解禁!天塩川水系のヤマメさんの夢

スポンサーリンク
北海道釣行記

──ヤマメシーズン解禁。

僕、実は道北地方では一体いつヤマメが解禁するのか色々調べてたんですけど、まぁヤマメの解禁日については色々と複雑ですね。

北海道では道北、道東が5~6月が禁漁。道南が4~5月が禁漁。

これだけならシンプルなんですけど、さらに河川ごとの禁漁区間なんかもあって非常にややこしい!

調べても、これだとサーチが不得意な人は見つけにくいし、僕自身「え、この川今ヤマメ禁漁なの?」「え?ここって禁漁区間に入ってるの?」みたいな場所がいくつもあったんで、最終的に電話で確かめないと不安でしょうがない。

電話では凄い親切におっさんが対応してくれたんですけど、まぁ、そもそも釣り初めのころなんかヤマメに禁漁区間なるものが存在するのかすら知らなかった。いや正直いうと

川釣りの禁漁期間なんてまるで知らなかった。

知ってたのはアキアジ釣っちゃいけないってこと位。いやたぶん、大半の人がそうなんです。

あれは警察が検問する位なんですぐわかるんですけ、逆にヤマメはダレも監視なんかしていないから、地味すぎてまるでわからない。釣り初心者には最初のトラップですね。

いやいや、条例をトラップっていうのはどうかと思うんですけど。今度記事でわかりやすくヤマメの禁漁区間について、キッズでもわかる位簡単に書いてみようかなと思います。

 

スポンサーリンク

ヤマメ解禁ってことで小渓流に向かう

というわけで、まずはヤマメさんに会いに小渓流へと向かいました。

家に一番近いヤマメがいる小渓流に向かったわけですけど、前回のサクラマス逃避行のおかげで、天塩川水系の水量のある場所は若干恐怖症になっていたわけで。

ともかく、なんか小さくてヤマメしかいなそうな渓流に行こう。

つうわけで、源流にほどちかいエリアに向かいました。

しかし、源流部分に向かうと入渓ポイントがとても少ない。

近くの路肩にある駐車スペースっぽい何か(ただ草が刈ってあった森の端)に車をとめて、そこからグーグルマップを見ながらヤブコギです。

この時期、虫もついに活動をはじめ、今年初となる蚊の猛攻を食らいました。

というか、あちらも人間へのファーストコンタクトだったんでしょう。

「あれ、これ人間だよな、あれ?これどう吸えばいいのかな?」

みたいな感じで僕の手の上でしばらく吸い方を思い悩みウロウロしており、童貞の蚊もいるのだなと改めて実感しました。

童貞モスキート達のとまどい吸血攻撃を受けつつも、すでに幾度となく蚊に血を吸わせてきたビッチ・αトラウトはまったく問題なし。その場をのりきり、ヤブコギの末ついに入渓です。

コメント