渓流クランクベイトでトラウトを釣ってみたい

タックル考察

なんか渓流でクランクベイトを使ってみたい。

そんな衝動に駆られたせいで、なんか色々と集めてみました。

もちろん中古で。

というわけで買ってきました。

左から激安で有名なダイワピーナッツ

で、激安クランクのアルタイル

最後にテイルウォークの激安クランク

 

占めて400円

中古ですら激安商品を買うのがαトラウトのポリシー

 

というわけでもなく、ただ安かった。

中古ですら激安だったわけで。

これ以上の魅力がこの世にあるでしょうか。

という具合です。

 

むしろ、この安さで買わないほうがおかしい。

例えるなら、目の前にミューツーいるのにモンスターボール投げないようなもの。

いやむしろ、ここはマスターボールなはず。

これまでの道中温存しまくっていたマスターボール(100円玉)をすべて使い果たす勢いで投げる。そういうレベル。

 

ですから、クランクベイトを買ってきた。

というわけなんですけど、ただ安いからクランク買ったわけでもないんです。

クランクベイトでトラウトを釣りたかった

 

ひとえにです。

クランクベイトでトラウトを釣りたい。

なんかそんな衝動に駆られたわけで。僕はついにトラウトフィッシングにクランクベイトを導入しようと思ったのです。

 

渓流用のクランクベイトって、あんまり見ないですけど、エリアでは結構ありますよね。

で、クランクの何が良いかって。

その見た目。

つまり可愛さ。

=√ジャスティス

というパルメデスの法則により実証されている何か。

いやどうでもいいです。

つまり、この可愛いルアーで渓流を攻めたいと思っていたわけですね。

 

色々とルアーを使ってみて、自作ルアーはガチで釣るために作っているαトラウト。

そして去年一年を通して釣りをした結果

僕的には「面白いルアーで釣る」ということがなんか性に合っている気がしていたんですね。

で、中でもクランクベイトって、見た目も可愛いし釣れたら面白いルアーだなと思って。

渓流でのミノーイングに飽きたとかってわけでもないんですけど

むしろミノーイングとか全然きわめてないんですけど

クランクベイトを見ていると、こう

癒されるんですねこれが。

で、しかも変な顔というか。

もう絶対お前ウケ取りに来てるだろみたいな。

そんな愛嬌あるルアーで釣りをしてみようかと思ったわけです。

とくに、ダイワのピーナッツとか顔芸だけでM-1グランプリ優勝しそうなやつですね。

クランクってどう使ったらいいの?

で、購入してしまってから悩んでいるんですが。

そもそも渓流でクランクってどう使えば良いのか?

さっぱりわからないってことです。

渓流でもシャロークランクなら使える。

でも、ディープクランクはどう使えばいいのかさっぱりわかりません。

思うに、ダウンで引くと大暴れするのは間違いないと思います。

でも、アップクロスで引いてきたら、この大型リップがシャッドよりも深いレンジに届くんじゃ?と思っていたり。水噛みが良いなんてレベルじゃないでしょこれ。

 

あと、フローティングミノーに比べると、ボディは太いけれどボディ全長が短めなところとか。あんがい根掛しないところとか。重量が重めなところとか使いどころありそうな気も。湖で投げてブレイクめがけてゴリゴリアタックでしょうか。

 

でもテイルウォークのSSSクランクに関してはあまり心配してません。

もともとエリアトラウト用のクランクですし、シンキングですから。

とにかくさっぱり使ったこともないですし、使い慣れたミノーやバイブレーションのほうが楽なんですけど、今後クランクも導入してみようと思います。

実際に渓流でクンラクベイトを使った記事はこちら

 

コメント