鱒レンジャーにPEラインを使うと渓流ミノーイングが楽しくなる

スポンサーリンク
鱒レンジャータックル考察

先日購入した鱒レンジャーをPEラインでミノーイングしてきた記事です。

鱒レンジャーで渓流ミノーイングといえば、鱒レン使いの人は誰もが思うでしょう。

「そんなバカなまねはやめて、とっととファインテールでも買っとけよ」と。

確かにその通り。

なにも鱒レンジャーを使って無理にミノーイングをしなくてもいいのです。

ですが、せっかく買ったマスレンジャーを渓流で使い倒したいという熱い気持ちが先走ってしまいます。

わかりますか?渓流でのコスパ最強フィッシングに挑むこのブログにとって非常に重要な存在であるということが。

というわけでこんばんは。心にコスパの鬼を飼う男。αトラウトです。

ですから今回の記事は本気ですよ。

たんに今のところ他にロッドが無いというだけでなく。

本当です。

本当に、いや、本当にマジで

たぎっているんです。

心が、体が、鱒レンジャーの限界に挑めと。

叫んでいるです。

僕の体に潜むコスパモンスターが叫んでいるのです。

こいつはとても危険な奴ですよ。

食費を浮かせるためなら違法とされる自宅モヤシ栽培すら厭わないとんでもないサイコパスですよ。

だから、止められません。

そんな自らの体に住むモンスターの呼び声に応じ、今回はPEラインを使って鱒レンジャーのミノーイングを試してきました。

スポンサーリンク

鱒レンジャーでもPEを使えばミノーイングができる?

鱒レンジャーでミノーイングができない。

そう実感したのは以前の渓流で鱒レンジャーのスペックを試した時です。

鱒レンジャーは一度ハマったら抜け出せない。

無理をすればやれないことはないのですが、渓流で流れの上流になげてミノーを操作するのはかなり難しいのです。

ミノーを扱いにくい原因は、ティップに張りが殆どないせいです。

渓流ではアップクロスに投げたあと、流れに乗せながらトゥイッチを入れるのが基本。

この操作を鱒レンジャーで行おうとしても、ティップがグニャグニャのせいでラインをうまく引っ張れず、なぜだか常にジャーキングしてしまうのです。

さらにヒットの感覚がまったくわからない。

ヒットしたとしても、その時にはラインスラッグが出過ぎていて上手くアワセられない。

ということで、渓流の釣りあがりでミノーを使うのは、鱒レンジャーにとても難しい。

だからPEラインを使って、なんとか柔らかいロッドでもミノーイングができないかと思ったのです。

ロッドが柔らかいならPEで硬くすればいい

 

鱒レンジャーのティップが柔らかすぎるせいで渓流ミノーイングがむずかしい。

コメント

  1. ばんぱく より:

    はじめてコメント致します。
    PEラインにナイロンリーダーと鱒レンジャーの組み合わせ、
    非常に理にかなっていると思います。
    互いのデメリットを丁度補完しあっているタックルセッティングですね。
    ラパラのラピノヴァは自分も昔シーバスで使っていましたが、
    コーティングが剥げてくると途端にフニャフニャになってしまうので、
    PEラインにある程度の硬さを求めるのなら、ハリの強いファイヤーラインや
    パワープロが安価で個人的にオススメです。
    あと鱒レンジャーですがトップガイドをSICガイドに換えるだけでも、
    PEラインの使い心地がだいぶ良くなると思います。

    • αトラウト より:

      ばんぱくさん>はじめまいて!
      PEに鱒レンジャーは結構よかったです。
      ミノーイングは一番やりやすかったですね。
      ファイヤーラインやパワープロですか!ぜひ試してみます。

      それとガイド交換。すごい良さそうですね。
      ちょとKガイドかってきてやってみようと思います!ありがとうございました!