シュガーディープを購入したのでカラーチェンジをした【レビュー&カスタム】

スポンサーリンク
ミノー

 

シュガーディープを買っていたのでそのレビューです。

 

それにしても、シュガーディープをぶん投げる日が来るとは。

このαトラウト、このルアーを使うとなるといよいよ引き返せない釣り中毒になっている気がしてなりません。

 

というのも、僕の中でのシュガーディープのイメージは「雨の日も風の日も何日も釣れなくてもひたすら大型河川で希少な大物だけを狙い続ける」という狂気の世界だから。

 

そんなルアーフィッシングをしてみたい気持ちもあこがれもあるわけですが

なにかそう、なんとも恐ろしい。そういう世界に釣り人をいざない続けてきた、まさに狂気的なルアーです。

スポンサーリンク

大物用にシュガーディープを買っておいた

 

釣りの狂気に片足を突っ込みそうになっているαトラウトですが、中古で激安シュガーディープを恐れつつも購入してしまいました。

というのも、シュガーディープといえば対大物用ミノーとして旋風を巻き起こしたというルアー。

釣り歴の浅いαトラウトですらその武勇伝は聞き及んでいるレベル。

そんなルアーが中古市場にあったので、試しに買ってきました

 

いわゆる伝説のサクラマスルアー

 

シュガーディープといえば

いわゆる伝説のサクラマスルアー

というルアーでしたよね、確か。

 

というのも、このルアーが大流行したころ、αトラウトは一切釣りをしていませんし、今のように極貧でもなんでもなかったのである。

 

それがまさか貧しくなったついでに釣りをはじめるとは思いもよりませんでしたね

 

シュガーディープはもともとサクラマス用に作られたルアー。

どぎつい本流の流れの中、サクラマスが潜む水の底へとルアーを届けるために作られているため、激流の中でとても強い。

 

一時期、サクラマスのすむ川には大量にシュガーディープが投げられた結果、川底が根掛りをしたシュガーディープの絨毯になったという逸話すら残っているとかいないとか。

そんなわけあるかーいと思いネットを調べてみると、九頭竜川の2000年初頭では300個近くのルアーが回収され、そのうち半分近くがシュガーディープだったとか。当時の大流行ぶりがうかがえるデータですね。

 

イトウ釣りでも伝説に

シュガーディープが北海道に残した伝説はサクラマスのほうではなく、イトウのほうです。

 

シュガーディープが北海道にやってくるまで、イトウ釣りといえばスプーニングがメインとなっていたようです。

 

ところが、流れの底へとルアーを届けるために使えるミノーとして、シュガーディープが登場。

これ以来、イトウ釣りでもミノーが使えるとわかり、多くのイトウ釣り師がミノーに乗り換えていったようなんです。

そのきっかけを作ったルアーの一つが、シュガーディープなんだとか。ほえ。そうなのか。全然知りませんでしたよ。

というわけで、ぼくがこのシュガーディープを購入したのも、やっぱりイトウを釣りにいったときに使えるんじゃなかと思ったから。

一応シュガーディープのスペックを

これくらいの伝説のルアーとなるとスペックを書く気概というのもが消えるのですが、一応調べてまいりました。

 

SUGAR DEEP 80 F 

●アクション レギュラーウォブリング
●深度 2.3m
●サイズ 80mm
●ウエイト 8.5g
●フック #6
●リング #3
●MZ-19重心移動(小径ツインボール・フルウェイト重心移動)搭載
●標準小売価格 1,650円+税

SUGAR DEEP 90 F 

●アクション レギュラーウォブリング
●深度 2.5m
●サイズ 90mm
●ウエイト 11.0g
●フック #6
●リング #3
●標準小売価格 1,700円+税

(引用元:http://archive.bassday.co.jp/a_products/trout/sugardeep/sugardeep8090.html)

こちらが2018年のスペック。

ちなみに年毎カラーが変わっているんで、気になる人はリンクからチェックしてください。

流れに強いディープレンジ攻略用ミノー

このシュガーディープがサクラマス・イトウ釣りで爆発的に売れまくった理由は、流れの中でのディープレンジ攻略がとてつもなく得意だったからです。

 

引き抵抗が軽く流れの中でも安定。

だからこそこぞってシュガーディープを投げ続けていたんだとか。

で、昨年から釣りをはじめた僕からすると「え?そうなの?」という感想なんですね。

まぁですね。

流れの中でボトムを攻めるためのルアーって、現在相当数発売されているじゃありませんか。

というかですよ。

そもそもフローティングのディープダイバーじゃなくて、シンキングミノーを使ってボトムを狙う人も増えている。

さらにバイブレーション系を使う人も増えた結果、流れの中のボトムを狙う釣り方は、何もフローティングのディープダイバーだけのものでもなくなっています。

 

ていうのは、今現在でのお話。

 

このシュガーディープが発売されたのは1994年。

こんな時代に、河川でのディープレンジ攻略を可能にしたシュガーディープはそれはもう売れに売れたみたいですが、僕が中古で買ったシュガーディープもかなり古いモデルぽいです。

コメント