ブラックバスを子供の頃飼っていた時の話

スポンサーリンク

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

5月後半ともくれば、皆様も色々と大変な時期ですね。そうです。税金だとか。

ちなみにαトラウトも税金を払ってはおりますが、税金なんてこの世で最も大嫌いな言葉ですね。もう嫌です。もう立ち上がれ労働者です。

 

そんな心の労働党員の皆様におかれましては、おそらくトラウトゲームをメインにされている人が多いでしょうし、僕もトラウトメインで去年から釣りをしています。

 

ですが、実は僕は大昔にバスフィッシングをやっていたんですね。

なぜかというと、僕は小学校の頃は本州は長野県にいまして。

そこでブラックバス・スモールマウスバスなどを幼少期に釣りまくってたわけです。

そんな頃の記憶は、ユーチューブのバス系動画を見るとよく思い出します。

とくに高橋魚紳さんとかが好きなんですけど、バスをやっていた自分からすると物凄い懐かしいルアーを使っていたり。ゲーリーとか。

 

というわけで、今回は珍しくトラウトフィッシング以外の話題。

とくに北海道とはまるで関係無いブラックバスを飼っていた頃の話をしようと思います。

スポンサーリンク

ブラックバスが当たり前だった2000年初頭のαトラウト

 

 

僕が子供の頃住んでた長野県は、ブラックバスとスモールマウスバスの2種類が存在していました。

有名だった野尻湖ではスモールマウスがいて、野池にはブラックバスという感じで。

ただ、小学生だったので友達の親に連れてってもらえない限り、野尻湖にはいけず。もっぱら近所の野池でブラックバスを釣ってました。

当時、バス釣りは大ブームのまっただなか。

学校の先生なんか愛車のサーフにいつもバスタックルを積んでいて、その先生に放課後、数人の男子が連れられて良くバス釣りを教えてもらいました。

今考えると、学校の先生が部活動でもないのにバス釣りを教えてくれるんですからね、今じゃ絶対ありえないことだなと。

それ位バス釣りっていうのは凄まじい人気で、クラスでも数人のチビッコバサー仲間がいて、学校が終わると野池に行き、バスを釣ってたりしました。

ブラックバスを飼育した

ブラックバスって、北海道では一匹も見ない魚ですよね。

これ、本州のアングラーに言うと驚かれるんですけど、マジで一匹もいないんですよ。

そもそも水温が低くて適した場所がないこともありますし。北海道はトラウト王国ですから、バスなんて見ようものなら即駆逐です。

で、ブラックバスが北海道に広がったらどうなるのか?と考えると、道北はまだしも、道南の湖はブラックバスの支配下に置かれる気がしています。

というのも、僕は小さい頃ブラックバスを飼育していたんですが、あれほど獰猛な淡水魚なんて見たことないですね。

買っていたのは、野池で釣ってきた30㎝程のバス。

なんで飼おうと思ったのかというと、実はこのバス、お尻からワームが飛び出していたんですね。

で、なんか可哀そうだなと思って、子供ながらに家に連れて帰り、水槽にいれて観察してたわけです。

コメント