おすすめの渓流ミノーはこれ!安くて使えるアイテム紹介

タックル考察

この記事はおすすめの渓流ミノーについてです。

わがαトラウト家には次のような家訓があります。

『安いミノーは正義ではないが、悪であろうと優しさである』

先代、αトラウト3世より伝えられし至言は、今もなお僕の胸に息づいています。

というわけでこんにちは、渓流ミノーは釣れなくてはならないが、安くなければ使う意味はないαトラウトです。ロング・グッドバイ。

どうですか?みなさん貧乏してますか?

実は僕の貧乏というのは今にはじまったことではありません。

リアルな話、親の代から超貧乏。

貧乏っていうのはほっとくと遺伝しますからね、みなさん気を付けてくださいよ。

しかし、親の代からの貧乏となると、やはりなりますよねコスパフィッシングのエリートに。

だからね。

コスパっていうのはね、意識するもんじゃないの。

もはやそれが空気なの。

息をするたびにコスパを究め、最後は二酸化炭素で生きれるレベルに到達予定。

そんなコスパエリート、αトラウトが今回は安くて使える渓流ミノーについてご紹介します。

渓流ミノーは安いものからおすすめしたい。

渓流おすすめミノー

αトラウトがおすすめする渓流ミノーですが。

とりあえず、安いものからいきたい。

もちろん安いほうが皆様のお財布に優しいのはもちろんなんですけどね。

そもそも、αトラウトの審美眼は安い商品に対してのみ輝くってのがでかい。

しかし、この能力も簡単に手に入れられたわけではありません。

思い出すだけで身震いすらするあの修羅の日々。

幼い頃から古着しか着せられず。

物心を覚えたころには値札シールを付け替えるためスーパーという戦場に駆り出され

目隠しをながら10秒以内に空き缶からポイントシールをはがす訓練では失敗した兄弟は次々と始末され。

さらには血も涙もないコスパ戦争を生き残るため、徹底的にステーキは豚肉だと教育される修羅の毎日。

そうです。

あなた方がのうのうと生きてきた間、アフリカの少年兵となんらかわらない生活を送っていた超コスパエリート。生き残るために備わった嗅覚の差は歴然。

まぁです。

渓流のミノーは確かに安ければ性能はおちやすい。

おすすめするっていっても、安定のSMITHから入るのは当然。

しかし問題はそこではない。

我々スラムのアングラーが、いかにゴミの山からお宝を選び抜けるか?

その技を手に入れることが重要。

貧しい、けれども生き残りたい。

むしろ、貧しければ貧しいほど強く抱く生存本能。

その執念だけが手に入れた安物買いの嗅覚を駆使し、今回は激安ルアーソムリエとして、渓流で使えるミノーについてご紹介します。

おすすめの渓流ミノーでより多くの人が楽しめれば

というわけで今回は、修羅の道を歩んだαトラウトが、安いけども使える渓流ミノーをおすすめするわけです。

渓流ミノーといえば、他のルアーよりもほんの少し高額設定というのは周知の事実

やはり大量に売れるものでもありませんし、ミノーに求められる性能がかなり高い。

その上ルアーロスト率が凄い。

というわけで、基本的に僕のようなスラムの渓流アングラーの皆様はスプーンやメタルバイブなどを駆使する頻度がたかまる。

ですが、やっぱりミノー、使いたいですよね?

僕もやっぱりミノーで釣りたいと思うことが多い。なんかオシャレだし?渓流でもハイソな感じがしますし、インスタ映えも抜群。まるで渓流を泳ぐキャラメルフラメチーノです。

