なぜ渓流は釣り上がるの?アップ派の僕と君の物語

スポンサーリンク
釣り超コラム

渓流でのルアーフィッシングでは、下流から上流に向かって釣りあがるほうが釣れる。

そんな伝説がかつてより噂されてきました。

しかしこのαトラウト、常識には常に疑問を持っています。

かつて天動説が唱えられていた時代。コペルニクスの地動説を正しいと考えたガリレオがその考えを広めようとするとローマ教皇庁から言論の自由を奪われました。

また、進化論について、人間を含めてたあらゆる生物が創世記通りの誕生であると信じるキリスト教右派の反対のせいで、学校教育で禁じられた事もありました。

そして、渓流は釣りあがるものという常識に、一つの疑いを持ったこの男。

αトラウトもまた弾劾を受ける立場かもしれません。

僕だって基本的には釣りあがることが基本だと思ってます。

しかし、なぜ釣りあがるほうが良いのかについてあまり真剣に考えてはきませんでした。

ただ言われた通りに釣りあがる。また次の日も言われたとりに釣りあがる。

そんな釣りあがりアップクロスマシーンで良いのでしょうか?

僕は言いたい。

本当に渓流は釣りあがるのが基本なのかどうか真剣に考えてみましょう。

本当うに釣下から釣りあがっていったほうがいいのではないでしょうか?

実際はなんかこう、上から攻めたほうがいいんじゃないのか?

上からから攻めたほうが渓流だって興奮するんじゃないのか?

という説を学会で唱えたところ『内容があまりにも性的すぎる』として異端審問会に掛けられたαトラウトです。宗教マジ怖。

こんな厳しい世の中では、下ネタの一つも言えやしない。

ましてや渓流の釣りあがりに疑問を呈するなど

というわけで、今回は渓流での釣りは本当に上に向かって釣りあがるほうが釣れるのか問題です。

スポンサーリンク

渓流での釣りあがりのメリットは?

さて、こんな小渓流にやってきました。

これだけ小さい渓流になると、もはや僕じゃなくても釣りあがり一択だと思います。

しかし、なぜ渓流での釣りあがりが基本となっているのか、あまり深く考えたことがありませんでした。

というわけで、渓流での釣りあがりのメリットについて考えてみようかと思いました。

なんでそんなことになったのかというと、この夏場、魚の活性が下がっている時には、アップクロスとダウンクロスのどっちが効果的なのかたまに迷うことがあるからです。

釣り上がりでのデメリットは?

というわけで渓流の釣りあがりのメリットについて。

僕が基本的に知っているメリットといえば、やはり魚に警戒されないことが一番かもしれません。

それと、魚が餌を捕食する性質なども色々と理由になっているとか。

というわけで、釣りあがりでアップクロスでの釣りのメリットについておさらいです。

釣りあがりは魚に警戒されずらい

渓流で釣りあがる一番の理由。

それは、やっぱり魚に警戒されずらいってのがありますよね。

流れに対して常に上流側に頭を向けているの渓魚。

というわけで、後ろ側にいたほうが当然魚の視界に入りずらいってわけです。

なんですが。

魚は真横に目がついているので、後方といっても真後ろでないと視界に入っていると思て良いでしょうね。

それと水の屈折率も関係しているので、どこまで見えているのかはなかなか判断が付きにくい。

でも、僕は視界よりも、気配そのものを消せることのほうが重要なんじゃないかと思ってます。

下流側のほうが人間の気配が消せる

下流のほうが人間の気配が消せる。

というのは、ハンターの風下から追う的なやつです。

魚が人間の気配を感じる理由は色々とありますが、僕の考えでは視界に入ることよりも、気配を感じられるほうがやばいと思ってます。

まず一番やばいのが水の流れを変えること。

歩くことで出る地面の微かな揺れや、水流の変化を魚に感じさせる。もしくは水の中で振動を伝える(音を伝える)ことが一番やばいんじゃないかと。

コメント