色んなメタルジグを試してきた

スポンサードリンク
北海道釣行記

昨日旭川動物園に行ってきたαトラウトです。

旭川に行く用事もあり、妻が動物園に行きたいというので行ってきましたが、やはりすごいですね。

特に僕はフクロウが好きでして、旭川動物園でもフクロウ見まくりです。

が、その前に短いながらも今季に購入したメタルジグやら、自作のpe糸絡み防止ガイドのテストに行ってきました。

スポンサードリンク

バイトなかったけど色んなジグを投げ続ける

とりえず色んなジグを1時間ばかり投げ続けるだけ、という湖畔の一人大運動会をしてきました。

いやいや近頃運動不足でしてね。

これはメタルジグでも投げて運動しないとなと。

ちなみに、レイク  ショア  ジギングは僕にとっては完全にスポーツ。

さらに、ここで無駄にポイントを変えて歩き回ることで余計に疲れてカロリーを消費することで、運動不足を解消。

お陰で旭川に行く前にヘトヘトになってましたよ。

とらえず色々買ったり作ったりしたジグを投げ比べていましたが、トンデンの18gはいい泳ぎ。ただ引いてくるだけで

ブリブリ動くタイプですし、ヒラウチが出るのと水かみがいいので、手持ちのジグでは一番釣れそう。(ただし朱鞠内のほうで)

この間作った14gはこのダムでは一番使いやすいなと。小規模なダムだとこれくらいのサイズが一番楽。あと軽いからあんまり疲れない。というかこれはホッケやロックフィッシュに使ったら面白そう。アシストフックしかないから根掛かりも少なめ。

でも、いくつかウォブリングがかなり激しくて小型ジグスプーン化しているのがあり、これはテールにフックつけてリトリーブで使った方がいいなと。てか、このサイズなら川でも使えるかも?

とかまぁ色々投げ比べてましたが、バイトゼロ。
小虹と小岩さんのチェイスを見れただけまし状態。

で、朝6時位にもう家に戻ろうとしていると、そのタイミング水面で今年はじめてのライズをキー見ることができました。

やっぱり魚水面バッシャーンとしているのを見ると人間の活性も上がります。
どうやらそろそろ、順調な回遊がはじまりそうな予感。

しかし用事もありあえなく撤収

とりあえずガイドの改造のおかげか、大嫌いなトップガイドへの糸絡みがなくなりなりました。

僕はひたすら安い竿しかつかってないので、Kガイドすらついてない。
というわけで、無理やりKガイドに改良したんですけど、これがたまたま成功したっぽいですね。ほんとうにできるんかいと突っ込んでました。

で、そのあとまったくこのブログとは関係ないですけど朝日山動物園にいってきました。

 

怒涛のフクロウ様たちです。

僕はフクロウが大好きでして、とにかくフクロウばかり見てきました。

やっぱりフクロウは最高ですね。

にしても、この動物園を歩ている時も仕事の電話が。

もうむりかんべんして。

しかし金欠αトラウト、諸事情により仕事が忙しくなるためブログ更新が途絶えようとしています。

しかし今まで2日1回は更新してきたし、今後も結局ブログは更新していくとは思うんですけどね。まぁピンチになったら一旦お休みしますよ。

とりあえずαトラウトが無事に生きていけるかどうか。

結局だれにもわからないのですから、道北の守護神、フクロウ様にお祈りしておこうと思います。

αトラウトの願いは常に一つ。

生きたい

コメント