ダイソーか?セリアか?100均のスマホ用広角レンズ対決【釣り動画】

スポンサーリンク
未分類

スマートフォン用の広角レンズを選ぶためダイソーとセリアの製品を比べてみました。

現在釣り動画用にアクションカムを探している僕ですが、やはり本格的なカメラを買うとなると高いですね。

それで中華製のアクションカメラにしようか迷ってるんですが、とりあえず今の環境で簡単にアクションカメラを作っちゃおうと思ったら、まずはスマートフォンに広角レンズを取り付けて使おうってことになったわけです。

釣り動画で使えるアクションカメラって何が良い?
どうもαトラウトです。 早速ですがね、アクションカメラを持っておりません。 なのにユーチューブなどで釣り動画を撮影してはこちらのブログに張り付けているわけですが、基本的には手持ちのアイフォンを使用して撮影していますよ。 た...
スポンサーリンク

スマートフォンには広角レンズが必須

釣り動画をスマートフォンで撮影しようと思った場合、やっぱり広角レンズは必須です。

僕も依然からスマートフォンを使って釣り動画をなんどか撮影しているんですが、一番困ったのは画角が圧倒的に足りないことなんです。

僕が今使っているのはiPhone8ですが、その画角はわずか75°これだと人間の視野の半分程度しか映像に収まらないですし、動画になるとさらに画角が狭まります。

この画角の狭さが結構なくせもの。

カメラの方向が少しズレただけでバイトシーンが撮影できません。

しかし、それだけならまだいいでしょう。

もしもですよ?

もし貴方が釣りをしている最中、いきなり目の前に野生の金森隆志が現れたらどうしますか?

あのレイドジャパン代表であるカナモが、いきなり釣り場に出現したら?

しかも、もし貴方の正面ではなく、右側前方の森から出てきたら?

野生のカナモのスピードは半端ではありません。

デカダッジの商品説明は通常のカナモなら15分は必要ですが。野生のカナモの場合はパワーワード連発によりわずか1分で語り終わってしまう。

そんなカナモであっても、おそらくGOPROなら捉えられたでしょう。

しかし、わずか75°画角の無いiPhone8ではどうでしょうか?

想像してください。

あなたの目の前に、野生カナモがデカダッジをもって現れました。

「もちはもちや、っていう言葉があるように、それぞれ役割っていうのが決まってるんだよね?」

と、誰もが知るコトワザを巧みに引用し、あっという間に全てをかたり終える。これが野生のカナモかと、感動が止まらないはず。

しかし、あとでスマートフォンを確認してみると──

なんと、カナモが見切れているではありませんか。

餅は餅屋なと、取り出すはずのデカダッジもまったく映っていません。

これはさすがにショックです。

もし僕が野生のカナモのデカダッジプロモーションを取り逃したとあれば一生悔いて生きるしかない。

そんな損をしないためにも、やはり画角を上げる方法が必要なんですが、最も手軽な方法として100均の広角レンズを取り付けるのが一番コスパが良いと気が付きました。

しかし、本当に100均のレンズなんか使い物になるのか?

しいていうなら、安いレンズで本当に野生のカナモを捉えられるのか?

実際に実証実験を行ってみました。

ダイソーの広角レンズはなんかコンパクト

まずは我らが貧乏アングラーの上州屋、ダイソーのスマホ用広角レンズです。

この記事をお読みの方も通い詰めているかと思いますが、ここにまさか広角レンズがあったとは。

レンズは当然安物ですが案外しっかりした作り。クリップでハサミレンズに装着するタイプです。

レンズキャップも付いていて、結構本格的。

 

ただ、こんな小さな広角レンズで本当に画面が広くなるのが不安です。

セリアのスマホ用広角レンズはかなり大きい

続いて少しオシャレな100均であるセリアの広角レンズです。

たぶん製作会社が同じなんでしょう。レンズカバーの文字がまったく一緒ですね。

開けてみるとかなり大型のレンズが入っていました。

コメント