安くて使える渓流ミノーを紹介して貧乏アングラーを救う

スポンサーリンク
タックル考察

この記事は安くて使える渓流ミノーについてです。

わがαトラウト家には次のような家訓があります。

『安いミノーは正義ではないが、悪であろうと優しさである』

先代、αトラウト3世より伝えられし至言は、今もなお僕の胸に息づいています。

というわけでこんにちは、渓流ミノーは釣れなくてはならないが、安くなければ使う意味はないαトラウトです。ロング・グッドバイ。

どうですか?みなさん貧乏してますか?

実は僕の貧乏というのは今にはじまったことではありません。

リアルな話、親の代から超貧乏。

貧乏っていうのはほっとくと遺伝しますからね、みなさん気を付けてくださいよ。

しかし、親の代からの貧乏となると、やはりなりますよねコスパフィッシングのエリートに。

だからね。

コスパっていうのはね、意識するもんじゃないの。

もはやそれが空気なの。

息をするたびにコスパを究め、最後は二酸化炭素で生きれるレベルに到達予定。

そんなコスパエリート、αトラウトが今回は安くて使える渓流ミノーについてご紹介します。

ちなみに安さは関係なく、おすすめの渓流ミノー記事はこちらです。

スポンサーリンク

渓流ミノーは安いものからおすすめしたい。

渓流おすすめミノー

αトラウトがおすすめする渓流ミノーですが。

とりあえず、安いものからいきたい。

もちろん安いほうが皆様のお財布に優しいのはもちろんなんですけどね。

そもそも、αトラウトの審美眼は安い商品に対してのみ輝くってのがでかい。

しかし、この能力も簡単に手に入れられたわけではありません。

思い出すだけで身震いすらするあの修羅の日々。

幼い頃から古着しか着せられず。

物心を覚えたころには値札シールを付け替えるためスーパーという戦場に駆り出され

目隠しをながら10秒以内に空き缶からポイントシールをはがす訓練では失敗した兄弟は次々と始末され。

さらには血も涙もないコスパ戦争を生き残るため、徹底的にステーキは豚肉だと教育される修羅の毎日。

そうです。

あなた方がのうのうと生きてきた間、アフリカの少年兵となんらかわらない生活を送っていた超コスパエリート。生き残るために備わった嗅覚の差は歴然。

まぁです。

渓流のミノーは確かに安ければ性能はおちやすい。

おすすめするっていっても、安定のSMITHから入るのは当然。

しかし問題はそこではない。

我々スラムのアングラーが、いかにゴミの山からお宝を選び抜けるか?

その技を手に入れることが重要。

貧しい、けれども生き残りたい。

むしろ、貧しければ貧しいほど強く抱く生存本能。

その執念だけが手に入れた安物買いの嗅覚を駆使し、今回は激安ルアーソムリエとして、渓流で使えるミノーについてご紹介します。

安い渓流ミノーでより多くの人が楽しめれば

というわけで今回は、修羅の道を歩んだαトラウトが、安いけども使える渓流ミノーをおすすめするわけです。

渓流ミノーといえば、他のルアーよりもほんの少し高額設定というのは周知の事実

やはり大量に売れるものでもありませんし、ミノーに求められる性能がかなり高い。

その上ルアーロスト率が凄い。

というわけで、基本的に僕のようなスラムの渓流アングラーの皆様はスプーンやメタルバイブなどを駆使する頻度がたかまる。

ですが、やっぱりミノー、使いたいですよね?

僕もやっぱりミノーで釣りたいと思うことが多い。なんかオシャレだし?渓流でもハイソな感じがしますし、インスタ映えも抜群。まるで渓流を泳ぐキャラメルフラメチーノです。

でもですよ。

渓流ミノーはとにかくロストしやすい、特にヘビーシンキングは。

一回の釣行で一個ロストするのは当たりまえな時もある。

でも、そんなことしてたら、これから釣りを始める人はみんな萎えてしまいます。

また、ベテランの方でも「もう定番ルアーは飽きたわー」という人も多いはず。

コメント