朝のダム湖下渓流でゾンビタックル初ヒット

スポンサーリンク
北海道釣行記

ただストレスがたまっていたせいで、ゾンビタックルを作ってしまった。

その業を背負い、地獄の渓流ウォーキングデッドをするはめになった前回。

 

あまりにも辛すぎるノーフィッシュ釣行に耐えかねたものの、現在手元には5フィートクラスのロッドがこいつしかありません。

 

自分で作っておいてなんですけど、すぐさま手放したい。

これよりも良いタックルなら山ほどあるはずとアマゾンをポチろうとする。

が、しかしαトラウトは現在徹底的金欠

もうビタ一文すら釣り具にかけるお金がない。というかビタってなんだ。ビタミンBが一つもない状態の略だとしたら死んじゃうよ?

 

すいません、話がズレました。

 

たしかに現在釣り具にさくお金はありません。

が、しかし。

皆様がこのブログのアフィリンクを通して購入してくれたおかげで、アマゾンポイントや楽天ポイントがちゃくちゃくと溜まっております。本当に感謝です。

というわけで、みなさまのお恵みを使い、激安ロッドを買おうかと思うのですが、いかんせんまだ選びきれずにいますので、その間はゾンビロッドを使い続けるしかありません。

スポンサーリンク

再びの渓流ウォーキングデッドへ

春のどちゃ濁り状態の渓流へ今朝もやってきました。

抑えきれない衝動。

どんな状態だろうと、タックルがゾンビ化していようとも、結局釣りにきてしまう自分が憎い。釣れないとわかっていても、そして事実釣れなくても、なんどもなんども釣り場にやってきてしまう自分。もはやフィッシングウィルスに感染したフィッシングゾンビです。

 

そんな釣りゾンビがやってきたのは、ご近所にある小渓流。

この川はニジマスがメインで、たまにイワナが登場してくるくらいですが、とにかく家から近いということでご近所釣行のメインフィールドになっています。

 

自作の木製ルアーボックスが渓流に映える

 

今回から前回作った端材木製ルアーボックスを渓流に持参しています。

この渋さ、たまりません。

ボックスをあけ、ルアーを取り出すだけでもはや満足。

 

よし もう帰ろう。

 

としようと思ったのですが

いつの間にゾンビタックルさんの準備が万端のようです。

いつのまに・・・

まるで意思があるかのように吸いついてくる

ていっても、今日このどちゃ濁りではどうせ釣れないのだから、そんな熱くなる必要になることもないのに。

ゾンビタックルが本領発揮

 

さっきのポイントはあまりに濁りが多いので上流のダム付近に移動してきたら、なんと水がクリアになっているではありませんか。

まさかゾンビタックルはこれを予見していたのか?

ゾンビの呼び声の通り、ダムの下側をせめていくと

 

すると、即座にヒット。

ゾンビタックルでの初のおさかなさんは、ニジマスさんです。

サイズは小さいですが、どうですかこのリールの表情。

 

なんとも禍々しい笑みを浮かべています。

コメント