UVカットパーカーで日除け!釣りの日焼け対策もコスパ重視で

スポンサードリンク
その他レビュー

今回は釣り用にUVカットパーカーを使っているというお話

実は先日から日光湿疹になってしまってまして。

太陽を完全になめているとこうなってしまうわけで。

弱いサーティーンにして、全ての夏のせいにするのはさすがに無理があることに気が付いたαトラウトです。イン・サマー。

というか日光湿疹って、子供の頃になっただけで今の今まで完全に忘れていましたが、これほんとうになるときついです。

そこでUVカットパーカーを使ってるんですが、これがとても便利。

もはや夏場は普段からUVカットパーカーを使うことにしました。

UVカットパーカーを着ることになった経緯

そもそも、UVカットパーカーを着て夏を過ごそうなんて一つも思ってませんでした。

 

というのも、今間で基本的に真夏の日中に釣りをしていなかったので、それほど日焼けもしなかったし。外仕事もほとんど経験してないんで、そもそも日焼けしてもなんとも無かったんですよ。

それに僕、高校生時代からバケモノ級のヒッキーでしたからね。

釣りをする以外、アウトドアらしいアウトドアなんて皆無。

パソコンか本か映画が日常の大半を占めてましたから、そりゃ日焼けなんてしない。

それが今年、ついに日光湿疹になってしまって、あのヒッキー生活にも意味があったことを知りましたが、だからといって青春は帰ってきません。

それで本題にもどりますと。

日光湿疹が発症する前、僕は3日に1回は朝の1~2時間釣りをしていたんです。

最近は曇ってましたし、日焼けなんて別に気にはしてなかったんです。

ちょうど写真の天気みたいな感じだし、まぁ大したことないですよね、これ。

その日はシャツにウェーダースタイル。外に露出するのは手か首だけって状態でして。

で、虫よけスプレーしておけば大丈夫だろーと、虫のことしか気にしてなかったんですけど、気が付いたらなんか首がめちゃくちゃ熱い。

しかもなんかカユくて痛い。

蚊に刺されたっていうレベルじゃない。

これは虫に食われたのかなと思って家に帰えって

「ちょと首痛いんだけどアブにでもかまれたかな」

と、朝ごはんの前に嫁に首をみてもらったら。

「うわ・・・なにこれ・・・」

とか、本気で引いてる感じのリアクションをされてしまったんです。

それで首の写真を撮影してもらってみてみたら、なんか水ぶくれがいっぱいいるわけです。

もうびびりましたね。てか

こいつは道北ウォーキングデッドのはじまりの予感です。

きっと僕は北海道の奥地にあるゾンビ研究所にいた蚊に刺されてゾンビウイルスに感染したのだと思い込み、すぐさま妻に利尻島に逃げるよう指示しようかと思いました。

 

もうこうなったらおしまい、あとは自らがゾンビになる前に・・・

と、思いつめていると、妻が一言。

 

「これ日光湿疹じゃない?」

 

どうやら、妻も子供の頃に日光湿疹になった経験があるとのことで、その時にも大量の水ぶくれができたのだとか。

だから妻曰く、僕はウォーカーにはならないとのこと。

「大丈夫?ほんとに?袖のないパツキンとかに狙われない?」

「大丈夫よ、日本刀ギャルも出てこないから」

「本当に?本当に大丈夫なの?救世主とかに追われないの?」

「大丈夫、仮にこれがゾンビウィルスだっとしても釘バットのサイコなんて現れないから」

と、優しき妻の言葉で道北リアルウォーキングデッドの恐怖を取り除いてもらったあと、ようやく病院に行きました。。

日焼けによる日光湿疹は基本的な治療ができない

病院で診察を受けましたが、先生の話によれば日焼けによる日光湿疹には対処療法しかなく、根本的な治療はできないとのことでした。

なので、とにかく日焼けを避けることしかできない。

という話を聞き愕然。

もう日光すらあびれないとしたら、もう釣りどころじゃありません。

そう思うと兎に角不安になってしまい、色々と先生に症状について質問させてもらいました。

 

