激濁りの中全バラシの朝渓流

スポンサーリンク
北海道釣行記

 

今朝は小雨というものの、この日は日中から旭川に行く予定。

先日の紋別小旅行からほとんど釣りをしてないαトラウト。

世間はゴールデンウィークだというのに、この時期に限って釣りができないのはなぜなのか。

そんな中、今朝2時間ほど近くの渓流の様子を見に行ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

激濁りの渓流に到着

今朝は渓流釣りがとにかくしたかった。

そんなわけで、近くの渓流に朝いちばんでやってきました。

ここは非常に不人気なスポットであり、このゴールデンウィークだろうと釣り人はやってきていないだろうという魂胆。ダム湖のほうはゴールデンウィークは叩かれまくっていること必須。というわけであえての渓流です。

しかし、今朝まで降っていた雨+雪解け水の影響でとんでもない増水状態。しかも濁りが凄すぎる。

だめだ、これはもしかしたら釣れないかもしれない。

そんな弱腰のαトラウトですが、自前の木製ルアーケースの中から声が聞こえてきます。

「なに弱気になっとんじゃわれぇ、はよワシを使わんかい」

こ、この覇気に溢れた声は

エックスラップカウントダウン5!

ラパラの若獅子、XRAPCD5。

ラパラの天下を取らんとする野心家。

前回の釣行から非常に濁りに強くアピール力が高いことで知られている。

なるほど、XRAPCD5か。

と、さっそく投入。

とりあえず流れが強すぎるため、流心は避けつつ攻める。

アップクロスでは勢いよく流されすぎるのと、活性がとても悪そうなので、今回はダウンで。

XRAPCDを沈めてから、流れにのせつつドリフト。

するとバイトがある。

さすがですXRAPCDさん。

続けて投げていくと、調子にのって沈めすぎたのか根掛。

「あーまずいこれはまずい」

と、回収しようと引っ張ると、いきなりXRAPCDさんが暴れはじめる。

さすが王の継承者。根掛すら覇気で外そうとしているのだろうか。

そう感心していると、いきなり竿先が引きずり込まれる。

いや、XRAPCDさんではない。

 

魚だ

 

そう思った瞬間、ロッドが一気に引き込まれる。

なんだこれはいったいまじかいやヤバいってうえぇえええ!?

と言っている間に、首振り一発。

そのままXRAPCD5が水面に浮いてくる。

おずおずと回収すると、竿先でXRAPCDさんが僕を睨む。

XRAPCD5「オドレなにしとんじゃぁ!完全に食っとったんぞおぅ!?」

スイマセンスイマセンスイマセンスイマセン。

とルアーに対して土下座した人間は僕位のものでしょう。

しかしXRAPCD5、ともかく覇気が凄い。

もはや僕はルアーを投げているのではなく、完全に投げさせられている。

XRAPCD5「おぅ、次投げろやぁ・・・しくじったら承知しねぇからな、俺の覇道止めてんじゃねぇぞ

僕「ハィ!わかってますハイ!」

というわけで、恐れ多くもキャストさせていただきました。

確かに、その後はXRAPCD5さんの力でバイトがある。

しかし、フッキングしようと思った瞬間にスッポーンと抜けて帰ってくる。

コメント