ゾンビタックルで朝の釣りウォーク

北海道釣行記

はいどうもαトラウトです。

ここ最近気温が急激に上昇。

ようやく道北でも渓流に行けるようになったんですが、まだ水量は多くてみんな川は避けてますね。

でも、釣れないだろうなとわかっていても我慢ならんと、今日は旭川まで車を取りに行かなきゃならないのに、早起きをして渓流を見に行きました。

ゾンビタックルを使ってみることにした

というわけで、今回はゾンビタックルを使用してみることにしました。

こちら、前回の記事でカスタムした使えないリールと折れたロッドです。

いくらコスパ系釣りブログだといえど、修理というか死者すら復活させてまで釣りをしてます。もう狂気しか感じません。

 

ちなみに前回の白系から艶消しブラックに変更済み。

カラーは死霊のえじきを見ながら作ったことから死霊リールと命名しています。

 

ロッドは折れてしまったグラッシー。

 

それから一度も使っていなかったのですが、今期渓流で復活を遂げるためディップを整えブードゥーの魔術により復活。5fショーティグリップのゾンビロッドとに蘇ったのです。

 

まぁですよ。

 

いまだかつて、これほど腐臭漂う渓流タックルがあったかと。

 

というかですよ。

 

ここまで恥ずかしい渓流タックルがあったかと。

 

僕は少し今、冷静になりたいと思います。

 

とにかくです。

渓流釣りってこんなんだっけ?いや違くね?

ていうか、そもそもこのタックル。ただストレス発散のために作ってしまったとは言えない。

まさか貧困のストレスをぶつけた結果地獄のようなタックルを生んだとは口が裂けてもいない。

本来なら、このブログにも

「遊びでゾンビタックル作ってみました!これで釣れたらおもしろいですよね?」

とか書ければいいんですけどね、いかんせんそうじゃない。

正直にいいましょう。

 

今、渓流ロッドこれしかない

 

あとのロッドぜーんぶ7フィート以上しかない。

 

だからね、こんな冗談みたいな真似しちゃってるんですけど。

渓流で釣るとなったら、今のところ、これ使う以外ないんですよ。

 

ああ!もうばか!

αトラウトのバカ!!なんでこんなゴミみたいな駄作を生んだんだ!

 

そうやって自分自身を攻めつつ、やわらかーく自らの頬を叩いて自分に鞭をうったりしたんですけど。

しょがない。

やっちゃったもんはしょうがない。

、結局は自分には世界一甘い。

パンケーキにシロップかけて餡子サンドしたみたいに甘い。 

 

なので、せっかく作ったこいつでとにかく釣りにいくしかないなと、ゾンビが一つも似合わない道北の渓流で使ってみようと思います。

 

渓流ウォーキング・デット

 

春も近い道北手塩川の渓流域。

気温も暖かくなり、歩きやすくなってきました。

この時期の渓流はすごい良いですね。

気温もあがりはじめているし、これから釣果が上がってくるだろうという期待にも満ち溢れています。

そういえば、僕が釣りをはじめたのは、これから一か月後のこと。

すでに雪も解けていたのですが、この時にこの川で50Upのニジますと出会ったんですね。

名もなき支流というか、里川レベルのこの川。

とくに理由もなくウェーダーをはいて水の中にはいってみると、ああ、水温があがっているなーというのを実感。でもまだ寒いですけどね。

とにかくいい気分です。

川の中をあるきつつ、ルアーを投げていく。

すると、白い影が川沿いにいる。

誰だろうと思って目をこらすと、人じゃなくて鳥。

白サギだ。

彼らもようやく暖かくなってきて、川沿いにあつまりはじめているんだろう。

きっとお前も魚を待ってたんだな。と、久しぶりと声をかけたくなる。

もうそろそろだね、魚がこの川に入ってくるのも。

なんて言いながら

 

ゾンビタックルで攻めてるんですけどね。

 

怖い。

なにこの春の小川にまるで似合わない狂ったタックル。

リールを巻くたびに川せせらぎと共に怨念がまじってくる。

この美しい風景にまるで溶けこまない。

渓流×ゾンビという新ジャンルですしね、ネットフィリックスだってこんなキワモノ配信しないでしょうよ。

でもですよ。

とりあえずこれ、持ってきちゃったんだから投げるしかない。

そんな感じでロッドを振っていくんですけど、釣れません。

さすがに魚も、このタックルの不気味さに気が付いてしまったのでしょうか。

警戒心をあらわにして逃げていきます。

きっと、僕に釣られたらウィルスを移されると思っているのかもしれません。

 

 

だとしたら辛い。

あまりに辛い。

 

 

あまりにも絵ずらが地味すぎて辛い。

 

こんな冗談みたいなタックルを一人でふるっても、誰一人突っ込んでくれない。

きがつくとサギが僕のこをガン見してます。

こいつ頭大丈夫かなって心配されてる気がします。

もう無理。

隣にソデのない金髪のボウガン使いがいたらまだ大丈夫だと思う。

けど、この道北渓流には僕一人。

バットもったおっさんも

カタナもった黒人姉ちゃんもだれもいない。

辛い。

もう世界で僕一人だけが残った気分で、僕は悟った。

これか、これが僕のウォーキングデッドなのか。

むしろゾンビ化してるの僕だけなのか。

つらい、みんなゾンビにしたい気持ちになる。

あのシリーズを見ながら「あーそうやっちゃうの、それは無理でしょー」とポテチを食いながらソファーで寝転んでいた僕を攻めたい。

あんな過酷なこと、この世にそうないよ本当に。

ゾンビロッドを使ったら心が腐った

 

せっかくよみがえらしたゾンビロッドの初釣行でしたが

予定通りのノーフィッシュという結果でした。

 

まぁね、ほんとうにつらい。

投げれば投げるほどに釣れないし

投げれば投げるほどに心が腐ってく。

バタリアンじゃないんだよ。

ワックスワークじゃないんだよ。

なんでこんなに釣りをして心が腐らなきゃいけないんだよ。

 

でも、案外使い勝手は良いんですよ。

グリップ鬼のように短くして、ULから若干柔いLになって5フィートになってるんですけど、キャストが楽。まじこれ楽。

リールはゴミみたいな性能ですけど、とりあえずドラグをたいして使わないこと前提。渓流だからなせる業な気もしますが、これで大物かかった日には一瞬で大破しそう。ゾンビなみの耐久度しかない。それも初期ドーンレベル。

いろいろな意味でスリリングな釣りをしているわけですけど、なんでしゅか、とにかくこいつで一匹つ釣ってみたいと思うので、時々使っていこうかと思います。

 

そういえば、ダム湖のほうはどうなんだろうか?

マイホームダムの調子がよければ、早速いきたいんで、とりあえずチェックしにいきたいですね。

コメント