氾濫した河川に釣りに行ったら異世界についた~2~

スポンサーリンク
釣り小説

2日目 11:30分 ネオ・テシオ

 

天塩川。

延長256㎞。北海道では2番目に長い河川。

北海道遺産にしてされている有数の大河であり、本来はカヌーで有名だ。

天塩川の由来は、北海道の探検家として有名な蝦夷地御用雇、松浦武四郎が天塩川流域を探検した「天塩日誌」にある。

「本名テシウシなるを何時よりかテシホと語る也。テシは梁の事ウシは有との意なり。此川底は平磐の地多く、其岩筋通りて梁柵を結し如く、故に号しと」

このアラスカの奥地に伝わる伝説の剣のありかみたいな言葉だが、実際のところ、テシウとは、アイヌ語でいうところのテシ、つまり梁を指す言葉だ。

天塩川では張り出した巨大な岩が大量にあることからその名がつけられたという。当時、川の中に多量にあった巨大な岩は、運河として利用するために取り除かれているが、確かに、天塩川の中は平らな岩盤地帯が多く、その中を岩筋が柵のようになっている。らしい。

なお、この探検の最中に松浦武四郎は天塩川流域の音威子府村で、当時のアイヌ族の長から北海道という名前を聞いたと書かれていた。

ということは、この北海道の名前は、天塩川流域から生まれたことになる。

だが、そんな実感はまるでない。

そもそも、こんな人間聞いたこともない。

松浦武四郎?浦島太郎なら知ってる。それに多分きっと似たようなものだろう。

なぜこうまで冷たい反応しかできないのかというと、このことをグーグル検索で知ったからだ。僕の検索クリエと大量のユーザーデーターから導き出された検索上位から3つ目の結果。どうせまたアップデートがあれば順位が変動するような言葉に、ロマンを感じるほうがどうかしてる。

そんな風情とは縁遠い僕でも、確かにというか、天塩川流域には北海道の原始的な風景が残り続けている気もしないでもない。

日本最北端の一級河川。

北海道でも屈指の川幅を誇り、魚種は豊富。

だが、魚影は濃いともいえないだろう。この広大な川のどのポイントを攻めるのか悩んでいるアングラーが多い。

で、大抵の人間は天塩川支流にやってくる。

それが不思議と魚も同じで、この大河では大半が支流に魚が集まってくる。

きっと、餌をとるのもあの大河では辛いのだろう。平日の仕事に疲れて向かう、路地の裏の喫茶店みたいな感覚できているかもしれない。いや、それは魚にとってのこと。釣り人のほうは、まるで社会の厳さに押し出され働くことになったパチンコ屋の店員みたいな目で。

そんな敬遠されがちが本流といえば、釣りよりもカヌーの人間のほうが多いかもしれない。

そういえば、先日も川でカヌーをしているやつらを見た。

キラキラした笑顔で高級カヌーをガイド付きで川をくだりながらアイフォンで自撮りをしている男女。その川岸で、今日も釣れないと安竿をふっている僕。想像してくれ。その姿を、彼らは風景の一部のように見ているかもしれない。だけど僕のほうはというと、偏向グラスごしでもまぶしくて見ていられず、顔をそむけ、やっぱり支流のほうがよかったと車に戻りたくなる。これが、美しい自然の川べりに映える格差というやつだ。

コメント

  1. QDO より:

    面白い。才能ありますね。
    妻がサンマのパクチーサラダをつくってくれる幸せ。

    • αトラウト より:

      QDAさん>ありがとうございます!
      パクチーサラダ作ってくれるだけ主人公ましですねw
      色々誤字とか直したり改編したりしつつ最終的に完成を目指してがんばります!