【協力お願い】謎のルアーを追え!正体不明の爆釣フェザージグの名前がわからない!

スポンサーリンク
フェイス釣り超コラム

どうもαトラウトです。

今回は企画「謎のルアーを追え!」の第三回になるわけですが、ついにここで強敵が現れました。

もう何をやってもわからない。

というか、手掛かりがあまりにも少なすぎる!

というわけで、ついにブログ読者様のお力を借りるべく今回の記事を書いております。

ですから、最初から伝えておきたいことがあります。

貴方の心に届けたい思いがあります。

それは何かというと、このαトラウト。

すでに土下座しています。

この土下座、HTMLを通して伝われ。

ていうかもうやってます。

すでにこのブログで、αトラウトの部分は<dogeza> αトラウト </dogeza>でマークアップしています。CSSのほうでは dogeza { vertical-align: botom; }で姿勢低めの設定にしています。だから見えるはず、僕の土下座がばっちりと。

というわけで、みなさまに伝わったところで全国500万人のアングラーの皆さん!お知恵を貸してください!!

スポンサーリンク

謎のフェザージグ現る

さて、現在その正体について追っているのがこのルアーです。

購入したのは当然中古ショップ。

価格はおよそ200円。

明らかに安いルアーですが、その見た目があまりにも独特だったため購入しました。

 

それにしても、使い方すらまるで予想できないフォルムです。

まず気になったのが、このアルミ製のアッパーリップ

一見してチャターのようにも見えるんですが、ラインアイが開いてないので、完全にリップと見て良いでしょうね。

材質はアルミっぽく、その形はクランクベイトのよう。

さらにその上に魚の形を模したヘッドが装着されていますが、ボディはフェザーに覆われているという奇妙な代物です。

フェザーは背面とヒレの部分について、ボディ部分は糸をグルグルと巻いたような形。

魚と虫を組み合わせたようなヤバい雰囲気が満点です。

ボディ下部をみると、アルミプレートに糸がグルグルと巻いてあるのがわかります。

フックはテール部分のみで、黒いスプリットリング。テールフックはトラウト用のバーブレスが装着されています。

 

ここまで見て、僕がまず思ったのは「これ、フェザージグじゃないの?」という予想。

フェザージグはエリアフィッシングの定番アイテムですし、チャターが装着されたものも販売していますからね。

 

でも、このルアーはチャターっぽいけど、チャターではない。

しかもフェザージグと呼ぶにはあまりに毛の量が少ないというか。

普通、もっとフサフサになっているはずなのに、背面とエラの部分にあるだけ。

しかもフックはトラウト用のシングルフックでしかもたぶんスプーン用が装着されていて、もうなんだかわけがわかりません。

 

で、実は前回の釣行でクリックホッパーをテストし終えたあと、釣り下りながら試しにこの謎のルアーを投げて動きを確かめていたんです。

 

すると。信じられない爆釣

 

今までクリックホッパー流していて釣り終えたと思ったはずの場所から、ヤマメやらニジマスがバイトしまくってくるんです。

あの日は完全に虫パターンでしたし、この虫っぽいルアーなら釣れるかもと思ってはいたんですけど、まさかあそこまで釣れるとは。

基本2投して1バイトって感で、今だかつてない爆釣具合。

あまりに釣れるので写真もとらずに投げていました。

 

で、その爆釣具合が尋常なく、僕が今まで使ってきたルアーでも群を抜いていたわけで。

ぜひともこのルアーの正体を知りたいと考えたわけです。

ネットで調べてもまったく出てこない

ところがです。

家に帰ってクリックホッパーの記事を書いたあと、このルアーについて調べようと思ったのですが、そこでいきなり躓いてしまいました。

コメント

  1. Angler より:

    ずいぶん昔のルアーですね。
    おそらくアイビーラインのフェイスだと思います。
    間違っていたらごめんなさい。

    • αトラウト より:

      Anglerさん>情報ありがとうございます!確かめたところ本物かもしれません!まったく同じルアーがあるか調べてみます!!本当にありがとうございます!