僕「先生、僕はどうなってしまうんですか?死んじゃうんですか?」

先「そんなわけないでしょう、誰だってなりますよ」

僕「いやだって、日光湿疹なんてイケメンの呪われた血族がなるやつじゃないですか」

先「えー違うんですよね。そういんじゃないし君はそんなイケメンじゃないですし、インタビューウィズバンパイアって君、古いねそれ」

僕「ええ、じゃぁ・・僕は鉄仮面つけられて地下に幽閉されたりするんですか?」

先「ウーン巌窟王。はやいね、古いっていうかもう古典まできちゃったね。でもならないねぇ。実際すごい元気過ぎる人だから。あの人復讐心と野心しかないから

僕「え!じゃ、じゃあアレですか?なんか高い塔の上に軟禁されたりして、政略結婚させられて・・・だとしたら僕は体どころか心まで・・・」

先「先生もこの仕事長いから、それもわかっちゃったんだけど、全然心は盗まれなないから。クラリス全然日光湿疹じゃないから。病弱設定って勘違いあれがちだけどメッチャ元気に庭歩いてるから」

僕「本当ですか?もしかしてこれからネルフの地下施設に幽閉され・・・」

先「次のかたどうぞーー!!」

(引用元:αトラウトの脳内)

という形で無事診察も終わり。

色々と最悪の結末を想像した僕を皮膚科の先生は親切にはげましてくれました。

とにかくわかったのは、僕は死なないし、ゾンビにもならない。ついでにバンパイアにもならない。鉄仮面つけて地下に閉じ込められないし、心も盗まれないし、ネルフの実験台にもならない。

けれど確実なこと。

それはこの夏、僕はとにかく日焼けを避け続けなければならないということ。

つらすぎる。

こんな中二設定負荷される位なら、最初っから日除けを避けておけばよかったと心底後悔しています。

そこで、普段から日光に体をあてないバンパイア生活をおくるため色々と調べた結果、UVカットパーカーが一番便利だと気が付きました。

スポンサードリンク

UVカットパーカーはめちゃくちゃ便利だった

(UVカットパーカーに身を包み懲りずに釣りに行くαトラウト)

 

日光湿疹になって即座に購入したのがUVカットパーカーです。

真昼間からフードかぶってトワイライトシンドロームごっこをしたかったわけじゃありません。

単純に、パーカーは日除けグッズとしてとても便利だっていうこと。

とくに便利なのが、日常的に使えるのと、フードをかぶれば首や耳に簡単に隠せるから。

僕が日光湿疹が一番ひどかったのが首や耳だったんで。

たぶん、日常的に一番日光を浴びる部分だからなんでしょうね。

ここを隠すのにフードは手軽だし、普段使いも可能ですし、結構便利。

釣りをするときもそうですけど、車に乗っている間や、ちょっとした買い物でもフードかぶればすぐに日光を遮れます。

腕に色々つけたり、首に何か巻いたり、面倒なことせずにパーカー羽織ればもはやOK。

しかも最近のUVカットパーカーは涼しい。

しかも結構安い。

日光湿疹には油断していも、出費への警戒心はマカフィー超えの僕からしても、まったく問題なく使えるアイテムばかりで助かります。

UVカットパーカーは頭部の大半を完全防御してくれる

僕の日光湿疹は首の後ろと耳の部分、それと顔の側面に出てたんですが、その分をUVカットパーカーは完璧に防御してくれます。

なんせパーカーはフードがついてますから。

このフードをかぶると、まず後頭部は完璧。

ついでに耳や顔の側面もしっかりと覆ってくれるので、全然日に焼けません。

しかもフードをかぶるだけなんで楽ちん。

釣りをしている最中はずっとかぶってればいいですが、普段の日焼け対策では店の中では脱いで、外にでたら被ればいいだけ。簡単にできます。

 

UVカットパーカーは着ていても恥ずかしくない

 

全身ガチガチの日除け対策グッズでガードするのが若干恥ずかしい僕としては、やっぱりUVカットパーカーのほうがありたいです。

ていうのも、かなりの偏見が入ってますが、やっぱりフル装備の日除けグッズはちょとはずかしい。

例えば日除けサンバイザーをつけたりするのもはずかしい。

アームカバーとか、なぜついているのかわからないレースがヒラヒラしてたりとか。

なぜかレイバンみたいな巨大なサングラス付けてたりとか

首に花柄のスカーフ巻いていたりしますけど、まぁです。

偏見。

そう、これはただの偏見。

ですから、もしこのブログを妙齢のオバサマが御覧になられているのなら謝りたい。

そしてぜひ、僕のあさましい偏見を取り除く真心という名の偏光グラスをかけてみていただきたい。

そこにはただ「やっぱりUVカットオバさんみたいな恰好はいやだな」と思っている、しょうもないオッサンがいるだけ。だからもうだめ。いいわけがぜんぜんできない。これ投稿したあと頭に紫のパンチパーマかけられて冬ソナ5週見せられても文句言えない。ペヨンジュン。

とにかく、UVカットおばさんの話はおいておいて。

あまりにこれみよがしな日焼け対策はあんまりしたくないってことで、あくまでナチュラルに日光を避けたい。とくれば、やっぱりUVカットパーカーが一番自然だと思うんです。

だって街中を歩いていても、薄手のパーカー羽織ってるほうがちょっとオシャレだし。

それに短パンはいて上だけパーカー着てる人もおおいし。

女性用のすごい可愛いデザインのものもあるし。

それに、サーファーとかよく浜辺でパーカー着ているじゃないですか。

サーファーですよ。オシャレ遺伝子100%で作られた歩くZOZOTOWNですよ?

