カーディナル2S(Cardinal IIS)は安くてタフな初心者向けリール【レビュー】

スポンサーリンク
リール
カーディナル2s

AbuGarcia(アブガルシア)のカーディナル2s(Cardinal IIs)のレビュー記事になります。

実は僕が初めて買ったリールがこのリールなんですが、購入したのはすでに5年前。

値段も安く、なおかつ見た目もまぁまぁ良いということで使いはじめたんですが、未だに現役。コスパ系フィッシングでは欠かせないアイテムであり、なおかつちょっとオシャレなインポートブランドっていう点もおすすめのポイントです。

スポンサーリンク

カーディナル2sの特徴

カーディナル2sは初心者でも使いやすく、はじめから糸が巻いてあるアブガルシアのエントリーモデルです。

僕が持っているのは渓流ではおなじみの2000番。

釣りを再開した時に買って依頼、随分と使い続けているリールです。

今でも現役で使えますし、僕にとっては幼馴染も同然。

僕の釣りが下手クソ過ぎた頃から、多少下手なレベルにまで全てを見続けていたリールです。

他社のエントリーモデルより安い

カーディナル2sは他社のエントリーモデルよりも安いんです。

海外のインポートブランドは価格が安いものが多いのですが、アブガルシア位のメーカーになるとダイワやシマノと価格帯は基本は一緒位なんですよね。

しかし、このカーディナル2Sは値段がびっくりするほど安くて

その価格、オフィシャル価格で

 

なんと3,300円

 

さらに実売価格は2000円レベル

 

僕が先日購入させてもらったコスパ最強と言われるカストキングのメラ2もかなり安かったのですが、ダイワ、シマノに並ぶ有名メーカーのアブガルシアが出していると考えるとやっぱり安い。

ちなみにショップでの価格は3000円を切るようなものも多数あります。

カーディナル2sは見た目がオシャレで安っぽくない

 

アブガルシアのリールはどれもカッコイイんですが、そのデザイン性は安価なカーディナル2Sにも受け継がれています。

正直言いますと、シマノのアビリオ、ダイワのリバティという糸付きエントリークラスに比べると、やっぱり一番カッコイイのでは。

アブのカーディナルといえば、渓流トラウトでは今なお人気が続くリール。

カーディナル2sの祖父であるカーディナル33を好んで使う人がとても多いですね。あれはカッコイイ。

で、その後継にあたるカーディナル2もやはりデザインはそれなりでございます。

基本性能は当然ですけど、オールドリールであるカーディナル33よりも高い。

コメント

  1. はしどい より:

    αトラウトさん、ご無沙汰してます。はしどいです(笑)
    更新は欠かさず見ておりましたよ。

    私もちょっとリール収集癖みたいなのありまして、私の場合は国産オールド系リールなんですけどね。

    でも今の入門用のリールは、本当に性能が良くなりましたよ。高級機は高級機でお金に余裕ある方が使えばいいんですが、5000円前後で買える機種の性能が昔から比べたら格段に良くなりましたね。

    ダイワ、シマノ、アブガルシア、この辺りから選んで買っていればまず間違いないですね。(確かにドラグ性能は若干の違いは出ますよね・・笑)

    • αトラウト より:

      はしどいさん>いつも見て頂きありがとうございます!

      古いリールはいいですよね、なんか僕も見つけるとつい手を伸ばしてしまいますよ。

      最近の入門リールは確かに性能いいですね。技術の進歩がめざましいです。
      そうなんですよね、安いのはドラグがやっぱり微妙ですwロックしてやれる釣りならいんですけど、ドラグ性能に頼る場面が多い釣りだと厳しいので、太いナイロンで頑張るっきゃないですw