でもですよ。

渓流ミノーはとにかくロストしやすい、特にヘビーシンキングは。

一回の釣行で一個ロストするのは当たりまえな時もある。

でも、そんなことしてたら、これから釣りを始める人はみんな萎えてしまいます。

また、ベテランの方でも「もう定番ルアーは飽きたわー」という人も多いはず。

なにせ渓流は使えるルアーがあまり多くないから、ミノーイングは常に定番のアレばっかりっていう人も珍しくない。

そこで、初心者にはロストを恐れずに攻められるように。

そして、ベテランさんには安くてもオモシロくて使えるように。

αトラウト的おすすめ渓流ミノーについてご紹介していこうと思います。

安くて癒される渓流ルアーならドクターミノーがおすすめ

渓流おすすめミノー

渓流激安ルアーとして定番のドクターミノーは、やはりおすすめの一品。

ダイワから発売されているだけあり、サイズ、ウェイト、カラーとバリエーションがひたすらに豊富。シーンを選ばず渓流ならどこでも使えます。

また、渓流ルアーでは数少ないジョイントモデルのがあるのもおすすめポイント。

ジョイント系のミノーは少ないアクションで動かしやすく、アップクロスでの釣りではかなり重宝します。

個人的には釣りあがりでジョイントのフローティングモデルを圧倒的に多用していますが、流れに逆らわせるならファストシンキングモデルも有効。これ一個で現流域から渓流域までカーバーしつくせます。

サイズ(mm)ウェイト(g)フック(#)
フローティング50f502.512
シンキング50s50312
ファストシンキング50fs50412
フローティング7048
ファストシンキグン70704.58

※ジョイントモデルも同じ

激安のヘビーシンキング!シルバークリークミノー

ダイワ ルアー シルバークリーク ミノー 50S ピンクバックBB

フローティングならドクターミノーをまずおすすめしますが、ヘビーシンキグモデルが欲しい方には、やはりシルバークリークミノーを知っておいてもらいたい。

今時の渓流ミノーといえばヘビーシンキング。

そこでダイワもオールラウンダーなドクターミノーだけでなく、平打ちが得意な扁平ボディのヘビーシンキグミノーを作ったというわけです。

性能はもちろんダイワの折り紙付き。

渓流域で必要な性能はすべて詰め込まれており、しかも価格は980円という鬼の安さ。

ヘビーシンキグミノーとしては破格のコストパフォーマンすでありながら、抜群の使いやすさを発揮してくれる超優秀なエリートミノー。

サイズは50sの他、44sと61sが販売されています。

44sに61sという微妙なサイズになっているのは、あらゆる使い方でも完璧な泳ぎをするように設計したから。作ったのはダイワの渓流王子こと小林将大。

小林氏曰く「アップクロスでもダウンクロスでも確実に泳ぐベストな設計」を目指したところ、このサイズに落ち着いたのだとか。

ボディもアルミコーティングを施してあり高級感も抜群。

安くても妥協を一切許さない作りこみのミノーなのです。

【スペック】

44sウェイト:4.2gフックサイズ:12モデル:シンキング
50sウェイト:4.5gフックサイズ:12モデル:シンキング
61sウェイト:6.5 gフックサイズ:10モデル:シンキング

