D-ダイレクトという人気ルアーの深くて浅いマインド【レビュー&インプレ】

スポンサーリンク
Dダイレクトルアーレビュー

今回はD-ダイレクト(direct)のレビュー&インプレ記事になります。

まさかこのスラム系ブログで、SMITHのルアーをレビューすることになるとは。

当の本人もまるで予想しておらず、レビュー記事を書く手が焦るαトラウトです。金持ち怖い。

このブログはもともとコスパ系を主題としており、常に安価で使えるタックル類を紹介しているのですが、今回扱いのはSMITHのD-ダイレクト。あの高級ルアーの中でもかなりのキレものと言われるヤバ過ぎるセレブルアー。

ただし、もちろん購入したのは中古。

そんな新品とか僕が買えるわけない。

それでも、この高級ルアーをレビューできているのも、普段から当ブログのレビュー記事などでお買い物をしてくださる読者様のおかげ。ありがたい限りです。

しかし僕は常に安いルアーを使っているので、こんなセレブルアーのレビューなんて書けるかまったく自信がない。というか、いますぐドクターミノーに縋りたい。

しかし、買ったものはやるしかありません。

普段とは勝手の違う渓流の高級ルアーですが、緊張しつつもDーダレイクトのレビューのため、ご本人にインタビューを行ってきました。それではどうぞ。

スポンサーリンク

D-ダイレクトという成功者に聞いてみた

Dダイレクト

はじめましてαトラウトです。

この度は取材を受けて頂きありがとうございます。

d-direct

いえいえ大丈夫ですよ、なんでも聞いてください

はい、それでは早速なんですが渓流域のディープレンジ攻略に成功した理由をについてお聞かせ願えればと思います。

d-direct

もちろんスミスという企業で働いているのは大きかったですが、Dシリーズのプロジェクトに参加したことが大きいですね。

Dシリーズというのは、D-コンタクト氏が率いる渓流エリート集団ですよね?

d-direct

集団というより、プロジェクトですね。プロジェクトDとでもいいましょうか。同じ理想を持つD-コンタクトが率いているプロジェクトであり、渓流に革命。いやイノーベーション。いや、innovationを起こすべく集まったチームですね。そこでアサインされたのがディープレンジ担当です。

なるほど、ディープレンジ攻略を担当されているんですね

d-direct

ディープレンジは未だどのルアーもたどり着いていない領域でしたからね。ストリームのボトムは届く以前にリスクも大きい。だからこそチャンスがあります。僕はビジネスに対しては常にセンスで動きます。一瞬で頭に浮かんだグランドデザインを実行する上でも、常に先を読むというよりは、イメージが先に動く。だから、そこからすでにクリエイティブですよね、遺伝子レベルで。

え?あ、遺伝子レベルで・・・なるほど、それでディープレンジを担当されたということですか

d-direct

もちろんD-コンタクトや他のDのメンバーともエビデンスを取り合って決めましたが、なにより僕自身がディープレンジに大きな魅力を感じてました。未知の領域へのチャレンジって、やりがいがあるというか、そう、もう呼ばれているっていうか。そこで生まれた、いやむしろ挑戦がむしろ自分みたいな。自分っていうアイディンティティがダイレクトにオンデマントしちゃったみたいな感覚ですね。あ、すいませんついてこれてますか?ちょっと深すぎましたか?

い、いえ・・・でも深いですね

というわけで、渓流ITベンチャー・スミスのマーケティングディレクター、D-ダイレクトさん。

ともかくキラキラとしたデキル男オーラ前回で、つねにタジタジです。

D-ダイレクトさんは、もともとDシリーズの一つ。

もともとSMITHから販売されていたD-コンタクトですが、それでも届かない渓流の落ち込み付近を攻略するために生まれたのがD-ダイレクトというわけですね。

ただ、なにか深みがヤバすぎて逆に浅い気がしないでもない。

コメント

  1. Dダイレクトさんの、キラキラしたまっすぐな目で吹きました。
    いつもありがとうございます。

    • αトラウト より:

      ワイズストリームさん>キラキラしてますね、かなりスーパークリアですよ。
      いえいえこちらこそいつもありがとうございます。