坊主逃れジグスプーン!秘密兵器ジグロック12gの正体

スポンサーリンク
ジグロックカスタムシリーズ
スポンサーリンク

ジグスプーン化させたジグロック12gはこちら

こちらが12gのセッティングで作ったジグロックのジグスプーンカスタムです。

全長470mm という小ささなので、基本トラウト類はなんでもいけます。

今のところニジマス、エゾイワナ、ヤマメちゃんなんかが釣れてますね。

このスペックを見ておわかりの通り、絶対に坊主にならないという意気込みしか詰めてません。

小さなボディ、黒金系の虫を意識したカラー、スレきったフィールドでも使える仕様になっており、それこそ20cm 以下のお魚さんですら釣れる仕様。

つまり、どこまで卑屈に、どこまでも坊主を恐れる卑しいまでの狩猟本能がこのルアーに込められているのです。

ボディ裏面はざっとこんな感じ。

ちょっと使い込んでで汚いですが、釣れるからつい使ってしまう。

背面部分はスプーンと同じくフラッシング効果を持たせるためにアルミテープを張っております。

あと、テールのアイですが、これはジグロックの中に通っている針金をそのまま利用。

ボディの鉛を切っていくと、すぐに針金が露出してくるので、その針金だけを残して鉛を取り除いてサイズダウンしてるんです。

で、それが終わったらジグロックスプーンの要領で、片側だけを平にして、テール部分をスプーンのように曲げてあげるだけ。

これだけで小型なのにブリブリと良く動くジグスプーンが出来上がってしまうのです。

基本は中規模以上の河川をロック

ジグロックスプーン12gはだいたい中規模以上の河川で使っています。

それがどんなエリアかっていうと、北海道の場合は僕のメインフィールドである天塩川ド本流。

あのだだっ広く、ひたすら川幅があるような場所で坊主にならないために、ジグロックスプーンをぶん投げているっていうわけです。

パイロットルアーとして使用

最近、このジグロックスプーン12gはサーチ用として一発目に投げています。

もちろん坊主逃れ用で作ったんですけどね。

気が付いたら一投目はこれって感じになってて。

なんで最初にこれを投げるのかっていうと、天塩川本流は、その日魚がどこについているのか、全然わかんないから。

川幅が異常に広い所だと、その日ごとに魚がいる場所が全然違ったりして(ポイントが無数にあるので)完全に回遊待ちでルアーを投げることのほうが多くなっちゃうじゃないですか。

でもぼく、ランガンのほうがやっぱり好きなんです。

で、歩きながらルアー投げるんですけど、ポイントになりそうな場所が多すぎ&それがだいたい遠い流れの真ん中付近だったり。

コメント