渓流でダイソーのラインを使い続けた結論

スポンサーリンク
タックル考察

ダイソーラインを渓流域で使いまわした記事になります。

 

実はαトラウト、そんな高いラインなんて使ったことないんですよ。

と言われると、きっと驚きますよねみなさん。

見えます、みなさんが椅子から転げ落ちたあとに「お、オッタマゲ!!」とか信じられないほど雑なリアクションをとっている姿が今瞼の裏に浮かんでますよ。ほほえましいです。

しかし思い出してください。

このαトラウト、中古500円のリールをレストアしてまで渓流で使う貧乏人だということを。

忘れてましたよね?このブログのヘッダー見てもらっていいですか?わかります?コスパって書いてありますよね。

 

そうです、実はこのブログ、コスパ最強を目指しているわけなんですね。

なので、高価なアイテムのレビューはないんです。

イグジストのレビューとか期待してたでしょう?ないんだなこれが。

というわけで、みなさんが忘れていたコスパアイテム紹介記事として、ダイソーラインを渓流域で使い倒した結果についてご紹介です。

スポンサーリンク

渓流でダイソーラインを使い続けていた

じつはαトラウトは、昨年から小渓流ではダイソーのラインを使いつづけてました。

ダイソーラインっていうのは、そう、こういうやつ。

わたくしと同じく、みなさのような生活保護一歩手前のアングラー、略して生アンの方々におかれましては、きっとダイソーの釣り具コーナーで毎回100円玉一枚と1円玉3枚と5円玉一枚を握りしめながら眺めていますよね。

ちなみに、僕が使っていたのは1号と1.5号。

こいつを巻いて、ボロボロのリールに装着。そのまま小渓流をメインに釣りをしていたわけです。

ダイソーラインは確かにアリ

まず結論からですが、渓流でのダイソーライン、全然アリです。

使い勝手は良いとも悪いとも言えない。

というか、僕からすと結構良い感じだったりする。

ただ、ロッドとの相性や、動かすルアーとの相性、フッキングの仕方がかなり独特になることなどなど、使い方に特徴があるなと思ったので、その点をメインにご紹介していきます。

ダイソーラインの特徴

 

まずはダイソーラインの特徴ですが、第一に安い。

もうこの点は説明するまでもありませんが、200メートルで100円。しかも視認性の良いイエロー系。これだけでも極貧アングラーの喉元を鳴らしてしまいます。

PEと違って、ナイロンラインは完全な消耗品ですよね。

キズはつきやすいし、ズレにも弱いし、ともかく一年に何回も交換しないとならないアイテム。

コメント