そういうおしゃれさUVカットパーカーにはあります。

それに、なんかサワヤカな感じがするアイテムも多いし、やっぱりパーカーのほうが使い勝手が良いのです。

オシャレ遺伝子の結晶みたいなUVカットパーカーが多数ある

 

使うシーンを選ばないUVカットパーカーは、当然バリエーションも豊です。

サーファーぽいアイテムから、有名アウトドアブランドが出しているもの。安定のユニクロ製品から、激安商品まで、あらゆるメーカーから出ています。

というわけで、まず品薄ってことはないですし、目的に合わせたUVカットパーカーを手に入れることが可能。

値段にもかなりの差がありますが、僕はコスパ重視で安いものを使っています。

 

おすすめの安いUVカットパーカー3選

では日光湿疹になった僕が現在使っているUVカットパーカーのご紹介です。

釣り用で買ったものもあれば、普段用に購入したものも様々。

というか、この夏の洋服代の大半を突っ込んでいますから、もう夏物衣料買えません。

これが貧乏人の限界ってやつですが、やはり日光湿疹になる位ならお金つかったほうがまし。

健康のためにも、コストパフォーマンスが高くて、やっぱりUVカット率が高くて涼しいアイテムが一番です。

ユニクロのエアリズムパーカー

 

まず最強なのは庶民の味方、ユニクロのエアリズムパーカーですね。

価格は1200円で超激安。

この価格でUVカットのラッシュガードが可能ってことでめちゃくちゃ便利です。

近くのユニクロにいけば手に入るとは思いますが、面倒な人はユニクロオンラインで購入してもいいです。

ユニクロ公式:エアリズムパーカー

本当に安いし使いやすいですが、けっこう多くの人とカブルというデメリットもあります。

 

プロノの断熱-3度パーカー

Amazonで探す

北海道では作業服で超有名なプロノが販売している断熱-3度のパーカーもめちゃくちゃおすすめ。

値段も1200円と安いですし、かなり涼しい。

もともと作業用パーカーなので頑丈。

ついでに通気性がかなり良く、こっちは作業する時や釣り用に使ってます。

ユニクロに比べるとカラーバリエーションが若干地味ですが、サイズなんかはさすがに豊富。

ちょっと機能的なアブガルシアの安いパーカー

アブガルシアのラッシュガードパーカー。
腕の部分だけUVパワーストレッチ素材のラッシュガードになっていてひんやり気持ちよく、通気性良好。
胴体とフードはポリエステルのメッシュ素材。
動きやすいうえ涼しい釣り専用のUVカットパーカー。

しかもお値段3000円代。

有名アウトドアブランドのパカーに比べて異常なほど安いうえ、釣りをするためのUVカットパーカーというかなりの特価品でございます。

ネット見つけて購入したんですが、他のさらに安いパーカーの出番が多く、さらになんか汚れたらもったいない気がしてαトラウトはあんまり着ておりません。

しかし、3000円なんて一般的には安い部類でしょうよ。

僕よりもお金を持っている人はたくさんいるはずなので、がんがん着ちゃってもらいたいです。

 

夏場のUV対策はさらに激化していく

 

今まで日焼け対策なんで一度たりともやってこなかったαトラウトですが、さすがに今年は本気を出さないといけません。

 

ついでにいうと、これから釣りをはじめるような人はマジで日焼け気を付けて。

 

僕みたいなうっかりやさんは、気が付いたら皮膚がボロボロになっていたりして、本気でやばいことになっているかも。

 

特に後頭部や側頭部、手なんかも露出させていると夏場は日焼けで色々こまります。

それにフェイスガードや手袋など、やっぱり日焼け対策で色々出費がかさみましたよ。。。

こうなる前に、やっぱり事前に日焼け対策はしっかりとしておくべきでした。

今後、釣りをする時の日焼け対策も色々と考えつつ、夏場はこの手の記事を定期的にのせるようにします。健康がやっぱ一番ですね。

コメント