隠れコスパ番長!デュエルのLミノーは渓流でもおすすめ

Lミノー ヘビーウェイト 44 水中動画  DUEL MOVIE

お次はデュエルのLミノー。

渓流ルアーファンの方は知っている人のほうが少ないこのルアー。

そもそも、デュエル自体が渓流ルアーマンにとってまるでなじみの無いメーカーですしね。

それにデュエルのサブブランドであるヨーヅリーから発売されているので、知名度もさほど高くない。

しかし、バスフィッシング経験者のαトラウトにとってデュエルは定番中の定番。

というよりも、むしろバス界のコスパ神というべきありがたきブランドです。

そんなデュエルが唯一発売している渓流ミノーがLミノー。

有名メーカーから発売されている渓流ミノーの中ではダントツの安さ。

その金額、わずか定価600円代。

あの渓流界の激安王ダイワ・ドクターミノーをもしのぐ安さでありながら、小粒で飛距離は抜群で、しかもヘビーシンキング。しかも見た目が可愛い。くぅう。

可愛いルアーに対して正直目がない僕ですが、一番の押しは物凄い面白い性能を持っていること。

飛距離もぶっ飛び仕様となっているばかりでなく、最小33mという極小モデルのヘビーシンキングという代わりダネ。

めちゃくちゃ可愛いですが、小型ミノーとクランクの間のようなアクションという変態ルアー。

リトリーブでもトゥイッチでも使いこなせるとても面白いアイテムなのです。

さらにマニアックなルアーだけに、販売停止したフローティングモデルも市場には未だ現存中。

本気で使える隠れた激安渓流ミノーとしておすすめですが、ただのミノーイングに飽きた玄人様にもいいかも。とにかく面白いルアーなのでぜひチェックしてください。

【スペック】

サイズ:33mmウェイト:3.5フックサイズ:12モデル:シンキング
サイズ:44mmウェイト:5gフックサイズ:12モデル:シンキング
サイズ:66cmウェイト:7 gフックサイズ:8モデル:シンキング

※現行販売は終わりましたがフローティングモデルもあります。

ラパラの新兵器Xrpcd5は攻めのスタイルにおすすめの渓流ミノー

渓流域のラパラといえばCD5ですが、ラパラの新派閥エックスラップのCD5はそれよりも安価で万能なミノーとなっています。

その性能は超攻撃的。フラッタリング機能追加のファストシンキングモデル。さらに幅広のボディはトゥイッチへの操作性抜群。ノーマルリトリーブでもブリブリ動く。

弱点であった飛距離も克服している点も含め、CD5よりもはるかに使いやすくカラーバリエーションも豊富です。

【スペック】

サイズ:5cmウェイト:4gフック:12モデル:シンキング

海外のメジャークラフトには激安ミノーが存在する

Major Craft ZONER – NEW BAITS!!!

メジャークラフトの海外版では激安のミノーが売っております。
しかも、トラウトフィッシングでも使用可能な50㎜のモデルが存在するのです。

日本ではまるで知られていないミノーですが、その価格がまた凄い。

お値段、なんと500円代

恐ろしいぞメジャークラフト。

日本だとソルト版のルアーしか販売されていませんが、本家ではフレッシュウォーター盤のルアーも販売しており、その中でもミノーは驚きの安さを誇っています。

数は少ないながら日本でも売られているので、渓流だけではなく、止水域も活躍してくれそうな予感。珍しいルアーが欲しい場合にはこんなアイテムを使ってみるのもいいですね。

サイズ(mm)ウェイト(g)フックモデル
502トレブルフローティング

当然おすすめなスピアヘッドリュウキの50/45

最後に紹介したいんはスピアヘッドリュウキシリーズ。

渓流域では45㎜や50㎜といったモデルが最も活躍してくれます。

価格は900円前後で販売されているものが多く、カラーバリエーションも豊富。

アップクロスやダウンクロスと使い道は幅広く、僕もひとにミノーについて聞かれた場合「リュウキさえもっときゃいいようん!」と言い出すことで有名です。

スピアヘッドリュウキの凄いところは、フローティングからヘビーシンキング、さらにサスペンドモデルまでそろえているところでしょう。

【スペック】

サイズ(mm)ウェイト(g)フック(トレブル)モデル
50~452.812フローティング
50~454.512ヘビーシンキング
503.312サスペンド

 

渓流ミノーは探せばあるし結構安い

渓流おすすめミノー

渓流ミノーは色々とありますが、探すほどに色々とでてきます。

有名メーカーのものでも「これ渓流に使えるの?」なんてアイテムもあれば、このメーカーから渓流用のミノーが販売されていたなんて知らなかった!というものも多数。

ともかく、安くて使える渓流ミノーというのは探すほどに面白いもの。

案外こんなミノーが使えたり?なんて具合で試してみるのも面白いです。

個人的にはアジングとかメバリングで使うようなミノーがヤフオクとかで滅茶苦茶安く売っていたりするので試しに買ってますが、結構いけますよ。

とにかく、安くて良いものを探し当てるのは楽しい。

貧乏だからってあきらめてはいけません。

むしろ、貧乏人の強みである安物根性を駆使し、色々な安いルアーを試してみたりしてください。

コメント