美深の道の駅でチョウザメ見学!天塩川を追われた幻の王

スポンサーリンク
未分類

今回は北海道に生息するチョウザメを見るため、美深町にある道の駅に行ってきたレポートです

この天塩川には幻の名が付く魚が幾つかいますが、その中でも本物の幻といえば、たぶんチョウザメでしょう。

というか、間違いない。

あのイトウですら幻とすら言われていますが、チョウザメは正真正銘の貴重種。というよりも、絶滅危惧種と言って良いレベルの魚。

そんなチョウザメの養殖を行っている美深町の道の駅にお盆を利用して出かけてきました。

スポンサーリンク

道の駅美深にやってきたけど大混雑

というわけで美深町の道の駅にやってきたαトラウト。

目当ては勿論チョウザメ館なのですが、とにかくこの日は人が多い。

お盆のまっただ中ということもありますが、異様なほどの人気です。

かくいうαトラウトと妻も、その熱気に驚きを隠せません。

というのもこの道の駅、道北は稚内と旭川を繋ぐ主要道路のど真ん中にあるということで、お盆ともなると北からも南からも大量の人が通過します。

そんな人たちが北海道の長い運転に疲れ立ち寄るのが道の駅びふか。

店内には飲食もお土産も充実しており、なによりお腹を満たしてくれるあの商品が大人気

にしても大量の人が道の駅へ。これが美深道の駅のポテンシャル。

この大量の人々が買い求めてやまない商品が美深コロッケ。

お値段わずか100円ちょいで変える美深のコロッケは絶大な人気を誇っており、お盆の昼時ともなるとコロッケを買い求める列が大量に発生しています。

凄まじい行列に圧倒されながら、なかなか進めない施設内を物色しようと試みますが、その時、妻から信じられない一言が放たれました。

しかし、あまりのショックに何を言っているかわかりません。

そんな、そんなわけがない──

僕が耳を疑い、もう一度妻に尋ねる。

すると、今度はゆっくりと妻が口を開いた瞬間、周囲の音は掻き消えました。

時間すらも止まっていたでしょう。

あらゆる空間から隔絶され、逃げ場を失った僕の耳に、笑顔で妻はこういったのです。

 

「コロッケ食べたい!」

 

 

無理。

いや、

絶対に無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理ぃぃ!!!

そう激しく首を振っていた僕でしたが、僕の背後では見たこともないスタンドが隣のおばちゃんにラッシュを仕掛けていたとのちに妻は語りました。

それもそのはず。

僕がいきなり無理無理スタンド使いになってしまったのも無理はありません。

この時、お盆休みを利用した旅行客たちが人気のコロッケを手に入れようとしている状態。

コメント