謎のボロリールをレストアせよ!オンボロタックル完成

スポンサーリンク
DIY

さて、謎のボロリールをレストア回です。

以前、小渓流用のタックルをもっていないせいで、以前に気の迷いで作ってしまったゾンビタックルを使用し続けていたαトラウト。

しかしこのままではいけない。

渓流はあくまでネイティブなヒーリングエリア。

そこにゾンビを持ち出して新たなB級映画を作っている場合ではない。いや、そうい映画があるならぜひ見たいけれども。

けれども、これはリアルな釣りです。

さすがに腐臭漂うタックルを使い続けて、渓流を汚染してはいけない。

かといってすでにリールは買っているので、新たなリールを買う金がない。

そこで、倉庫をかたずけていた時に見つけた、ボロボロのリールをレストアしてみることにしました。

スポンサーリンク

倉庫でボロボロの1000番リールを見つけた

というわけで、倉庫を整理しているときに見つけたこのボロボロの1000番リール。

たしか前に、中古ショップで「あれリールが500円で売ってるんだけど?」的な感じで買ったんですが、そのまま使わずに取っておいたもののはず。

 

確かこの時はトラウトもやっていなかったし、使う場面も無かったんですけど。

でも現在の極貧状態を考えれば、こいつを使うのが一番。というか完全に存在を忘れていた。

見た目はかなりダサイし、なんかボロいし、メーカー名は聞いたことがない。

αタックル?あれ?なんか僕の名前に似てるんだけど?

というわけで調べてみると、どうやら海外製のタックルを輸入販売しているメーカーらしい。

それにしてもそうとう古い、ネットを見ても販売履歴すらでてこない。

 

まぁそれでも使えれば万々歳。

1000番のリールで、ある程度頑丈ならそれで良いんですから。

ところがリールが動かない

さて、どれくらいさび付いているのか?

気になりリールを回してみると。

全然動かない。

動かすたびに、ゴリゴリしか言わない。

だめです。僕の読みは失敗。

 

これ、完全に壊れてます。

 

しかし、せっかく見つけたリールです。

なんとか動かしてみようと、リールを分解して故障個所を調べてみることに。

すると、リールのギヤの一部がこんな状態に。

何これ、おもいっきりギアが欠けてる

たぶん、僕が巻いた瞬間に一瞬でギアが欠けたのか、以前に壊してしまったのか。

ともかく、これじゃぁリールなんか動くわけがありません。

グリス塗っておけば治るとかいうレベルじゃない。

これはもう諦めるしかないか、と一瞬思いましたが。

コメント