レイクショアジギングで可愛いニジマスが沢山釣れた

スポンサーリンク
北海道釣行記

はいどうもαトラウトです。

先日、愛しの天塩川水系を見に行ったのですが、とんでもないドチャ濁りで釣る気すら起きません。

でもですね、きっとこの濁りの中をサクラマスがガンガン遡上して上流にたどり着き、そこで沢山ヤマメを生んでるんじゃないかなと。

 

で、僕のメインターゲットはレインボーさんなんですが、こう濁ってると今年のメインターゲットである本流モンスターニジマスさんは釣れそうもありません。てか流速早すぎ。ていうか渦巻きすぎ。流しそうめんだったら小麦粉に分解されてるよコレ。

ということもあり、とりあえずダム湖に行ってきまして、先日記事にしたジグロックを改造したの小型版メタルジグと、自作アシストフックをテストしてきました。

スポンサーリンク

テスト1日目

この日は朝から1~2時間ばかり投げてきたんですが、まーったく釣れませんでした。

まだそんなに回遊が盛んでもないし、一部の大型レインボーは産卵のためにインレットの奥へと遡上に向かっているはず。

というわけで、結局小ニジさん狙いで45㎜のジグロック・ショテーィーをぶんぶん投げるも不発。

ただ、2度ほどチェイスを目撃。

足元まで追ってきたやつが2匹いたんですけど、そのうち一匹はたぶんイワナでした。

このニジマスだらけと言われているダム湖ではたまーにイワナも交じります。

僕がこのダムで初ヒットしたのも、クルセイダー7gで釣ったイワナでした。

思い出します。あれはたしか7月頃、クソのように暑い日中にブッシュの間を見たら、そこに浮いているイワナを発見。で、ヤマメカラーのクルセイダー7gを投げて一発ヒットでした。

そんな去年の思い出に胸を馳せている場合ではありません。

釣れないからってヤルことは沢山。

とりあえず作り上げたすべてのメタルジグを投げて動きをチェック。

とくに扱いやすいと感じたのは、フラットタイプのメタルジグです。

このタイプはキャスト後のフォール速度も遅ければ、トゥイッチへの反応も抜群。

水を噛む力が強いので、ほかのモデルよりもヒラ打ちさせやすく、なおかつ表層でも操作しやすいモデルです。

こいつはレイクショアジギングの代表メーカーみたいなカスケットさんのジャックガウディを見ながら作ったタイプです。

というか、あのオシャレな亜鉛ジグのジャックガウディを見て、どうやったらこんな間抜けな顔になるのか。自分でも謎です。

 

ただ、動きを考えると、やっぱりトゥイッチがメインになるダム湖のレイクショアジギングでは、こういう平なメタルジグが一番良さそうです。

テスト2日目

続いて2日目。

この日も朝1時間ほどダム湖によって、再びメタルジグを投げることにしました。

僕の経験でしかないですが、メタルジグには大型のトラウトのほうが反応しやすいイメージがあります。

ただ、それは以前までもっと大きいメタルジグを使っていたからだったみたいで。

この日は、45㎜のジグロック・ショーティーのフラットタイプに続々とバイトが続きました。

コメント