なんか古いリールをよみがえらせようとしたらゾンビ化した

超コラム

はいどうもαトラウトです。

今回はなんか古いリールがあったのでそれをリメイクしてみました。

 

 

まぁこれです。

これは自宅においてあったリールですが、猫と遊ぶようのセットリールについてきたやです。

で、とりあえず現在自宅のリフォームという名のDIY中のαトラウトは、自宅に塗料やらが転がっているわけですよ。

まぁリーフォームっていってもだいたいダイソーなんですけどね

で、このセットリールもついでに塗装してやろうと思ったんです。

 

さてどうしようか。

どれだけオシャレにしてやろうかと思ったんですが。

まさかのゾンビ化です。

こわ。

なにこれ怖すぎ。

なんでこんなことになったのか自分でもわからないんですけど。

ネットフィリックスで死霊のいけにえ見ながら塗ってたらこうなっちゃったんですね。

あるあるってそんなわけあるかい。

どこのリールが修理したらゾンビ化してるんだい。

リールを修理するときににブードゥーの魔術でも使ったんかい。

と、わけのわからないペイントをした自分に怒涛のツッコミをしてドーン・オブザ・デット。

 

そんなゾンビ話はおいておて。

さらに死にかけていたグラッシーロッドを復活させるため

 

ロッドのグリップをばっつりとカット。

じつはロッドの先端がオレてしまってたんですね。

で、これを修理してショーティーなロッドにして使おうって魂胆です。

ですが、このゾンビリールを付けるとどうにも怖い。

これで渓流なんていけない。

ぜったいにはずかしくていけない

 

しかし、なんでしょうね、この悪ふざけをしたい欲望。

僕の中の全力でひねくれた部分がうずきだす。

もしかして。

いや、まさか。

こんなタックルで渓流いかないよね?

とにかく不安ですが、とりあえずこいつで渓流に行ったとしたら

なんて考えたくはありませんが、αトラウトのことです。

このキモタックルででかけないように今から強く祈っておきたいです。

コメント