでなくとも、安価なスピンテールジグを対トラウト用にカスタムし、フッキング率を上げる方法を思いつきました。

スピンテールジグのブレードにフックを装着する

 

こちら、前回カスタムしたスナッグレスモデルのゲキブル君です。

コメント