折れたロッドを修理するためグラス素材を使ったけど世界は美しくない

スポンサーリンク
グラス修理DIY

『The world is a fine place and worth fighting for』

直訳すれば「世界は美しい、戦う価値がある」

これはアーネスト・ヘミングウェイの小説「誰がために鐘は鳴る」に書かれた一節。

誰がために鐘は鳴るはスペイン内戦を戦った男のカタルシスに満ちた世界が美しく力強いという評判だが、僕の評価は違う。

なんせ、ムダに死ぬことが美しいなんて思ったことはない。

主人公が作戦に意味がないとわかっても橋を爆破し自滅するのだが、それがまったく理解できない。いったい美しさのために戦うことになんの意味があるのかまるで理解できない。

だから僕は、デビット・フィンチャー監督の「セブン」の次のセリフが好きだ。

「The world is a fine place and worth fighting forI agree with the second part」

「世界が美しいとは思えない、けれども、戦う価値はある。後半部分は賛成だ」

戦う価値があるが、世界のためなんかではない。世界は恐ろしくも醜いからこそ、生き残るために、自らを守るために戦う価値があると言われるとしっくりきまきます。

というわけで、世界はクソでも僕は生き残りたい昨今、今月も金欠と戦うαトラウトです。

もちろんこの年になれば誰もが気が付くのが「世の中美しいわけがない」ということ。

美しいのはほんの一部。ジョークでも言わなきゃ人生なんて誰も生きていけないような世界だってこと。

そんな少ないお小遣いをやりくりして釣り道具を補充している僕に、とある悲劇が怒ってしまいました。

中古で買った激安ロッドが折れてしまった

ものの見事に真っ二つ。

辛い。辛すぎる

僕の世界観が映画セブンの後半くらいトラウマレベルになってる。

聖書になぞらえて6人くらい殺されたあと、最後の一人が自分だってことに気が付いた位辛くなってる。

でもね、僕は死なないわけですよ。

どんなピンチであろうと絶対にあきらめない生存本能が、今回訪れたピンチで改めて開花したのです。

スポンサーリンク

激安中古ロッドがぱっきり折れた

突然ですが、先日に56ulの中古ロッドを購入したわけですが

そのロッドが思いきり折れました。

なんということでしょうか。
匠の手により、あれほど見すぼらしかった中古ロッドが劇的に変化。
みるも美しい鋭角的なデザインに変化したのです。

持ち主のαトラウトもこれには大喜び。

これからの釣りライフがより楽しみに

 

なるわけがない

 

むしろ絶望しかない。

 

絶望が折れたロッドの間からにじみ出てている光景を前に僕は強くおもいました。

そう、世界は美しくなんてない。

ヘミングウェイも、ルイアームストロングも、ついでに様々な作品に登場する「世界は美しい」という言葉は僕の視界には殆ど存在しないのです。

あるのは、この無残に折れたロッド。

なにが世界が美しいですか、美しいなんてわけがない。

しかしまだ心は折れていない。

いや、僕の心が折れたとしても、人は戦える。

生き残るために、釣りをするために。

折れた心ごとこいつを修理するのです。

だって、世界は美しくないから!

1000円のロッドを修理するという名の戦い

実はこの中古ロッド、購入価格はなんと1000円。

そもそも、そんな1000円で買えるような無名ロッドですから折れて当然。

なのですが、結局は安物買いの銭失い。

がしかし、次のロッドを手に入れなければ小渓流用のロッドが無い。

これがとてつもなく痛い。

映画セブンで言ったら最後に箱の中身見せられたあの時位胸がえぐられる。

そんなわけにはいかない。心の中のケビンスペイシーに負けてはいけない。

DIY
αトラウトをフォローする
スポンサーリンク
スポンサードリンク付き関連記事
道北貧釣

コメント