鱒レンジャーは一度ハマったら抜け出せない【まとめ】

スポンサーリンク
鱒レンジャーロッド

その点、このペナい鱒レンジャーを使いこなすというのは、とてつもなく楽しいゲームとしか言いようがありません。

使いこなしていくまでのプロセスが他のロッドとまったく違う。

この竿一つでいろんな釣りができるという点かも、その奥深さは半端ではないです。

スポンサーリンク

今買うなら新型の鱒レンジャーNEXT(ネクスト)がおすすめ

今発売されている鱒レンジャーの中で、渓流で使うならどれかと聞かれたら

間違いなくネクストを押したい

こいつは今までの鱒レンジャーとは違う新型機でして、ミノーイングすらもこなせる特殊なレンジャーです。進化した鱒レンジャ―を使いたい人は、ぜひこいつから試してください。

鱒レンジャーはやっぱりスピニング

鱒レンジャーは基本的にスピニングのほうが人気です。

なんせ管理釣り場用のタックルとして広まりましたから、基本はスピニング。

ベイトフィネス機よりスピニングの方が安く釣りも楽しめるし、軽いルアーも投げやすいので、最初の鱒レンはスピニングをおすすめしています。

鱒レンジャーSP50 

5ftのスタンダードモデルの鱒レンジャーであり、これぞベーシックな鱒レンジャーって感じのアイテムですね。

ルアーフィッシングではとりま50買っとけばOKですし、40に比べるとルアーの操作性がそれなりに良い。あくまでそれなりに。

なお、だいたい1500円位で売ってるんで、Amazonなんかで買う時は値上がりに気を付けてください。

基本楽天のほうが定価で安いです。

クセ者の鱒レンジャーSP40

4ftの40SPは鱒レンジャーシリーズの中で最もクセが強いロッドです。

正直いって、ルアーフィッシングやるのに使うのにはベナベナンすぎて使えないと言われがち。

ただ、軽いルアーを巻いたり、テクトロしたり、餌釣りするならぜんぜん面白いです。

ちなみにレビュー&インプレッション記事はこちら。

改造や購入の参考にしてください。

輝け!鱒レンジャーSP50月光夜刀

鱒レンジャーにまさかの光輝くロッドがある。

なんて非常にごく一部のマニアックなアングラーの間で話題となっているがのSP50月光夜刀です。

ロッドに蛍光塗料が埋め込まれており、ライトにより蓄光。夜間でもロッドが見えるというライトセーバー仕様となっております。

いかし、フォースを駆使して戦うためではなく、ナイトゲームでロッドがはっきり見えるように作られている。

メバリングで鱒レンを使う方は一度試してみるのも面白いですね。

まさに戦闘用!鱒レンジャーアーミー LTD50

鱒レンジャーの戦闘用アイテム。

これさえあれば北アメリカの密林でも、アフガンの砂漠でも、どこでも怒りの釣りができるわけです。

このロッドを持っていれば、ベトナム帰りの元グリーンベレーになれるし、傷口も自分で縫えるし、無限に弾が打てる機関銃だって手に入る気がします。

鱒レンジャーにはベイトモデルもあるぞい

鱒レンジャーにはいくつかのベイトモデルが存在します。

スピニングよりもバリエーションは少ないですが、レンジャーを使ってみたい人のニーズをがっちり抑えたラインナップになっています。

現行のベイトモデルはベイトフィネス用のモデルと、鯰用の2種類。

いずれもグラスソリッドの性能を生かしたベナンベナンの超頑丈ロッドになっています。

限定モデルの鱒レンジャーNext CT40

ついに登場したNextのベイトバージョン。

限定モデルではありますが、二つとも当然ゲットしました。

うん、これはほんと最高。ベイトフィネスやる気になるオシャレなレンジャーです。

グレート鱒レンジャー改 CT50 DarkNight 

5ftのベイトフィネス用ベイトロッドです。

はんようせいが高いサイズであり、SP50よりも若干張りがあるのが特徴。

ライトゲームのフィネスタックルに最適ですが、需要が高いせいか時々値上がりがひどいので価格を良く確認して購入したいです。

グレート鱒レンジャー改 CT40 DarkNight

4ftモデルのベイトフィネス用ロッド。

コメント

  1. かも より:

    たまたま、鱒レンジャーのベイト版が欲しくて調べていたら、ちょっと間違いが気になったのでコメントさせて頂きます。

    >硬すぎるがゆえに引張強度が弱く、素材を曲げた時に折れる限界値が低いという欠点があります。
    これは明らかな間違いです。引っ張り強度に関してはカーボンの方が上です。
    引っ張り強度が高いからこそ剛性を上げることが出来るわけです。
    ですが、引っ張って伸ばしたときにはグラスより伸びずに切れます。
    イメージとしては、グラスがナイロンでカーボンがPEです。
    PEの方が引っ張り強度はありますが、同じだけ伸ばしていくとPEの方が先に切れます。
    ちなみに、この傾向は同じカーボンでも高弾性になればなるほど顕著です。
    つまり高い竿ほど繊細というのは上記の理由からです。

    >しかし、グラスファイバーは繊維同士の結束力が強く、ひたすら素材を曲げても(繊維を引っ張っても)ロッドが折れる限界値がひたすらに高い。
    これも、あくまでカーボンの方が伸びないので耐えられる変形量が小さいだけのことです。

    記事は楽しく拝見させて頂きました。
    竿の調子なんかは大変参考になりました。
    カラフルなベイトモデルは無いようでちょっと残念です。

    • αトラウト より:

      コメントありがとうごございます。
      教えて頂きありがとうございます、勘違いしていたみたいですいません。
      あとで訂正させていただくため、当該箇所をいったん削除させて頂きます。

      記事をお楽しみいただけて幸いです。
      それとカラフルなモデルはないですね。
      普通の鱒レンジャーを改造している人は結構みます。