ついに反則ルアー登場!フェイスの実力が高すぎてリアルに引いた日

スポンサーリンク
フェイスメタルジグ

以前、こちらのブログで不定期で行っている企画『謎のルアーを追え!』の中で、あまりにも正体がわからないため、ヤフー知恵袋およびブログの読者様に救いを求めていましたよね。ブログ読者様からの神コメによりなんとか正体を知ることができましたが、あれが無かったら一生正体不明だったかもしれません。

数々のヒントと努力によりたどり着いたその正体は、アイビーラインが過去に販売していたフェイスシリーズの一つ『bullet fais』

その昔、今だインターネットが普及するより前のこと。

管理釣り場において「トラウト達を恐怖のどん底に追いやった」とすら言われる伝説のルアーです。

【協力お願い】謎のルアーを追え!正体不明の爆釣フェザージグの名前がわからない!

【感謝!】謎のルアーを追え!ついに発見!あのルアーの正体とは?

僕も依然短時間だけ使ったことがあるのですが、その釣れっぷりは確かに異常。

しかし、10分ほどしか使っていなかったので、今回は対ネイティブ用bullet faisの実力を試すべく、今回も天塩川水系にある秘密の小渓流にやってきました。

スポンサーリンク

虫が飛ぶ中の絶好のコンディション

季節はすでに7月。

北海道はすっかり初夏なんですが、今年は少し気温が低め。
雨も多かったこともあり、蝉の鳴き声を殆ど聞かないままこの季節を迎えてしまいました。

普段ならここでタイニーシケイダーでも投げて遊ぶところなんですが、今回はお遊び無しの本気。やばいほどにマジ。

なぜなら、あのbullet Faisを本気で使ってみようっていうんですからね。

この虫パターン絶好調な状態で、さらに虫に酷似したスイミングジグを使う。しかも本気で投げたおす。

その結果、一体何が起きるのか?
もしかしたら、僕ら人類の想像をはるかに超える事態に陥る可能性も考慮し、念のために自衛隊に出動要請を出そうか迷ったほど。

それくらい予想が付かないルアーですから、とにかく虫よけスプレーンを大量に噴射し、一匹たりとも蚊をよせつけない姿勢でfaisを投げたおすことにしました

無限ニジヤマメのはじまり

今回も釣りあがりスタイルで、ニジ&ヤマメさんの渓流にやってきています。

時間は早朝5時。この後仕事もあるので、2時間ほどの釣行になります。

まずは一番下のプールになっている部分。

ここはすさまじい量の虫が飛んでいて、大量の魚が虫を狙ってうろうろしています。

で、bullet faisをキャスト。

コメント