クリックホッパーは最強渓流トップウォーターだった【実釣編】

スポンサーリンク
クリックホッパートップウォーター

今回はREBEL社のクリックホッパーの実釣編になります。

それにしても最近暑くなりましたね。

それだけならいいんですが、ほんとうに蝦夷梅雨ってやつなんでしょうか、七月に入ってからも雨が続いてますね。

ですから、やっぱりきましたね。

そう、バッタの季節が。

つまり今こそバッタルアーの出番ってことで、これきちゃいましたね。みなさんもバッタの使い時がきましたね。

というわけで、今回も無茶苦茶な導入から入ってきてのこんにちは、αトラウトです。

今回は先日購入したクリックホッパー一つを持って二か所を回ってきました。

一か所は小渓流、もう一つはこいつが得意という止水のプール。

この餌と噂されるリアルなバッタルアーの実力について検証してきました。

スポンサーリンク

まずは渓流域でクリックホッパー使ってきた

とりあえず、まずは渓流で使ってみました。

このルアー、渓流で使えるのかは正直良くわからなかったんですが、ひとまず釣れるかどうか確かめてきました。

購入レビューはこちら

アップクロスでのアクションが一番効いてる

ひとまずはクリックホッパーで釣りあがっていきましたが、さすがというか、予想通りというか。

とにかく動かしやすい

もともとテストした時に、やたら派手なアクションをするルアーだとは感じてたんですが、それがアップクロスではとても効果的に効いてます。

このルアーのでかいリップがバッチり水を噛むせいで、軽いトゥイッチを入れるだけでキビキビと動いてくれます。

ていうかこれ、トゥイッチいる?

っていうレベルでして、普通に流れにあわせてリーリングするだけできちんと動くんですよ。

これはさすがに普通のミノーじゃ無理な動きじゃないかと。

これだけのリップのサイズがあり、なおかつ小型のフローティングだからこそできる芸当です

で、釣りあがっていくと一匹キャッチです。

25㎝位だと思いますが、はじめてのルアーで釣れたニジマスさんはやっぱりうれしいです。

しかも、僕史上初めて試したアクションでした。

放っておいてチョンチョンアタック

クリックホッパーは、トップウォーターで使うのが定番。

というわけで、一匹目を釣った時には、トゥイッチではなく、トップでの動きを試している所でした。

やり方としては、投げて、それからロッドを立てて、時折チョイチョイと動かす感じ。

基本は流れにのっているだけなんですが、大きなリップがついているので、わずかなアクションでも「ガポ」という感じの動きがでます。

で、その瞬間に水面を割り、魚がクリックホーッパーに襲い掛かってきました。

「でろーでろーでろー・・・・いやいやほんとに出るんかい!」

と、なんかノリツッコミみたいな感じで合わせました。

だって、正直そんな動きで本当に釣れるなんて思ってもなかったんですもん。

こっちもミノーイング歴は相当浅いですけど、基本アップではトゥイッチ掛けるもんだと思ってましたから。ジャーキングやリーリングならまだしも、まさかほぼ放置プレイみたいな動きで釣れるなんて思いませんよ。

にしても、トップでのアワセはタイミングがシビア。

実はこのアワセの前に一匹バラしてます。

が、今回は丁度アクションを掛けた直後だったんでリズムに偶然あった感じ。ラッキーです。

 

それにしても、このパターンで魚が釣れたのは初めてで驚きましたね。

これが噂には聞いていた、渓流トップパターンってやつなんでしょう。

やっぱり、このクリックホッパーは渓流でも水面を意識している時こそ強いのかも。

ダウンクロスはアクション一切かけちゃだめ

クリックホッパーはダウンクロスじゃだめだろうな。

僕も確かにそう思っていました。

で、実際に使ってみましたよ。

コメント