渓流餌釣り入門!はじめてのタックル選び

スポンサーリンク
渓流餌釣り入門タックル考察

渓流餌釣りを始めることにしたαトラウトの準備編です。

ルアーフィッシングをやってきた僕ですが、じつは餌釣りの経験が殆どないのです。

思い返しても小さい頃にハヤとかフナを釣ったりとかした位。

大人になって一番よくやった餌釣りは、たぶん投げ釣り。

防波堤とか、サーフでイソメを付けたカレイ仕掛けを投げて、そのままアウトドアチェアに座ってただずっとぼんやり本を読んでいるというのが、僕の餌釣りです。

そんな僕ですから、渓流での餌釣りなんてまったくやったことがなく、むしろ苦手意識すらもっていたわけでどうも、食わず嫌いの渓流餌釣り童貞αトラウトです。メガ羞恥。

ほんとうにお恥ずかしい限りなのですが、普段からトラウトのルアーフィッシングなんていうアブノーマルなプレイは散々やっているくせに、いたってシンプルな渓流の餌釣りは全くやったことがありません。

というか、情報そのものがかなり少ない。

ルアーフィッシングやフライフィッシングのほうが全然本もネットも多いし、ユーチューブの動画だって多数存在。

けれど、餌釣りとなるとなぜだか数が少ない。

これから釣りはじめようって思った人にとっての選択肢は、実はルアー系の方が圧倒的に多いわけです。

スポンサーリンク

初心者が思う渓流餌釣りのイメージは結構厳しい

 

渓流釣りを始めるまえに、確かに僕にはルアーフィッシングという選択肢もありましたが。

が、結局ルアーフィッシングを選んだのには、僕には渓流餌釣りのこんなイメージがあるからなのです。

なんか敷居が物凄い高そう

渓流餌釣りはかなり敷居が高そうなイメージ。

ていうか渓流釣りそのものが敷居が凄い高そうなんですが、とくに餌釣りは一番敷居が高そうじゃぁありませんか

というのも、渓流の餌釣りといって皆さんが思い浮かべるのがこちら。

渓流餌釣り入門

(出典元:YouTube)

どうですか?

険しい岩だ肌を流れる清流の中に達、長い竿を自在に操るその姿。

どう考えたって釣り界でも上位を争う玄人です。

まず、一見してわかる普通超えられないハードルを色々超えてる感。

まずこんな山奥の渓流にやって来ることですら辛い

さらに釣り竿一本に細いラインで挑むというストイックさたるや凄い。

で、そのストイックさが凄いカッコイイんですけども、あまりにも上級者向けっぽくてとても入りずらい。

ルアーフィッシングよりもライトさがまったくないように見える。

これが渓流餌釣りをやろうと思わなかった一番の原因なんです。

 

僕がどれだけ渓流餌釣りに苦手意識を持っているのか?

それを分かりやすく仕事探しで例えてみましょう。

まず、僕が最初にはまったバスフィッシングを求人にしてみると・・・

 

求人会社バスフィッシング株式会社
勤務地自宅から徒歩5分の野池
勤務時間朝6時~6時 or 夕方5時~7時(応相談)
勤務内容ルアーフィッシングでブラックバスを釣る

コメント