スピンテールジグのトラウトカスタムが釣れる

スポンサーリンク
北海道釣行記

激安スピンテールジグでトラウトが釣りたい。

そんな貴方の希望。いや、僕自身の切なる願いに対して忠実に応えたいαトラウトです。

しかし、自分に正直でいるのも楽ではありません。

専用のものでない限り、スピンテールジグはトラウトフィッシングで使うには問題点が沢山。

というわけで、前回の記事で色々とカスタムを施したわけですが、このスピンテールジグを使って実際にトラウトを釣りに行こうかと思います。

激安のスピンテールジグをトラウト用にカスタムする

とりあえず、フッキング率の悪さと尺程度のお魚さんでも食ってくれるように改造しているので、実際にエリアで試してみます。

スポンサーリンク

早朝にダム湖にやってきた

まずは早朝。

この日、前日にバーベーキューをやったわけですが

あまり得意でもない安酒をかっくらい労働階級の休日を楽しんだ結果、恐ろしいほどの速さで熟睡。朝4時には目が覚めてしまいました。

それなら釣りにいくしかないでしょう。

というわけで、ふだんは行かないほうのダムへと向かってみます。

このダムは去年一度釣りに行き、小さなニジマスを一匹釣っただけの場所ですが、この時期はどういう感じになっているのか?

インレット側にとうちゃく。

こまで徒歩で向かったのですが、ヤブをこぎ小川を超えるダイナミックエントリー。

朝からインディー・ジョーンズしている場合じゃない。

そんな冷静さがあれば、こんな所にはこなかったんでしょうが

とにかく鳥がすごい。

写真はインレットの小川なのですが、この向こうに小さくうつっている白鳥が、僕がくるまえまで、このあたりを占拠していました。

さらにダム湖全体が渡り鳥たちのモーテルになっているらしく、飛来してきた白鳥、カモなどが大量に水に浮かんで朝から大合唱。

さらに羽をバタつかせて大騒ぎしてます。

なんでしょうか?朝っぱらからダンスバトルでもはじめたんでしょか?

 

「てめぇオレのシマあらしやがってファッキンメン?」

「ワイ?なにいってんだ今日この場でお前はRIPだぜニガ?」

「ヘイガイズ!もう血を流すのはやめな・・・ここは、ダンスで勝負だ!」

バタバタバタバタバタバタバタバタ!!!

みたいな勢いで一斉に翼をひろげて騒いでいる。

なんか4体4のチーム戦みたいになってる。

ギャング同市の争いで多くの血が流れていたんでしょう。

ダンスで決着を付けることで平和と文化を手に入れた、これぞまさにヒップホップ。

そんなブロンクス出身の白鳥さんたちを眺めつつ、とりあえずルアーを投げる。

が、これまたゴミが凄い。

投げれば投げるほどゴミが釣れます。

しかも水の濁りも相当きつい。

そういえば、前回このダム湖におとずれた時も濁りがすごかったんですが、なんか変な匂いがやけにするんですよね。

水質が相当悪いのがデフォルトなんでしょうが、インレットからも濁りだらけの水が入りまくってる。これはダメだなと思い撤収。新規開拓探検は失敗におわったのです。

お昼にいつものダムに向かった

 

コメント